群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2017年10月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Information

2017年09月25日

信州佐久にもあった「五稜郭」♪


 観光ガイドマップに載っていた「龍岡城五稜郭」。 函館の五稜郭には行きましたが、佐久にも五稜郭があったなんて。 9/1 
 

 △「佐久市歴史の里・であいの館」には史料等が展示されています。

函館五稜郭は箱館開港時に函館山の麓に置かれた箱館奉行所の移転先として築造された。しかし、慶応2年(1866年)の完成からわずか2年後に幕府が崩壊、短期間箱館府が使用した後、箱館戦争で旧幕府軍に占領され、その本拠となった。明治に入ると郭内の建物は1棟を除いて解体され、陸軍の練兵場として使用された。その後、1914年(大正3年)から五稜郭公園として一般開放され、以来、函館市民の憩いの場とともに函館を代表する観光地となっている。(Wikipedia)


 △龍岡城五稜郭 の堀   



龍岡城五稜郭は、慶応3年(1867年)に龍岡藩主「松平乗謨」(まつだいらのりかた)によって造られ、函館の五稜郭とともに日本に2つしかない五つの稜が星形に突き出た擬洋式城郭です。
江戸幕府はこの当時に城を新たに造ることを禁止していましたが、幕府の重要な役職についており、西洋の軍楽に関心を寄せていた松平乗謨は特別に許可をもらい、フランスのリール市の星形の堀をもつ城郭ボーバン城をモデルとしてこの龍岡城五稜郭を建築しました。
(佐久市ホームページより)



△龍岡城五稜郭案内板


堀は三稜堡をめぐるだけで、南西と西側を囲む約270mは未完成でした。
龍岡藩廃藩後の明治5年(1872年)、建物は解体、競売に付され、堀も埋められましたが、昭和の初期に復元されたそうです。


                       △御台所(元の位置から移動)

城跡に残された御台所櫓には、明治8年(1875年)に田野口村の「尚友学校」が移転し、現在は佐久市立田口小学校の校地として使われいます。お城の中に学校が建設されているという全国でも珍しい小学校だそうです。


 △大給 恒の胸像
松平乗謨は維新後に「大給 恒」(おぎゅう ゆずる)と名乗り、日本赤十字社の設立に尽力しました。

◆龍岡城五稜郭




同じカテゴリー(*おすすめスポット)の記事画像
草津温泉の小さな公園♪
妙義山の紅葉とコスモス♪
草津温泉駅跡を探して♪
チャツボミゴケと太子線 ♪
八ツ場ダムの展望台♪
新「川原湯温泉駅」と新「王湯」 ♪
同じカテゴリー(*おすすめスポット)の記事
 草津温泉の小さな公園♪ (2017-08-07 15:55)
 妙義山の紅葉とコスモス♪ (2016-11-13 16:30)
 草津温泉駅跡を探して♪ (2016-10-23 16:30)
 チャツボミゴケと太子線 ♪ (2016-09-19 16:05)
 八ツ場ダムの展望台♪ (2016-09-11 15:47)
 新「川原湯温泉駅」と新「王湯」 ♪ (2015-11-23 09:03)

この記事へのコメント
ほほー、知りませんでした。
たしかに五稜郭ですね。
復元する価値は充分あります。
すごいなぁ。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎 at 2017年09月26日 12:55
>迷道院高崎さま

珍しい城跡なのですが、俯瞰できる展望台などが
ないので、全体を眺めることができないところが
残念だと思いました。
Posted by 風子風子 at 2017年09月27日 10:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
信州佐久にもあった「五稜郭」♪
    コメント(2)