群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2018年12月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Information

2014年05月26日

秩父方面へ研修 に(1) ♪

坂本公民館5月の市外研修で、埼玉県へ出かけました。 5/23
まずは日本100名城に選定されている埼玉県寄居町の鉢形城跡


 荒川の景色を見ながら橋を渡ると、右手が城址公園です。
 荒川と支流の深沢川にはさまれる断崖絶壁の上に築かれた、
 東国における戦国時代の代表的な城跡です。(国指定史跡)


 発掘調査後に整備され、城郭の復元はされていませんが


 鉢形城公園として開園しました。
 案内役の伊丹仲七先生(安中市文化財調査委員)は桜の時期に
 訪れて、満開の桜を見られたそうです。


 △鉢形城跡曲輪配置図 (クリックで拡大)
 
 鉢形城は文明8年(1590)、関東管領山内上杉氏の家臣長尾景春 
 が築城したといわれ、関東地方において有数の規模を誇る城として
 北関東の拠点であり、甲斐・信濃からの侵攻への備えとして重要な
 役目を担いました。
 天正18年(1590)の豊臣秀吉による小田原征伐時に前田利家・上
 杉景勝らに包囲され、3000人足らずで35000人を相手に1ヶ月余り
 も籠城した後、城主北条氏邦は城兵の助命を条件に開城し、氏邦
 の身柄は前田利家に預けられ、鉢形城は廃城になりました。


 園内には鉢形城歴史館があり、今年の10月で
 開館10周年を迎えるそうです。


 1階の展示コーナーで館長さんに解説をしていただき、ビデオを観て
 から    △画像はフリーペーパーから借用


 館長さんに案内していただき、公園内を散策。。。


 堀や土塁がしっかりと残り


 往時の面影を残しています。
 

 樹木が多い公園は気持のよいひんやりとした空気に包まれてい
 て、散歩に訪れる人も多いようです。
 スケジュールの都合で広大な敷地をゆっくり散策できなかったの
 が、ちょっと残念。全部見るのには2~3時間かかりそうです。
 対岸から断崖絶壁も見たいし、お弁当持参で行ってみようっと^^。

 ◆寄居町ホームページ
  http://www.town.yorii.saitama.jp/

 ◆鉢形城公園




同じカテゴリー(■歴史講座)の記事画像
安中文化会の講演会「新島襄先生の詩歌に学ぶ」♪
秩父方面へ研修 に(3) ♪
秩父方面へ研修 に(2) ♪
安中市秋間の石仏めぐり(2) ♪
安中市秋間の石仏めぐり(1) ♪
迷道院高崎さんの講演と清水寺の田村堂 ♪
同じカテゴリー(■歴史講座)の記事
 安中文化会の講演会「新島襄先生の詩歌に学ぶ」♪ (2015-11-08 10:34)
 秩父方面へ研修 に(3) ♪ (2014-06-13 12:21)
 秩父方面へ研修 に(2) ♪ (2014-05-28 21:30)
 安中市秋間の石仏めぐり(2) ♪ (2014-04-03 16:43)
 安中市秋間の石仏めぐり(1) ♪ (2014-03-21 23:22)
 迷道院高崎さんの講演と清水寺の田村堂 ♪ (2014-01-27 21:15)

この記事へのコメント
ほほー、鉢形城ですか。
ずいぶん整備された公園になっているんですね。
高崎城も和田城もそうですが、河岸段丘をうまく利用しているんですね。

そういえば、先日「城絵図にみる上州の戦国時代」の説明会、行ってきましたよ。
当然ですが、安中城の説明が中心で、高崎城については「これは高崎城下町の絵図です。」の一言だけでした(^_^)
でも、若い方が数人いて、聞いたら城郭愛好会だそうで、びっくりしました。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎 at 2014年05月26日 20:15
>迷道院高崎さま

今まで埼玉方面には出かけたことがなかったのですが、
鉢形城跡は再度出かけてじっくり散策したい場所でした。

城絵図の説明会は私ももう一度聴きたいと思っていましたが、
都合がつきませんでした。
前回、高崎城に関する説明は少なかったので、少々懸念して
おりましたが、残念でしたね。
でも、他の城郭の情報はかなりのもので、濃い内容だったように
感じられました。
Posted by 風子風子 at 2014年05月27日 08:57
先程、安中市の城址と云うファイルを開いて見ていた処です。
虫が知らせたか、霊感か? 誰かが知らせてくれたのか?
関東管領の地位を奪い合う戦争で埼玉西部から群馬西部と沼田辺りまで、実に城址が多いですね。  武田氏の騎馬隊は何度も何度も甘楽辺りまで田畑を踏み荒らしに来て兵糧攻めにしたようですね、それでも年貢を納めさせられるから百姓は飢え死に寸前だった。
世界であちらこちらで戦争が行われているけれど、いつの時代も本当に困るのは民百姓そして子供。
平井城、山名城、根小屋城など鎌倉街道を見下ろして睨みを効かせる城だったのでしょう。 吾妻地方は六文銭街道だからここも戦場。  
平和ボケをしないようたまには城址を調べるのも平和に貢献するでしょうね。
Posted by 豊ちゃん at 2014年05月27日 17:32
今晩は林ちゃんです。私は今日箕輪城址に行って来ました。明日のブログにアップする予定ですが、然し貴方の写真の上手さ、素晴らしい方々の書き込み、本当に羨ましいです。
風子様 後閑林司郎81歳
Posted by 林ちゃん林ちゃん at 2014年05月27日 18:46
>豊ちゃんさま

誰かが呼んだのでしょうか・・・。

最近なぜか城郭関係の見学が続きましたが、中世史には
うとい方なので、有名な人はともかく、武将の名前が出てきても、
いちいち調べないとわからないような状態です。
鉢形(はちがた)城のこともまったく知らずに訪れましたが、
難攻不落の名城だったようです。
沢山あった城址を、少しづつ調べていきたいと思います。
Posted by 風子風子 at 2014年05月27日 20:31
>林ちゃん

お元気にあちこちお出掛けされて、何よりです。

箕輪城士址ですか、最近は行っていないのですが、
市が整備して公園のようになるそうで、楽しみですね^^。
Posted by 風子風子 at 2014年05月27日 20:35
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
秩父方面へ研修 に(1) ♪
    コメント(6)