群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Information

2010年05月03日

板鼻に眠る算学者 小野栄重 ♪


 板鼻宿に近い南窓寺
 旧国道18号からの石段を上がり、門を入ると左手に・・・


 小野良佐栄重のお墓(群馬県指定史跡)がありました。

小野栄重(おの・えいじゅう)
 【江戸後期の和算家 1763~1831】
 碓氷郡中野谷村 須藤家に生まれ、後に板鼻の小野家の養子と
 なる。江戸で藤田貞資(ふじた・さだすけ)門下となり、関流算学
 大家として知られる。
 後には伊能忠敬(いのう・ただたか)のもとで測量・天文学を学び、
 伊能図作成のための測量隊にも参加した。寛政9年(1797)には
 板鼻に戻り和算塾を開き、多くの弟子を育て、その門弟たちが
 上毛に和算の隆盛をもたらしたと評されている。

 
 ↑小野栄重の墓と案内板        ↑道路から見える看板
   (クリックで拡大画像)

※資料によってはお隣の実相寺と掲載されているものがあり、
 実相寺さんの墓地で散々探したあげく、散歩している人に訊いて
 やっと見つけましたが・・・道路から見える場所の案内板をよーく
 見れば、「小野栄重之墓」と書かれていた・・のでした(^^ゞ  

 ◆南窓寺 安中市板鼻1915  
 


同じカテゴリー(■ 板鼻・史跡さんぽ)の記事画像
皇女和宮のシークレット♪
きょうの散歩は「板鼻七不思議」 ♪
かねつ橋の供養塔はどこ?
板鼻の“道の神さま” ♪
和宮は替え玉(説)?
思えば☆叶う ♪
同じカテゴリー(■ 板鼻・史跡さんぽ)の記事
 皇女和宮のシークレット♪ (2012-03-05 13:13)
 きょうの散歩は「板鼻七不思議」 ♪ (2011-09-26 21:01)
 かねつ橋の供養塔はどこ? (2011-09-11 22:41)
 板鼻の“道の神さま” ♪ (2010-12-01 16:56)
 和宮は替え玉(説)? (2010-11-07 21:30)
 思えば☆叶う ♪ (2010-09-11 22:37)

この記事へのコメント
ときどき、記載に間違いのある資料もありますよね。
でも、かえって、自分で発見した喜びも味わえて、楽しかったりもするんですが。

で、和算って、時々本を見たりするんですが、理解できずに閉じちゃいます。
昔の人って、すごいですよね。
学者だけじゃなく、農民や町民まで、趣味として学んでるんですから。
文化度が高かったんですね。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎 at 2010年05月04日 08:22
>迷道院高崎さま

風子も数学は苦手で・・・その手の本は5分も読んでいると
脳が睡眠状態に入ってしまいます^^。

関孝和が藤岡市ゆらいの人であることも影響しているのでしょうか、群馬県は和算王国といわれるほど多くの学者や研究者を輩出しているのだそうです。
そして、一般人も和算をたのしんだ!・・・すごいことですね。
Posted by 風子 at 2010年05月04日 09:02
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
板鼻に眠る算学者 小野栄重 ♪
    コメント(2)