群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2018年01月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Information

2016年06月13日

みなかみ町の名胡桃城址 ♪


 国道17号を水上方面に向かうと「名胡桃城址前」の
 信号がありますが、通る度に名胡桃(なぐるみ)という
 かわいらしい名称が気になっていました。


 △地域略図(拡大します)
 平安時代の書物によると、この一帯は「呉桃郡(くるみのこおり)と
 いわれ、その後もナグルミと呼ばれたのが城の名前の由来だそう
 です。


 信号脇には無料休憩所を兼ねた案内所・資料展示室があります。
 ドラマ「真田丸」人気で、多くの見学者が訪れているようです。
 

 △豊臣秀吉から真田昌幸に送られた書状
 貴重な文書や、三国街道に関する資料などが展示されています。

  信州、越後、会津を結ぶ交通の要衝であった沼田に近い軍事拠
 点・名胡桃城は戦国大名により争奪戦が繰り返されました。
  天正6年(1578)、甲斐の武田勝頼の命を受けた真田昌幸が吾
 妻・利根に進出、名胡桃城を拠点に対岸の明徳寺城を攻略、さら
 に沼田城を調略により手に入れました。
  その後も真田氏と北条氏による領地争いが続き、天正17年(15
 89)7月、豊臣秀吉はこれを裁定し、利根川を境に東部一帯(
 田
)を北条領、西(名胡桃)を真田領としました。
  ところが北条方の沼田城代猪俣邦憲が名胡桃城を攻撃し、奪取
 したことに激怒した秀吉は、天正15年(1587)に発布した「惣無事
 令
(そうぶじれい)=私闘の禁止」を北条氏が破ったとして討伐に乗
 り出し、天正18年(1590)小田原城攻めが行われ、北条氏が滅
 亡しました。ちいさな山城が戦国時代を終わらせ歴史を動かすきっ
 かけとなりましたが、名胡桃城はその後、廃城となりました。


 △名胡桃城址の模型
 名胡桃城は、武田勝頼の命を受けた真田昌幸が天正7年頃築いた
 城で、赤谷川が利根川に合流する地点の段丘上にある、自然の要
 害を利用した山城です。


 △名胡桃城址全体図 

 
 発掘により名胡桃城址の般若郭(はんにゃくるわ)に古い居館の
 址が明らかになり、掘っ建て柱による建物20ケ所が確認され、名
 胡桃氏(沼田景久の子 景冬が名胡桃氏を称した)の居館であっ
 たと推定されています。


 当時の遺構は馬出しや三日月堀、土塁跡などが
 確認されていますが、保存のため地下遺構は埋
 め戻されています。




 天守閣はなく、砦のような感じだったようです。


 名胡桃城址は大正12年に地元の有志で結成された保存会によっ
 て保存管理され、松や桜の樹木を植え、史跡公園として完成させ
 ました。


 △本郭中央にある「名胡桃城址之碑
 石碑の文字は徳富蘇峰によるもので、大正13年の建立。
 村中総出で運び建てたものだそうです。


 城址突端の「ささ郭」から月夜野が望めます。沼田城址はもっと
 右のようですが、確認はできませんでした。  3/11

◆名胡桃城址




同じカテゴリー(真田街道めぐり)の記事画像
真田氏ゆかりの松代城跡♪
岩櫃城本丸跡と岩櫃神社♪
四万温泉の日向見薬師堂 ♪
中之条町の林昌寺♪
沼田公園の桜 ♪
上田城けやき並木の紅葉 ♪
同じカテゴリー(真田街道めぐり)の記事
 真田氏ゆかりの松代城跡♪ (2016-07-09 13:27)
 岩櫃城本丸跡と岩櫃神社♪ (2016-06-19 16:40)
 四万温泉の日向見薬師堂 ♪ (2016-06-02 11:35)
 中之条町の林昌寺♪ (2016-05-24 20:06)
 沼田公園の桜 ♪ (2014-04-16 22:08)
 上田城けやき並木の紅葉 ♪ (2013-11-14 19:49)

この記事へのコメント
お、行きましたか、名胡桃城!
大河ドラマのおかげで、最近TVにもよく取り上げられるし、にんきあるみたいですね。
私もいつか行ってみたいと思ってます。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎 at 2016年06月13日 20:40
>迷道院高崎さま

行ってから、もう3ヶ月になります。
よく整備されていて、観光に一役買っているみたいです^^。
Posted by 風子風子 at 2016年06月15日 15:22
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
みなかみ町の名胡桃城址 ♪
    コメント(2)