群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2017年08月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Information

2017年01月25日

安中の簗瀬二子塚古墳♪



 △簗瀬二子塚古墳入口

 簗瀬二子塚(やなせふたごづか)古墳は小森谷家(土地所有者)によって保存され、長い間元の姿を残してきました。その後公有地化され、保存整備事業が終了し、公開されたのは2015年7月です。(撮影:2016/6/27)

 
 道路を隔ててガイダンス棟があり


 簗瀬二子塚古墳に関する解説パネルが展示されています。

 簗瀬二子塚古墳(平成24年安中市指定史跡)は、安中市域に初めて登場した大型前方後円墳で、古墳時代後期初頭(6世紀初頭)に築造されたと考えられ、この地域一帯を支配した有力者の墓と推測されます。
 また古墳の埋葬部分は横穴式の石室が作られています。この横穴式石室は、上野地域さらには東国において、石室が竪穴式から横穴式へと移る最初の頃のものと考えられ、学術的にも重要な古墳です。
 2段構造の前方後円墳で全長約80メートル、後円部径約50メートル・高さ約8メートル、前方部幅約60メートル・高さ約7メートル、上野地域の古墳時代後期初頭(6世紀初頭)最大級の古墳です。




出土品
 円筒埴輪・形象埴輪(人物や馬・埴輪列)、玉類(金箔ガラスの3連子玉・勾玉・水晶製丸玉など)、装身具(金銅製耳輪など)、石製模造品(鎌・刀子・斧・臼玉など)、武器類(鉄やじり・直刀・鉄小札)、馬具(杏葉・辻・金具など)、須恵器など。
 小森谷家所蔵の出土品は、平成24年、安中市指定重要文化財に指定されました。


 △石室内部

 全長11.54メートル義道長7.47メートル(幅0.67メートル~0.95メートル)、玄室長4.07メートル(幅2.16メートル~2.32メートル)高さ2.20メートル。
 天井石には秋間石(溶結石室凝灰岩)が使用され、近くの碓氷川の川原石を使用している壁石には赤色顔料(ベンガラ)が塗彩されています。(リーフレットより)


 石室入口前には石室展開写真が展示されています。


 墳丘の形を変えることなく全体に盛り土を行う方法を用いて、古墳の保護を目的とした整備が行われたそうです。


 後円部頂には石祠と歌碑(小森谷啓作氏建立)があります。

【銘文】
布多古塚碑
さきつとし、小森谷柳造はこの山のすそを新墾
して、ひとつの岩むろを見出し、まか玉のたくひあまた
掘えたり。そもそも此あたりをむかしよりふたこつかと
いひつたえ来ぬれと、其ゆえよしをしることのなし。
つかはあれと、千歳のいにしへよしある人の遺跡
なる事ハ、今あらはれ出し玉の光にていちしるし
といふへし
あらかねの上にうもれし玉さへも
 あらわれいつる君かミよかな
 明治十九年丙戌一月
  正四位勲三等黒田清綱
         ※清綱は洋画家・黒田清輝の養父
 

 広々とした園内を散策したあとは、あずまやでひと休み。。。
 古墳の西側に、「簗瀬八幡平の首塚」(安中市指定史跡)が隣接していることを知りました。


 簗瀬八幡平の首塚(安中市指定史跡)は、元々6世紀後半の横穴式石室を主体部とする円墳でしたが、昭和6年に近くの小学生により古墳(原市12剛墳)中に多数の人お頭骨が埋められているのが発見され、その後昭和27年の東京大学人類学教室の鈴木尚教授の発掘調査により、古墳の石室の外側に穴を掘り、人骨(ほとんど上顎以上の頭骨)を埋めたことがわかりました。頭骨は150体分以上あり、性別の判明する38体の内訳は、男27、女7、幼い子ども4であることがわかりました。骨は天明3年(1783)の火山灰層の下にあり、頭骨の特徴から中世(鎌倉時代~室町時代)の骨であることがわかりました。
 また、平成9年の発掘調査で、古墳の南面に板碑(いたび)7基が確認され、その内の1つに「建武4年」(1337)の銘があり、そのころに建立されたと考えられます。(安中市ホームページより)


安中市学習の森では
安中市合併10周年記念・保存整備事業完了記念企画展
「簗瀬二子塚古墳の世界」
1月30日(月)まで開催されています。

簗瀬二子塚古墳は6世紀初頭に碓氷川沿いに造営され、東国においてもっとも早く横穴式石室を導入した古墳のひとつです。この古墳は明治12年に石室が発見され、石室から出土した副葬品は、古墳の所有者である小森谷家によって大切に守られてきました。
 今回の企画展では簗瀬二子塚古墳に関係する史料や遺物の紹介を通して、本古墳の価値を広く知って頂くとともに、小森谷家にのこる明治維新期の貴重な資料をあわせて展示いたします。(企画展ポスターより)

◆簗瀬二子塚古墳の場所




同じカテゴリー(■ 文化遺産めぐり)の記事画像
続・安中は井伊家ゆかりの地 北野寺と威徳神社♪
安中は井伊家ゆかりの地♪
塩原太助の玉垣と石燈籠♪
中之条町の市城砦 ♪
下里見町の「ぴんころ地蔵尊」♪
安中の芭蕉句碑(続)♪
同じカテゴリー(■ 文化遺産めぐり)の記事
 続・安中は井伊家ゆかりの地 北野寺と威徳神社♪ (2017-08-23 11:15)
 安中は井伊家ゆかりの地♪ (2017-07-22 15:38)
 塩原太助の玉垣と石燈籠♪ (2017-07-05 15:44)
 中之条町の市城砦 ♪ (2016-08-25 17:17)
 下里見町の「ぴんころ地蔵尊」♪ (2016-08-17 16:35)
 安中の芭蕉句碑(続)♪ (2015-10-05 20:19)

この記事へのコメント
きれいな形をした古墳ですねー。
上毛かるたに「しのぶ毛の国ふたご塚」というのがありますが。
それにしても、個人の方がよく保存されてましたね。
群馬県も古墳で知名度を上げようと考えているようで、頑張ってほしいですね。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎 at 2017年01月25日 23:07
>迷道院高崎さま

先日ようやく企画展を見学したのですが、
埴輪や装身具などの出土品も素晴らしくかったです^^。
Posted by 風子風子 at 2017年01月27日 11:35
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
安中の簗瀬二子塚古墳♪
    コメント(2)