群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2017年10月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Information

2014年09月27日

伊香保神社と「掲額事件」 ♪



 石段街の説明板には「石段街の最上部には、上野国三宮である
 伊香保神社があります。江戸時代末期、北辰一等刀流の開祖で
 ある千葉周作が、兵法の国上州で名を上げるため、当時最大の
 剣門であった地元の間庭念流と対峙してまで、神社への奉納額
 を掲げようとしたのがこの伊香保神社です」
とあります。
 2010年に新設されたみかげ石の石段を365段登ると、伊香保
 神社に到着します。  9/9



 境内には、新田郡阿久津(尾島町)の白石栄左衛門が
 天保4年から50年間に60回入湯したことを記念して、
 明治15年に建立したという石灯籠(伊香保町指定史跡)
 があります。巡礼者が多く訪れた水澤寺、榛名詣と並び、
 江戸時代(文化・文政)は伊香保温泉の黄金期だった
 ようです。
  ≪参考サイト≫
  渋川伊香保温泉観光協会
  http://www.ikaho-kankou.com/
 

 温泉・医療の神様ですが、縁結びのご利益もありそう。。。
   

 社殿脇に奉納額が掲げられていますが、文字は消滅しています。

 「伊香保神社掲額事件」では千葉周作側は掲額を諦めたのです
 か、武道額について小説『北斗の人』(司馬遼太郎/著)では、
 「伊香保明神に北辰一刀流の武道額をあげる」というのは、この上
 州に容易ならぬ波瀾をまきおこすであろう。
 「武道額」というのは、普通、その流儀の盛大さを誇示するため、師
 匠の名を大書し、門人一同の名をできるだけ数多く刻んで最後に年
 月日をきざみこみ、その隆盛ぶりを祈念する目的でかかげられるも
 のだ。(中略)北辰一刀流が上州一円を征服した記念に、伊香保明
 神の境内に巨大な武道額を奉納しようという計画である。
と触れて
 います。


 △赤城神社(安中市磯部)に掲げられている奉納額

 門人一同の名前がびっしりと書き込まれ、中央にあるのはミニチュ
 アの剣(竹刀?)があり、どうやら武道額のようです。
 こんな感じの馬庭念流の額が奉納されているのでは?・・・と期待
 しつつ、伊香保神社を訪ねてみたのでした^^。



同じカテゴリー(*おすすめスポット)の記事画像
信州佐久にもあった「五稜郭」♪
草津温泉の小さな公園♪
妙義山の紅葉とコスモス♪
草津温泉駅跡を探して♪
チャツボミゴケと太子線 ♪
八ツ場ダムの展望台♪
同じカテゴリー(*おすすめスポット)の記事
 信州佐久にもあった「五稜郭」♪ (2017-09-25 16:54)
 草津温泉の小さな公園♪ (2017-08-07 15:55)
 妙義山の紅葉とコスモス♪ (2016-11-13 16:30)
 草津温泉駅跡を探して♪ (2016-10-23 16:30)
 チャツボミゴケと太子線 ♪ (2016-09-19 16:05)
 八ツ場ダムの展望台♪ (2016-09-11 15:47)

この記事へのコメント
伊香保の石段の365段というのは、考えましたね。
高崎清水寺の529(幸福)段も、PRにこれ努めているのですが、広がりません(^^ゞ

馬庭念流の奉納額はありませんでしたか。
双方痛み分けなんでしょうか。
うろ覚えなんですが、八幡の八幡様に武道額が奉納されてませんでしたっけね。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎 at 2014年09月27日 17:55
>迷道院高崎さま

ひょっとして馬庭念流の奉納額があるかも知れないと、
期待して行ってみたのでしたが、文字の消えてしまった
一面だけでした。
八幡の八幡さまですか、今度行ったら探してみます^^。
Posted by 風子風子 at 2014年09月28日 05:51
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
伊香保神社と「掲額事件」 ♪
    コメント(2)