群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2017年10月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Information

2016年09月19日

チャツボミゴケと太子線 ♪

 草津温泉の帰りにチャツボミゴケ公園を訪れました。 9/1


 遊歩道のすぐ脇に褐鉄鉱がむき出しになっていて、びっくりです。


 △褐鉄鉱の案内板

 かつてここは群馬鉄山と呼ばれ、国内第2位の生産量を誇る露店掘り鉱山で、最盛期には2,000人以上が従事し、昭和19年(1944)の操業開始から昭和41年(1965)の閉山までに約300万トンの鉄鉱石を産出しました。


 △当時の露店掘り風景(リーフレットより)借用)
 

 鉄鉱石は群馬鉄山から太子(おおし)駅までは索道(空中ケーブル)で運搬され、長野原~太子間には鉄道が敷設されていました。


 
その後、露天掘りの跡地はチャツボミゴケ公園となりました。
 チャツボミゴケは世界中のコケ類約18,000種の中でも最も耐酸性の強い特異な苔ですが、ここでは東アジア最大級のチャツボミゴケの群生が見られ、その環境や生態系が評価され、周辺の自然遺産(芳ケ原湿地群)とともに、平成27年5月、ラムサール条約に登録されました。


   以前はなかった、しっかりした木道が設置されています。
 

 チャツボミゴケが群生している穴地獄には、PH2.8の強酸性の鉱泉が湧出しています。


 この地には鉄鉱石でっできた底が見えないほどの深い穴があり、その中へ山の動物が落ちて死んだことから、穴地獄と呼ばれました。


  12月1日より翌年4月下旬までは冬季閉鎖となります。

 2012年のチャツボミゴケ公園はこちら



同じカテゴリー(*おすすめスポット)の記事画像
信州佐久にもあった「五稜郭」♪
草津温泉の小さな公園♪
妙義山の紅葉とコスモス♪
草津温泉駅跡を探して♪
八ツ場ダムの展望台♪
新「川原湯温泉駅」と新「王湯」 ♪
同じカテゴリー(*おすすめスポット)の記事
 信州佐久にもあった「五稜郭」♪ (2017-09-25 16:54)
 草津温泉の小さな公園♪ (2017-08-07 15:55)
 妙義山の紅葉とコスモス♪ (2016-11-13 16:30)
 草津温泉駅跡を探して♪ (2016-10-23 16:30)
 八ツ場ダムの展望台♪ (2016-09-11 15:47)
 新「川原湯温泉駅」と新「王湯」 ♪ (2015-11-23 09:03)

この記事へのコメント
いつだったか、群テレの「群馬トリビア図鑑」でやって様な気がしますね。
一度行ってみたいと思いながら、まだ行ってないんです。
風子さんのブログを見て、あらためて行ってみたくなりました。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎 at 2016年09月19日 20:16
>迷道院高崎さま

このブログで何度も取り上げたチャツボミゴケ公園ですが、苔は夏が一番きれいだそうです。
実は、私自身は好きな風景ではないので、そろそろ勘弁してもらいたい・・・と思っています^^ゞ
Posted by 風子風子 at 2016年09月21日 14:06
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
チャツボミゴケと太子線 ♪
    コメント(2)