群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2018年04月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Information

2013年03月27日

第2回 安中市石仏めぐり

 3月24日(日、)安中市学習の森主催の碓氷歴史考古学講座
 「第2回 安中市石仏めぐり」に参加しました。


 バスはふるさと学習館を出発し、まずは板鼻へ。。。↑
 伊丹先生の解説で、八坂神社跡の広場にある大型の道祖神
 宿場の飯盛女たちが建立したものだと知りました。


 広場奥の神輿蔵の右側にある「聖寿萬歳」の石碑は
  

 荒木寅三郎氏の筆によるものということも、わかりました。


 次に向かった大谷の福泉寺跡。何度も通ったことがある
 道路の脇に廃寺があったとは・・・驚きでした。
 (福泉寺:安中市大谷熊野山674)
  

 △いぼとり地蔵(文化4年)   △子育地蔵 
  

 福泉寺境内には推定樹齢130年、樹高20m余の大きな
 クスノキがありましたが、枯れてしまい今は切り株だけ。
 敷地内には多くの庚申塔や石仏が遺されています。


 △智鯉鮒大明神
 この地区は蝮(まむし)が多かったので、三河国(愛知
 県)から霊験あらたかな池鯉鮒ちりゅう)大明神が勧請
 されたそうです。
 

 △富岡に向かう道路脇にイチョウの大木があり、毎年見事な
  黄金色をたのしませてもらいますが(水境 宮島)、通るたび
  に気になっていた赤鳥居は
 

 「蚕祖保食大神」と刻まれた、お蚕さまを祀る
 石碑がある白山神社跡でした。



 ここでも双体道祖神に出会いました^^。
 
  ≫≫続きはこちら


同じカテゴリー(■歴史講座)の記事画像
安中文化会の講演会「新島襄先生の詩歌に学ぶ」♪
秩父方面へ研修 に(3) ♪
秩父方面へ研修 に(2) ♪
秩父方面へ研修 に(1) ♪
安中市秋間の石仏めぐり(2) ♪
安中市秋間の石仏めぐり(1) ♪
同じカテゴリー(■歴史講座)の記事
 安中文化会の講演会「新島襄先生の詩歌に学ぶ」♪ (2015-11-08 10:34)
 秩父方面へ研修 に(3) ♪ (2014-06-13 12:21)
 秩父方面へ研修 に(2) ♪ (2014-05-28 21:30)
 秩父方面へ研修 に(1) ♪ (2014-05-26 03:33)
 安中市秋間の石仏めぐり(2) ♪ (2014-04-03 16:43)
 安中市秋間の石仏めぐり(1) ♪ (2014-03-21 23:22)

この記事へのコメント
中山道七宿めぐりでは、八坂神社の境内でお昼を食べさせてもらいました。
そういえば、おっきい石碑がありましたね。
「池鯉鮒」様って、あちこちにあるんですね。
高崎では倉賀野と乗附に。
マムシが多かったんでしょうね。
コワッ!
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎 at 2013年03月28日 21:52
>迷道院高崎さま

八坂神社の境内で昼食・・・そーだったのですか。
また宿場めぐりイベントをやってほしいです。

福泉寺の石碑は「智鯉鮒大明神」となっていますが、
「池鯉鮒」とおなじことのようです。
昔はマムシで命を落とす人が多かったのでしょうね。
Posted by 風子風子 at 2013年03月29日 10:48
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
第2回 安中市石仏めぐり
    コメント(2)