群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2018年01月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Information

2016年07月09日

真田氏ゆかりの松代城跡♪

大河ドラマ『真田丸』で、真田家ゆかりの地として注目されている松代城跡を訪ねた時の写真です。 (photo 2015.11.4)


 △太鼓門     
 松代城は千曲川を天然の外堀として武田信玄が築城し、信玄と上杉謙信が激突した川中島の戦いでは武田軍の拠点とされましたが、当時は海津城とよばれていました。
 真田幸隆(信繁の祖父)はこの戦いでの活躍が認められて、武田家の重臣となりました。
 その後、関ケ原の戦いで東軍についた信之は、昌幸(父)・信繁(幸村)と敵味方に分かれましたが、東軍の勝利により信之は上田城主になり、昌幸・信繁は高野山へ配流となりました。
 

△松代城跡の図


 △石垣と内堀
 元和8年(1622)、徳川家の命で上田から松代へ移封された真田信之(信幸)が松代城を中心に城下町を築き、真田十万石として信州最大の藩として繁栄しました。
 

 松代城は明治4年(1871)の廃藩置県までの約250年間、松代藩真田家の居城として使われ、城下には武家屋敷や真田家ゆかりの寺が多く見られます。


 △南の櫓門
 
 池波正太郎の『信濃大名記』には、元和8年(1622)8月、
幕府より国替えを命じられ、二ヶ月後に信之一行が上田城
を発って松代へ向かうときの様子は「三十余年に亘る真田
家の善政をよろこんでいただけに、やがて来る新しい領主
の治政に不安を抱く領民たちが、心から信幸を慕って沿道
に群れ集まり、別れを惜しんだ。」と描かれています。


 本丸跡は広場になっていて、桜樹などが植えられて
 散歩道としても最適な感じ。


 △当時の石工の技術の高さを物語る、ダイナミックに天然石を積み
 上げた野面積み(のづらずみ)の石垣。


 △戌亥隅櫓台
 石垣の上は展望台になっています。


 2004年(平成16年)太鼓門、堀、石垣、土塁などが
 復元され、松代城跡は2006年(平成18年)には日本
 100名城に選定されました。


 彼方に北アルプスの峰々が望めますが、左でとがって
 見えるのは鹿島鎗ケ岳かも。。。
 


同じカテゴリー(真田街道めぐり)の記事画像
岩櫃城本丸跡と岩櫃神社♪
みなかみ町の名胡桃城址 ♪
四万温泉の日向見薬師堂 ♪
中之条町の林昌寺♪
沼田公園の桜 ♪
上田城けやき並木の紅葉 ♪
同じカテゴリー(真田街道めぐり)の記事
 岩櫃城本丸跡と岩櫃神社♪ (2016-06-19 16:40)
 みなかみ町の名胡桃城址 ♪ (2016-06-13 12:26)
 四万温泉の日向見薬師堂 ♪ (2016-06-02 11:35)
 中之条町の林昌寺♪ (2016-05-24 20:06)
 沼田公園の桜 ♪ (2014-04-16 22:08)
 上田城けやき並木の紅葉 ♪ (2013-11-14 19:49)

この記事へのコメント
真田丸、なかなか好調ですね。
いかにも三谷幸喜らしい脚本で、楽しませてくれます。
松代は城もいいし、町もいいし、歩いてて楽しい町ですね。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎 at 2016年07月09日 20:18
>迷道院高崎さま

昨秋に撮ったものなので時季外れの紅葉写真ですが、
松代は再び訪れたい街です。
「真田宝物館」は素晴らしい展示品が多く、もっと時間をかけて
じっくり見たい物ばかりでした。
Posted by 風子風子 at 2016年07月11日 20:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
真田氏ゆかりの松代城跡♪
    コメント(2)