群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2017年07月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Information

2015年11月08日

安中文化会の講演会「新島襄先生の詩歌に学ぶ」♪

  11月7日に『新島襄先生の詩歌に学ぶ』~少年期から永眠まで
 ~
と題した、創立50周年を迎えた安中文化会主催の記念講演会
 が安中市文化センター3階大会議室でありました。



  講師は安中市文化財調査委員である淡路博和先生で、テーマは



 「新島襄の激動の生涯を遺された詩歌から読み解く」です。



  群馬に移住してから「上毛かるた」の存在を知り、平和の使い 新
 島襄
を覚えましたが、その生涯を学ぶほどに〝郷土の誇り″という
 思いが強くなります。

  安中藩士として生まれ、漢文・蘭学を学び、後に英文に触れた新
 島襄は、生涯に46の漢詩、32の短歌、11の俳句を遺しています。



  詳細な年譜を見ながら、襄の知られざるエピソードと折々に作ら
 れた詩歌の心を学ぶことができました。

  残念ながら46歳で早世した新島襄ですが、襄が蒔いた種はその
 後日本各地で教育に携わった人々の心に育ち、開花しました。

  ちなみに人気の朝ドラ「あさが来た」の原案本「小説 土佐堀川
 広岡朝子の生涯」に登場する麻生正蔵もその一人で、同志社英
 学校新島襄に学び、男女平等を説き、成瀬仁蔵と共に日本女
 子大学校(日本女子大学)設立に尽力し、後に学長となりました。

  ◆新島襄の漢詩 「寒梅」

   庭上一寒梅 (ていじょうの いちかんばい)

   笑侵風雪開 (わろうて ふうせつをおかして ひらく)

   不争又不力 (あらそわず また つとめず)

   自占百花魁 (おのずからしむ ひゃっかのさきがけ)

 1889年12月、療養先である大磯の百足屋(むかでや)旅館での作。
 【庭にある寒梅の木は、冷たい風や雪をものともせず花を咲かせ
 る。争わず、力づくでもなく、真っ先に花を咲かせることを自分の役
 割としているのだ】と、どんな事があっても信念をもって生きる大切
 さを伝えているのでしょう。 (安中市教育委員会の冊子より引用)
 


同じカテゴリー(■歴史講座)の記事画像
秩父方面へ研修 に(3) ♪
秩父方面へ研修 に(2) ♪
秩父方面へ研修 に(1) ♪
安中市秋間の石仏めぐり(2) ♪
安中市秋間の石仏めぐり(1) ♪
迷道院高崎さんの講演と清水寺の田村堂 ♪
同じカテゴリー(■歴史講座)の記事
 秩父方面へ研修 に(3) ♪ (2014-06-13 12:21)
 秩父方面へ研修 に(2) ♪ (2014-05-28 21:30)
 秩父方面へ研修 に(1) ♪ (2014-05-26 03:33)
 安中市秋間の石仏めぐり(2) ♪ (2014-04-03 16:43)
 安中市秋間の石仏めぐり(1) ♪ (2014-03-21 23:22)
 迷道院高崎さんの講演と清水寺の田村堂 ♪ (2014-01-27 21:15)

この記事へのコメント
ほ~、新島襄は「あさが来た」とも関連があるんですね。
それにしても、すごい数の参加者ですね。
びっくりぽん!
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎 at 2015年11月08日 16:08
>迷道院高崎 さま

麻生正蔵がドラマに登場するかどうかはわかりませんが、
新島襄と関係があったことは確かです。

写真撮影のために最後列に行ってみて、参加人数の多さに
「ギョギョッ!」と言いそうになりました^^。
Posted by 風子風子 at 2015年11月08日 19:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
安中文化会の講演会「新島襄先生の詩歌に学ぶ」♪
    コメント(2)