群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2017年10月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Information

2010年02月22日

和宮資料館・板鼻宿散歩 - 2 ♪

☆佐倉市にある『国立歴史民俗博物館』で
 「和宮ゆかりの雛かざり」展開催というニュースが・・・。
 そこで、以前から気になっていた板鼻宿
 皇女和宮(かずのみや)御宿泊所(板鼻本陣跡)を
 訪ねてみました。現在は「和宮資料館」となっています。


 建物は江戸時代、板鼻宿本陣 木島家の一部で
 現公民館 新築の際、二部屋のみを移築保存したそうです。
 (外観が地味で、つい通り過ぎてしまいますが・・・)


 隣の板鼻公民館事務所が受付です。月曜日は
 風通しのため戸を開け放すのだそうです。今日は館長さんに
 説明していただきました。
 (事務所にもちゃっかりお邪魔して、お世話になりました^^)


 入口を入ると狭い廊下。


 手前の8畳間には江戸時代の高札資料が展示されています。


 和宮、数え年16歳。文久元年(1861)徳川十四代将軍家茂
 降嫁することになり、京都から江戸へお輿入れの途中、11月10
 日に泊まられた上段の間書院(8畳)です。
(大河ドラマ「篤姫」では堀北真希さんが和宮を演じていました)


 畳を上げて床下の深く小さい空間を見せていただくとicon10
 高貴な方を守るために警護の伊賀者が潜んだ小部屋でした。


 ▲案内看板・板鼻宿本陣の図・小さな草履 (クリックで拡大画像)

 1862年(文久2年)2月御婚儀、夫婦ともに17歳でした。
 同3年家茂は上洛し新婚生活も5年、家茂公は大阪城内で病死。
 和宮は仏門に入りましたが、32歳の若さで他界しました。
 東京増上寺にある徳川家の墓地改装の際に、和宮の棺からは
 短い結婚生活に終わった夫家茂の写真が発見されたといわれ
 ます。幕末から明治という時代の荒波にもまれた悲劇の女性
 を偲びました。

板鼻本陣跡(皇女和宮御宿泊所) 
 群馬県安中市板鼻1-6-20  TEL 027-382-4967
 (土日・祝日は休み)

 

安中市ホームページ
 http://www.city.annaka.gunma.jp/

国立歴史民俗博物館(佐倉市)
 http://www.rekihaku.ac.jp/ 
 「和宮ゆかりの雛かざり」展
 2010年2月9日(火)~4月4日(日)




同じカテゴリー(■ 中山道・歴史さんぽ)の記事画像
碓氷馬車鉄道顕彰碑と「関所食堂」♪
坂本宿あるき(2) ♪
坂本宿あるき(1) ♪
藤塚町の一里塚 ♪
坂本宿の白髭神社 ♪
松井田宿の八幡宮 ♪
同じカテゴリー(■ 中山道・歴史さんぽ)の記事
 碓氷馬車鉄道顕彰碑と「関所食堂」♪ (2017-06-15 17:09)
 坂本宿あるき(2) ♪ (2013-08-15 05:46)
 坂本宿あるき(1) ♪ (2013-05-28 23:06)
 藤塚町の一里塚 ♪ (2012-11-17 01:49)
 坂本宿の白髭神社 ♪ (2012-10-12 22:06)
 松井田宿の八幡宮 ♪ (2012-10-05 22:13)

この記事へのコメント
そうそう、名前だけ知っていたんですが、まだ行って見てないんですよね。
今度、行ってみます!
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎 at 2010年02月22日 23:21
安中藩は大そうな出費を強いられたとか・・・・・・

皇女和宮の東下りは東海道と中山道に執られ、東海道はダミーだったとか。
その隊列は5キロにも及ぶ壮大な行列であったとか。

板鼻の次は岩鼻・・・・・

つい昨日の出来事ですね。
Posted by 昭和24歳昭和24歳 at 2010年02月22日 23:51
>迷道院高崎さま

何年間も行こう行こうと思いつつ・・・・
やっと行ったのですが、行ってよかったです^^。
Posted by 風子 at 2010年02月23日 07:58
>昭和24歳さま

資料には「関係宿村の負担と労苦は全く想像を
絶するものでした」と記述されています。
いつの世も、しわ寄せは庶民にくるのですね。
Posted by 風子 at 2010年02月23日 08:02
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
和宮資料館・板鼻宿散歩 - 2 ♪
    コメント(4)