群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2017年06月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
Information

2014年06月06日

碓氷製糸 見学 ♪


 世界文化遺産登録をめざす富岡製糸場(富岡市)の影響もあり、
 製糸場見学が人気のようです。
 富岡製糸は何度か見学しましたが、実際に操業している製糸場を
 ぜひ見たいという願いが叶って、九十九地区の生涯学習・碓氷製
 糸見学
に参加することができました。   5/29


 松井田文化会館の駐車場から、西方の大きな鉄塔に向かって


 7~8分歩くと
  

 妙義山を背景に、碓氷製糸工場の赤い屋根が見えてきました。


 △碓氷製糸農業協同組合入口
 群馬県のみならず、日本の経済成長を支えてきた製糸業。 
 昭和初期には全国で300社を数えた製糸工場ですが、現在稼働し
 ているのは山形県に1社と、ここ碓氷製糸だけ。純国産シルクを作
 ることができる、貴重な製糸工場です。
 

 △荷受場 
 工場ができた55年前頃には群馬県内の養蚕農家は80,000軒も
 あり、荷受場に満杯だった繭ですが、中国・ベトナムなどからの
 輸入生糸の影響で養蚕農家が激減し、繭の入荷も減ってしまい
 ました。
 小学生の頃見学した製糸工場は煮サナギ(?)の独特の匂いに
 包まれていましたが、意外なほど匂いは感じられませんでした。
 工場内の写真撮影はOKですが、ブログ掲載はお許しいただけな
 かったので、繭から生糸ができるまでの解説パネルで紹介します。

 【1.搬 入】
 県内だけでなく長野・新潟・愛媛・熊本など13県の養蚕農家、約
 800戸から年間約30万kgの繭(国内で生産される繭の約6割)が
 搬入されます。

 【2.繭乾燥】
 繭を長期間の保存に耐えられるように125℃から60℃までの温度に
 変えながら、5~6時間かけて乾燥させます。

 【3.貯 蔵】
 乾燥させた繭を品種ごとに分けて倉庫に保管します。

 【4.選 繭(せんけん)】
 下から光を当てた台の上を流れる繭の中から、汚れているものを
 はじく作業。


 【5.煮 繭(しゃけん)】
 煮繭機で水・湯・蒸気により約20分かけて繭をやわらかくし、繭糸
 を繰り入れやすくします。

 【6.繰 糸(そうし)】
 数個の繭からほぐれる糸を合わせ、1本の生糸にする工程。主に
 自動繰糸機を使い、細く・均一な太さの生糸を作ります。

 【7.揚げ返し】
 小枠に巻き取った生糸を、荷造り・取り扱いに便利なように大枠に
 巻き返す
作業。

 【8.仕上げ】
 揚げ返しした生糸を保湿し、一昼夜かけて自然の水分状態に調
 整。出荷前の生糸を長いままで束ね、箱詰め、出荷します。

 【9.チーズ巻】
 揚げ返しの行程を経ず、直接チーズに巻き取るため、すぐに合糸や
 撚糸にかかれます。検品した後、3昼夜調整室に置き、自然の水
 分状態にした後、個包装し、出荷
します。
  ※チーズ巻=プラスチック製のボビンのこと。
 

 碓氷製糸農業協同組合は、碓氷安中地域の農家(組合員約400
 人)の出資により経営しています。
 オリジナル絹製品の販売も手がけ、直売所ではすてきな絹製品を
 会員価格で購入できました。


 懐かしい感じの はっぴ には「碓氷精練株式会社」の文字


 招き猫も碓氷製糸のネーム入りです^^。

 当日は担当の方に案内していただきましたが、糸の品質が落ちる
 と困るので、繭が入荷する多忙期の見学はちょっと無理かも…との
 お話でした。

 画像入り解説はこちらに
◆「日本すきま漫遊記」 碓氷製糸の見学・繰糸場
http://www.sukima.com/31_usui08/94usuiseishi.html

◆碓氷製糸農業協同組合
 安中市松井田町新堀甲909
 027-393-1101
 



同じカテゴリー(体験・見学)の記事画像
甘楽町の「こんにゃくパーク」♪
碓氷関所跡と史料館♪
「音あそびの会 たんぽぽ」♪
板鼻のラジオ体操 ♪
北陸新幹線「かがやき」に乗りました ♪
第13回 早春フェスティバル ♪
同じカテゴリー(体験・見学)の記事
 甘楽町の「こんにゃくパーク」♪ (2017-06-22 15:04)
 碓氷関所跡と史料館♪ (2015-12-07 21:33)
 「音あそびの会 たんぽぽ」♪ (2015-11-28 16:01)
 板鼻のラジオ体操 ♪ (2015-07-28 09:22)
 北陸新幹線「かがやき」に乗りました ♪ (2015-05-24 13:38)
 第13回 早春フェスティバル ♪ (2015-03-11 08:51)

この記事へのコメント
実際に操業している製糸場を見られるというのは、貴重な体験ですね。
これから益々見学希望が増えるかも知れませんが、お仕事との兼ね合いが難しいのかな。
いつまでも、操業を続けていって欲しいですね。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎 at 2014年06月07日 07:47
>迷道院高崎さま

何年も前から碓氷製糸の見学を希望していたのですが、
個人ではなんともし難い状態でした。
以前、売店へ買い物に行ったことはあるのですが、今回は
操業中の工場を見学できて、嬉しかったです。
これからも、群馬の誇りともいうべき絹産業が維持・発展する
ことを祈らずにはいられません。
Posted by 風子風子 at 2014年06月07日 13:04
良かったですね、
私は8日に女房の実家(無人)の除草に行こうとしたら、高崎は晴れていたのに藤岡に入ったら雨! 除草剤は使えないから諦めて高山社の見学に行きました。 「今日は雨でお客様は少ないから説明しましょうか?」と云うのでお願いしたら、たっぷり説明やら勉強やら教えてくれました。 本当に有りがたかったです。  雨の日が狙いどころかも知れませんね。
Posted by 豊ちゃん at 2014年06月11日 12:14
>豊ちゃんさま

高山社ですか。
以前から群馬の絹遺産には興味がありましたので、
訪れてみたい場所ですが、なかなか行かれません。
見学者の少なさそうな日を狙って行くのもいいですね^^。
Posted by 風子風子 at 2014年06月12日 14:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
碓氷製糸 見学 ♪
    コメント(4)