群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2017年09月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Information

2013年03月05日

第1回 安中市石仏めぐり (続)♪


 △高梨子の呼坂(よばざか)に百庚申があります。  3/3

 同じ「庚申」と言う文字でも、篆書(てんしょ)という字体のデザイン
 がそれぞれユニークで愉しく、コレクションしたくなりました^^。












 △なぜか一基だけ「國勝命」と刻まれたものがあり、不思議。。。

 ☆「第1回 安中市石仏めぐり」はこちら

 ☆「第2回 安中市石仏めぐり」板鼻・岩野谷地区はこちら


同じカテゴリー(■歴史講座)の記事画像
安中文化会の講演会「新島襄先生の詩歌に学ぶ」♪
秩父方面へ研修 に(3) ♪
秩父方面へ研修 に(2) ♪
秩父方面へ研修 に(1) ♪
安中市秋間の石仏めぐり(2) ♪
安中市秋間の石仏めぐり(1) ♪
同じカテゴリー(■歴史講座)の記事
 安中文化会の講演会「新島襄先生の詩歌に学ぶ」♪ (2015-11-08 10:34)
 秩父方面へ研修 に(3) ♪ (2014-06-13 12:21)
 秩父方面へ研修 に(2) ♪ (2014-05-28 21:30)
 秩父方面へ研修 に(1) ♪ (2014-05-26 03:33)
 安中市秋間の石仏めぐり(2) ♪ (2014-04-03 16:43)
 安中市秋間の石仏めぐり(1) ♪ (2014-03-21 23:22)

この記事へのコメント
篆書もずいぶんいろいろな書き方があるんですね。
こりゃ、面白いや。
それにしても、きちんきちんと庚申塔を建てて、
昔の人の信心深さには、頭が下がります。
それもユーモアも含ませて楽しんでたんですから、すごいです。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎 at 2013年03月05日 20:45
>迷道院高崎さま

ほんとうに昔の日本人は、何かにつけて石造物として
遺していることに感心します。

遊び心満載ですしね^^。
こんなお宝が、何気なく道路脇に佇んでいるなんて…。
思いがけず素敵なシーンに出会えるのが、このような研修の
愉しいところです。
Posted by 風子風子 at 2013年03月06日 08:22
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
第1回 安中市石仏めぐり (続)♪
    コメント(2)