群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Information

2010年04月22日

磯部温泉で探しもの ・・・♪


                         2010.4.10撮影
人見堰開鑿(ひとみせき かいさく)の恩人と
いわれる仙石因幡守(せんごくいなばのかみ)
頌徳碑を探して磯部温泉を歩きました。
が、、、、
グルグル廻ったあげく、菜の花畑にいた地元の方に聞き
「県信用組合」の左脇を入ったところに
桜に囲まれて頌徳碑が建っているのを見つけました。


↑案内板       ↑頌徳碑

※高崎にもに同じような「大日堰頌徳碑」があるようです。

仙石因幡守久俊(せんごくいなばのかみ ひさとし)
四千石の旗本で東上磯部村・下磯部村・鷺宮に領地を持っていま
した。当時、水田に引く水が充分でなく碓氷川から用水を引こう
としましたが、水路沿線の領地の農民の反対で工事が進みません。
そこで幕府に領地替えを願い出て、磯部を幕府直轄領にしてもらい、幕府の直営工事で寛文13年(1673)人見堰(ひとみぜき)と
水路が完成し200haもの田を潤したそうです。
磯部の領民は久俊を稲葉大権現(いなばだいごんげん)として生祠(せいし)にして祀(まつ)り感謝しました。後に農民の手によって仙石因幡守の業績をたたえる頌徳碑(しょうとくひ)が建てられました。(市指定史跡)

 お詣りをすませ、散策していると
 温泉街らしい狭い階段があり・・・

 階段を下ると長寿館の裏手ですが・・・途中で


 病を癒してくれるといわれる温泉薬師とぱったり
 出会ってしまいました^^。

磯部温泉薬師 
磯部温泉創業以前よりこの地にあり、
年中行事として節分には、厄払い豆まき、磯部温泉祭として
温泉薬師燈篭行列・燈籠流しなどが行われます。
薬師様で御祈祷すると福をもたらしていただけるとか・・・。






同じカテゴリー(■ 文化遺産めぐり)の記事画像
続・安中は井伊家ゆかりの地 北野寺と威徳神社♪
安中は井伊家ゆかりの地♪
塩原太助の玉垣と石燈籠♪
安中の簗瀬二子塚古墳♪
中之条町の市城砦 ♪
下里見町の「ぴんころ地蔵尊」♪
同じカテゴリー(■ 文化遺産めぐり)の記事
 続・安中は井伊家ゆかりの地 北野寺と威徳神社♪ (2017-08-23 11:15)
 安中は井伊家ゆかりの地♪ (2017-07-22 15:38)
 塩原太助の玉垣と石燈籠♪ (2017-07-05 15:44)
 安中の簗瀬二子塚古墳♪ (2017-01-25 16:00)
 中之条町の市城砦 ♪ (2016-08-25 17:17)
 下里見町の「ぴんころ地蔵尊」♪ (2016-08-17 16:35)

この記事へのコメント
すごい領主がいたもんですね。
自分のものは自分のもの、他人のものも自分のものにしたいというのが、人の業ですけど。

桜の花が、その徳を讃えてますね。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎 at 2010年04月23日 08:55
>迷道院高崎さま

すみません、大日堰の記事にリンクさせていただきました。

確かに一般的には立派な領主ということで記述されているようですが、調べているうちに「仙石因幡守のお話は美談です。しかし久俊が農民のために領地を返上したという証拠はなく、領地替えは二千石加増の栄転でした。(学習の森No.29)」という懐疑的な見解があることを知りました。
しかし、磯部の農民たちは、人見堰開削から180年たっても仙石因幡守久俊を一身を犠牲にして農民を救った大恩人であるとして、石祠を祀り、頌徳碑を建てその功績を伝えています。深い感謝の気持ちを忘れないということのようです。
素直に、徳の高い領主さまがいた、ということを誇りに思いたいのですが・・・。
Posted by 風子風子 at 2010年04月23日 09:49
風子さん、コメント送ってから、リンクのお礼の書き忘れに気が付いて・・・。
こちらこそ、すみませんm(__)m
リンクして頂けると、輪が広がってすごく嬉しいです。

で、そうなんですか、因幡守さん。
でもね、偉人伝なんてほとんどそうなんでしょ?
事実かどうかということより、その話を聞いて「自分もそうありたい。」と思えればいいんじゃないでしょうか。
ま、なかなかそうあれない自分が恥ずかしくはあるのですが・・・。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎 at 2010年04月23日 20:05
>迷道院さま

こちらこそ、先日リンクして頂いて、ありがたかったです^^。

教科書に載せたい偉人伝は、やはり真綿にくるんでおけば
いいのでしょうね・・・。
今でも感謝の気持ちを忘れないで祭典が行われているという
ことが何よりだと思います。以前に教えて頂いて、慌てて新聞を
切り抜いておいたのですが・・・掲載が今頃になって
しまいました。
Posted by 風子 at 2010年04月23日 21:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
磯部温泉で探しもの ・・・♪
    コメント(4)