群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2017年08月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Information

2017年08月07日

草津温泉の小さな公園♪


 「大滝の湯」の入り口向かい側の坂道を上ると


 木立に囲まれた小さな公園に出ます。
 コンウォール・リー女史の寄付により造られた頌徳公園です。
 

 どこかで見たことのある胸像は
 ハンセン病患者の治療にあたったコンウォール・リー女史。
 コンウォール・リー(Wikipedia)


 草津温泉バスターミナルの入り口に掲げられているパネル。
 写真の方がやさしい感じです。


 コンウォール・リー女史顕彰碑の解説文。
 1857年 英国カンタベリーの貴族の一人娘として生まれました。


 少し歩くと・・・


 頌徳公園正面入口に出ます。        photo 2016/9/31

気軽に出かけられる草津温泉。
温泉街の散策も魅力のひとつですが、ふらりと立ち寄った公園で、もうひとつの草津温泉に出合いました。

  草津温泉とハンセン病
草津温泉は古来より湯治湯として知られていましたが、ハンセン病患者が多く集まってきたのは明治時代に入ってからと言われています。ハンセン病患者が多く草津に集まったため、ハンセン病患者の地域がもうけられました。この湯之澤部落は、当時の草津町の行政区の一つとして認められていました。また従来の湯畑を中心とする地域が上町、湯之澤部落は下町と呼ばれていました。境はありましたが往来は比較的自由だったようです。しかし「癩(らい)予防法」の制定や「無らい県運動」の高まりもあり、昭和17年に湯之澤部落は解散し、地域住民の多くは栗生楽泉園内の自由地区(下地区)に移転することとなりました。下地区では有資産患者向けの建て売り住宅や自己資金での住宅建設がなされ、湯之澤から小学校や教会も移築されました。

草津でハンセン病患者に対する救済活動においてもっとも有名なのがコンウォール・リー女史による聖バルナバ・ミッションです。大正5年よりリー女史は、湯之澤部落での活動を開始し、私財や寄付金により生活困窮者の救済にあたりました。聖バルナバ・ミッションは昭和16年まで継続されました。
(国立療養所栗生楽泉園ホームページより)

 ◆頌徳公園




同じカテゴリー(*おすすめスポット)の記事画像
妙義山の紅葉とコスモス♪
草津温泉駅跡を探して♪
チャツボミゴケと太子線 ♪
八ツ場ダムの展望台♪
新「川原湯温泉駅」と新「王湯」 ♪
アプトの道の紅葉♪
同じカテゴリー(*おすすめスポット)の記事
 妙義山の紅葉とコスモス♪ (2016-11-13 16:30)
 草津温泉駅跡を探して♪ (2016-10-23 16:30)
 チャツボミゴケと太子線 ♪ (2016-09-19 16:05)
 八ツ場ダムの展望台♪ (2016-09-11 15:47)
 新「川原湯温泉駅」と新「王湯」 ♪ (2015-11-23 09:03)
 アプトの道の紅葉♪ (2015-11-17 19:46)

この記事へのコメント
そうでしたか。
そういう歴史を知らずに、漫然と温泉へ行っていたのを恥ずかしく思います。
以前Youtubeで、樹木希林さん主演の「あん」という映画を見ました。
穏やかな演出でしたが、深く考えさせられる映画でした。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎 at 2017年08月08日 11:31
>迷道院高崎さま

私自身、お気楽モードで温泉を愉しむばかりでしたが、現実から
眼を逸らしてはいけないのだなぁ・・・と感じました。

「あん」という映画は題名しか知りませんでしたが、ぜひ観たいと
思います。ありがとうございました。
Posted by 風子風子 at 2017年08月08日 14:58
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
草津温泉の小さな公園♪
    コメント(2)