群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2017年08月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Information

2014年05月02日

安中市/西上秋間の餅つき道祖神 ♪


 △建物の左側が飽間神社

 西上秋間の二軒茶屋付近に餅つき道祖神があるということを
 群馬の伝説本で知ってから、どうしても見たくなり


 △農道のような狭い道を左に入り

 知人に場所を聞いたり、地図を描いてもらったり、秋間梅林方面に
 出かける度に探しましたが、わからないまま数年が経ちました。


 △道がカーブしたところ(三本辻)に ぽつんとあるのが道祖神

 梅の花見もそろそろ終わりの頃、飽間神社にお参りしてから、近く
 にいた農家の方にたずねると、すぐ目の前の梅畑にあることがわ
 かりました。  3/28



 西上秋間の二軒茶屋から飽間神社の参道を進んで行くと、三本
 辻があります。ここに何やらわからない石碑があります。安山岩の
 石の表面は長い間、雨や風にさらされて、はっきりと形はわかりま
 せんがよく見ると、二つの人の姿が浮かんできます。
 よく見定めると一人は杵(きね)を振り上げ、ひとりはこねどりをして
 いるらしいことは、下に臼(うす)らしいものがあるのでわかります。
 明らかに道祖神であることは間違いありません。
 
                 『安中・碓氷・群馬Ⅰの伝説』
                  市川光一 著(あかぎ出版)より引用

 伝説では、ここ笠松村にはむかしは何軒も家がありました。
 ある日、名主さんがこの村の石屋さんに道祖神を作るように注文し
 たのですが、石屋さんは今までと違う道祖神を作ろうと考え、夜空
 の満月をヒントに、男女が餅をつく像を彫ったのですが、見慣れな
 い道祖神を見た村役人からも村人からもよく言われず冷遇され、石
 屋さんはいやになって村を去ってしまいました。
 その後、いつしか村もさびれ、畑は荒れてしまったそうな。。。
 

                             △約50×45cm 
 秋間史跡保存会の資料には 「双体神像(モチツキ道祖神)
 文政八乙酉(きのととり)年 1825年 181年前 江戸後期
 双体道祖神としては非常にめずらしいもので、おそらく五穀豊穣 
 もあわせて祈願したものと思われる」とありました。

 風雨に晒されてなお、仲よくお餅をつき続ける二人の、素朴で優し
 い姿に思わず笑みがこぼれてしまう、嬉しい出会いでした^^。
 


同じカテゴリー(■ 文化遺産めぐり)の記事画像
続・安中は井伊家ゆかりの地 北野寺と威徳神社♪
安中は井伊家ゆかりの地♪
塩原太助の玉垣と石燈籠♪
安中の簗瀬二子塚古墳♪
中之条町の市城砦 ♪
下里見町の「ぴんころ地蔵尊」♪
同じカテゴリー(■ 文化遺産めぐり)の記事
 続・安中は井伊家ゆかりの地 北野寺と威徳神社♪ (2017-08-23 11:15)
 安中は井伊家ゆかりの地♪ (2017-07-22 15:38)
 塩原太助の玉垣と石燈籠♪ (2017-07-05 15:44)
 安中の簗瀬二子塚古墳♪ (2017-01-25 16:00)
 中之条町の市城砦 ♪ (2016-08-25 17:17)
 下里見町の「ぴんころ地蔵尊」♪ (2016-08-17 16:35)

この記事へのコメント
飽馬神社にはよく行きました、あの神社のすぐ下に「内出」と云う家が有って同級生なので学校帰りにとんでもなく遠回りをして帰ったものです。
その同級生にその石像を教えて貰ったのはもう54年前! 山村で有りながらも随分と変わっています、細い道がやや広がって舗装になっているのが大きく違います。 般若沢からどこを登ったのかもう忘れました。 また「内出」君も疎開だったから今何処にいるか解りません。 懐かしさがいっぱいの写真を有難う御座いました。 
Posted by 豊ちゃん at 2014年05月02日 19:25
へ~、「餅つき道祖神」とは珍しい!
これ、たぶんあれですよ、臼は女性器、杵は男性器。
でも、いやらしい意味じゃなくって、風子さんの仰る通り、五穀豊穣の祈りが込められてるんでしょうね。
洋の東西を問わず、大地は女性ですから(^_^)
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎 at 2014年05月02日 20:32
>豊ちゃんさま

エーッ、54年前ですか!それは懐かしいでしょうねぇ…。
般若沢から実際に古道を歩いてみましたが、それは多分次回に
報告できると思います。

度々率直なご感想をいただき、ありがとうございます。
励みになります^^。
Posted by 風子風子 at 2014年05月03日 08:53
>迷道院高崎さま

確かに、双体道祖神を性神とみる通説が一般的で、
有名観光地では餅つき道祖神を模した像を作り、
客寄せに役立たせたりしているようです。

この小さな道の神さまは、時を経て人為を超えた存在となり、
穏やかな風景に溶け込んでいましたよ^^。
Posted by 風子風子 at 2014年05月03日 09:06
風子さま、はじめまして。
素敵な道祖神を紹介して下さり、とても嬉しです。
今度、梅の季節に道祖神さんに会いにいきたいと思います。
飽馬神社も由緒あり、見どころいっぱいの秋間ですね。
紹介、ありがとうです。
Posted by 愛媛 at 2015年12月03日 14:08
>愛媛さま

コメントありがとうございます。
道祖神巡りをしている方は多いようですね。
この道祖神は風化が進んでいますが、素朴なところが
気に入っています。
近くに秋間梅林もあり、梅が開花すると見事ですので、
その頃にぜひお越しください。
Posted by 風子風子 at 2015年12月03日 15:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
安中市/西上秋間の餅つき道祖神 ♪
    コメント(6)