群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2018年01月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Information

2013年06月07日

大戸宿の風景/ 加部安(かべやす)の屋敷跡♪


 △大戸関所跡

 江戸時代、中山道の脇往還である信州・草津街道の宿駅だった
 大戸は、信州や越後からの物資や草津温泉の客、善光寺詣での
 往来などで賑わい、碓氷(横川)関所の裏固めとして、寛永8年
 (1631)に大戸関所が設置されました。
 大戸関所は230余年の間、幕府代官の管理下で運営され、明治
 元年9月に廃止されました。
 関所通行の門限は明六つから暮六つ(午前6時から午後6時)
 までと定められ、通行手形によって往来の旅人を厳重に取締り、
 関所破りは重罪として処刑された記録が残っています。
 幕末に国定忠治がこの関所破りに失敗し、処刑されたことで有
 名になりました。(参考:案内板)


 △大戸関所図 (clickで拡大 )


 △家々には宿場の面影をのこす屋号が掲げられています。
 大戸宿は道路をはさんで両側に68軒の家々が整然と並び、道路
 中央には用水が流れていました。
 

 △加部安左衛門の屋敷跡 (東吾妻町指定史跡)
 大戸関所跡の向かい側の奇妙な家。。。草津の帰りなどに目にし
 て気になっていたこの建物の謎が、ようやく解けました^^。

加部安左衛門
上州吾妻郡大戸村で代々加部安左衛門を名乗り、上州の三大尽
「一加部、二佐羽、三鈴木」の一人といわれました。江戸時代から
明治初期の12代まで、加部安(かべやす)と呼ばれて親しまれ、酒
造業、麻の仲買いなどで巨万の富を蓄え、天明3年(1783)の浅間
山大噴火の際には、私財を投げ打って被災者を救済しました。(8代
目)その他、足尾銅山の再建、江戸城改築費用の負担(倉渕村川浦
山の幕府御用材伐り出し
:10代目)などに協力しました。明治にな
って(12代目)横浜開港に伴い横浜に出店しましたが、失敗に終わ
りました。(参考:「加部安左衛門」丸山不二夫 著)



 △正面入り口
 左奥は町立大戸資料館ですが、現在は公開されていません。
 井戸が残されているようですが、見落としてしまいました。 
 

 △往時の栄華が偲ばれる、十万石の格式を真似たといわれる
  石垣


 △大戸の信号(右は関所跡)
 右折して、加部安左衛門の墓地がある大運寺に向かいました。 
                         (2013/5/8撮影)
 
 ◆加部安左衛門の屋敷跡
  


同じカテゴリー(■古文書講座)の記事画像
萩原鐐太郎と「萩原古文書館」
学習の森「主催・講座作品展」の古文書展示 ♪
江戸時代の秤(はかり) ♪
幕府御用材伐出しの日記(3)♪
第37回安中市民展  「私たちの郷土資料展」 ♪
幕府御用材伐出しの日記(2)♪
同じカテゴリー(■古文書講座)の記事
 萩原鐐太郎と「萩原古文書館」 (2015-08-24 10:59)
 学習の森「主催・講座作品展」の古文書展示 ♪ (2014-03-08 20:18)
 江戸時代の秤(はかり) ♪ (2014-02-08 13:51)
 幕府御用材伐出しの日記(3)♪ (2014-02-02 22:46)
 第37回安中市民展 「私たちの郷土資料展」 ♪ (2013-11-21 21:10)
 幕府御用材伐出しの日記(2)♪ (2013-06-30 23:04)

この記事へのコメント
いつも見ていて勉強になります。
ありがとうございます。
奇妙な家には驚きました。
Posted by きんちゃん at 2013年06月12日 11:59
>きんちゃんさま

ご覧いただきありがとうございます。
続きがあるのですが・・・雑用に追われて
なかなかアップできません^^;
Posted by 風子 at 2013年06月12日 12:49
初めてお伺いいたします。ポチと申します。
よろしくお願いいたします。

加部家の顕彰碑に興味をもっておりますものですが
碑面の解読を切望しつつ中々・・・
これから宜しく素晴らしい記事をお願いいたします。
ごめんくださいませ!<m(__)m>
Posted by ポチ at 2014年04月28日 11:48
>ポチ さま

ようこそ、お越し下さいました。

加部家の顕彰碑は大雲寺にある碑のことでしょうか。
どこかで解読文を見たような記憶があるのですが、
はっきり思い出せません。
書物で見たのか、中之条町歴史と民俗の博物館「ミュゼ」で
見たのか…。お時間がありましたら、ミュゼに行かれることを
お薦めいたします。
Posted by 風子風子 at 2014年04月28日 19:11
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
大戸宿の風景/ 加部安(かべやす)の屋敷跡♪
    コメント(4)