群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Information

2015年05月01日

大手拓次「薔薇忌」と第1回大手拓次賞 授賞式 ♪


 △磯部温泉会館               4/29

 今年は安中市出身で「薔薇の詩人」と呼
 ばれる大手拓次没後80年です。
 1887(明治20年)磯部温泉の旅館「鳳来
 館萬平旅館」 (現在は「雀のお宿磯部
 館」)大手宇佐吉の次男として生まれた
 大手拓次は、46歳で亡くなるまでに約
 4000編の詩作をし、薔薇の詩は76編
 もあるそうです。写真:『我が郷土の文学者』より
 「怪奇豊麗な幻夢と暗欝な香気を漂わす詩風で、室生犀星・萩
 原朔太郎とともに北原白秋門下の三羽ガラスと言われた。」
                       (磯部公園の案内板より)
 毎年「薔薇忌(ばらき)」が行われていて、今年は18回目ですが、
 ようやく参加するチャンスがやってきました。


大手拓次の年譜や紹介パネル、バラの絵などが展示されています。


 △大手拓次研究会代表の眞下宏子さん

 第1回 「大手拓次賞」の授賞式がはじまりました。
 大手拓次賞は、群馬大学(平成26年度地域貢献事業「“薔薇の歌
 プロジェクト”〜群馬の詩人大手拓次を歌う〜」の一環として)と
 手拓次研究会が共催して、「薔薇」をテーマにした詩を公募したも
 ので、応募作品168編の中から佳作3編が選ばれましたが、残念な
 がら今回は大賞該当作品はなかったようです。
 ☆第1回大手拓次賞公募の詳細
  (群馬大学ホームページより PDFファイル)


△奉唱 「まぼろしの薔薇Ⅰ」 佐藤貴子さん(S)、伴野和章さん(P)
 
 市長さんのあいさつで、安中市長賞があることを知りました。
  

 △第1回 大手拓次賞 佳作作品「薔薇の水脈」を朗読する
  山口和士さん(山形県出身・現在は藤岡市在住)

  佳作・付曲賞は「硬茎」  薪野マキノさん     (大阪府)
  佳作・安中市長賞「バラ」 鶴巻大(まさる)さん  (秋田県)
 

 △西田直嗣さんの講演

 現在、群馬大学教育学部教授で作曲家の西田さんは、これまで
 に何曲も大手拓次の詩を作曲し、2014年には奏楽堂日本歌曲
 コンクール・一般の部において、大手拓次の詩による「4つの
 薔薇の歌」で第1位を受賞
されました。
 
 一般的に萩原朔太郎に比べ、大手拓次の詩は知名度が低いので
 すが、西田先生のお話では、作曲家などに高く評価されているのだ
 そうです。先生は詩を何度も読んでいるうちに言葉のリズムや美し
 さを感じることができ、曲が熟成されていくようです。
 何編か詩の解説をしていただき、今まで朔太郎一辺倒だった私も、
 拓次の詩をじっくり読んでみたくなりました。
 

 △「日本おっきりこみ研究所」のメンバー


 △「安中市民合唱団」・「磯部ハーモニーズ・ドルチェ」の皆さんと
  参加者全員で「まぼろしの薔薇Ⅰ」を合唱しましたが、すてきな
  曲でした。楽譜をいただいたので、歌えるように練習したいと思
  います。
   

 そして、いよいよお楽しみの薔薇のケーキを配って
 いただきました。おいしかった~、ごちそうさま!!


 △「恵の湯」の向かい側、愛妻橋のたもとにある墓地
  (この墓地の裏手に大手拓次のお墓があります)

 1時からの墓前祭に間に合わなかったので、研究会の
 方にお墓の場所を教えていただいて、集いの後で墓参に。。。
  

 淡い色の御影石の墓前には、薔薇があふれていました^^。


    ひとつの薔薇  
              大手拓次

 ひとつの ばらのはなが
 いつまでも わたしのこころのなかに 生きてゐる。
 としつきも 消すことはできないし、
 まよひも その花のかげを うつすことはできない。
 このばらは わたしの心のなかのゆふぐれに
 かげろふのやうに あらはれる。

          「薔薇の詩人 大手拓次詩集」より
 
 
↓You Tubeにありましたが、音声が小さめです。
■まぼろしの薔薇




同じカテゴリー(*祭・イベント)の記事画像
あんなか祭り2017 ♪
花と緑のぐんまづくり2017 in安中♪
あんなか祭り2016♪
板鼻宿ウォーキング♪
第39 回 安中市民展♪
第39回「市民展」の準備 ♪
同じカテゴリー(*祭・イベント)の記事
 あんなか祭り2017 ♪ (2017-10-11 16:41)
 花と緑のぐんまづくり2017 in安中♪ (2017-04-30 20:12)
 あんなか祭り2016♪ (2016-10-14 15:39)
 板鼻宿ウォーキング♪ (2016-05-02 11:16)
 第39 回 安中市民展♪ (2015-11-27 05:38)
 第39回「市民展」の準備 ♪ (2015-11-22 14:05)

この記事へのコメント
あ、朔太郎一辺倒だったんですか。
大手拓次の「まぼろしの薔薇」、素敵な歌ですね。
若かりし頃、そんな夜を過ごしたような・・・。
「日本おっきりこみ研究所」なんてあるんですね(^^♪
おもしろい!
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎 at 2015年05月01日 20:52
>迷道院高崎さま

大手拓次の詩があまり知られていないのは、彼の死後にようやく
友人等により詩集が出版されたことが関係しているのかもしれません。
朔太郎は教科書に載っていましたから・・・。
幼少期に両親を失い、難聴や頭痛に苦しんだことなどが、耽美的
幻想的な詩風に影響しているような感じです。

それぞれが素敵なプロの皆さんですが、「日本おっきりこみ研究所」
という名称とのギャップ、おもしろいです^^。
Posted by 風子風子 at 2015年05月02日 07:48
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
大手拓次「薔薇忌」と第1回大手拓次賞 授賞式 ♪
    コメント(2)