群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Information

2013年04月05日

和宮の行列 ♪


 坂本公民館 古文書教室の2回の特別講座は、佐藤義一先生
 による坂本宿に残された「和宮様 御下向 御用留」文書や資料
 の解説で、一般の人の参加もあり盛況でした。     3/29
 (1回目は2/22)  

 和宮下向の大行列は文久元年(1861)10月20日に京都桂御所
 を出発、25日をかけ136里(約534km)の中山道を江戸へ向かい
 ました。
 一日平均約5.7里(約22.4km)の行程で、坂本宿は11月10日
 (旧暦)に通過しました。現在の暦では11月末~12月初め頃の
 ようです。当時の坂本宿の戸数は162軒、宿屋は40軒でした。


 △行列の順番をつなげると長~くicon12なりました。 

 宮家のお姫様が、将軍家に輿入れのため中山道を下向するのは
 初めてではありませんでしたが、その規模費用において皇女
 和宮の下向は群を抜いていた
ようです。
 和宮下向は朝廷や幕府の威信をかけた一大イベントicon12
 行列を描いた錦絵絵図などが刷られ、みや
 げものとして地方にも運ばれました。 
                      
 行列は警備や人足を含めると25,000人にのぼり、多すぎるの
 で4日間に分かれて出発しました。
 文書「御用留」には、坂本宿を通過した4日間の人足や馬数が詳
 細に記され、3日目の数が一番多いので、この日が和宮通過の
 日だと推測されるそうです。
 各宿場に通達された御証文には23もの命令・禁止事項が羅列
 されています。
 たとえば「道路には敷砂せよ」については、峠の権現様(熊野神社)
 から坂本宿までは時間も人足も足りず、実行できなかったようで
 す。
 その他、雨戸は締め切り、覗き見をしてはいけない、物音をさせる
 な、犬はよそへ連れて行き縛っておけ、火を使うな、宿に人を泊め
 るな・・・
など、滑稽と思えるほどの気配りですが、宿場の人々は
 不眠不休の準備に疲れ果てて、逃げ出した者もいたそうです。
 御上の都合に振り回される庶民の姿が、目に見えるようです。

 公武合体を世に示すための下向でしたが、その費用は各藩に割
 り振られ
、総額74万両(約100億円)ほどかかり、各藩の赤字は
 明治の世になっても解消されなかったということです。
           参考:古文書教室資料「身分の高い方の通行」
   


同じカテゴリー(■古文書講座)の記事画像
萩原鐐太郎と「萩原古文書館」
学習の森「主催・講座作品展」の古文書展示 ♪
江戸時代の秤(はかり) ♪
幕府御用材伐出しの日記(3)♪
第37回安中市民展  「私たちの郷土資料展」 ♪
幕府御用材伐出しの日記(2)♪
同じカテゴリー(■古文書講座)の記事
 萩原鐐太郎と「萩原古文書館」 (2015-08-24 10:59)
 学習の森「主催・講座作品展」の古文書展示 ♪ (2014-03-08 20:18)
 江戸時代の秤(はかり) ♪ (2014-02-08 13:51)
 幕府御用材伐出しの日記(3)♪ (2014-02-02 22:46)
 第37回安中市民展 「私たちの郷土資料展」 ♪ (2013-11-21 21:10)
 幕府御用材伐出しの日記(2)♪ (2013-06-30 23:04)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
和宮の行列 ♪
    コメント(0)