群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2018年01月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Information

2013年02月28日

上毛新聞印刷センター見学 ♪


 最近人気の工場見学ですが・・・
 ボランティア団体の研修で、北関東自動車道伊勢崎
 インターに隣接した上毛新聞印刷センター工場
 見学に参加しました。三和工業団地内にあり、平成
 21年に創設されたそうです。     (内部撮影OK)


 △2階の見学者ホールでDVDを見てから説明をしていただき
      

 △ホール横のガラス窓を覗くと、大きなタワーに巻取
  紙が収納されていて、巻取紙の大きさにビックリ!
  1巻き20km以上とか。

 窓越しに製版室をのぞき、本社から送られてきたデータを
 版にする装置や自動現像機について説明していただいて
 

 △印刷室
  全長42m、高さ16m、重さ1000t 以上もある巨大な
  輪転機が並んでいて、31万部を2時間ほどで印刷し
  てしまうそうです。


 △キャリア
  黒い背骨のようなキャリアが折機から出てくる新聞
  をつかみ、次の行程へ運びます。


 △中央操作卓(コンソール)
  輪転機の監視、印刷紙面やカラーの確認などをしています。


 △AGV(自動搬送ロボット)
  印刷がはじまると途中で止めることはできないので、紙が終わっ
  たときはAGVが次の巻取紙を運び


 △黒いラインが両面テープのような役割。自動で
  瞬時に紙がつなげられて、ロスがないそうです。


 △インキタンク室(1階)
  新聞印刷に必要な4色のインキ(黒、赤、青、黄)がそれぞれ1
  トンのタンクに入っていて、ポンプとパイプで2階の印刷室へ送
  られています。


 △トラックヤード
  印刷、梱包された新聞はここから県内の新聞販売店へと運ばれ
  て行きます。黄色の照明は虫よけのためだそうです。

最新鋭の印刷設備と高度な印刷ネットワークのシステムを見学して、
普段見ることができない貴重な新聞印刷の現場を体感できました。
お世話になった皆さん、ありがとうございました!   (2/27 )

 ■上毛新聞印刷センター
  http://factory.raijin.com/
  


同じカテゴリー(体験・見学)の記事画像
佐久市の「“元祖” ぴんころ地蔵尊」♪
甘楽町の「こんにゃくパーク」♪
碓氷関所跡と史料館♪
「音あそびの会 たんぽぽ」♪
板鼻のラジオ体操 ♪
北陸新幹線「かがやき」に乗りました ♪
同じカテゴリー(体験・見学)の記事
 佐久市の「“元祖” ぴんころ地蔵尊」♪ (2017-09-06 10:33)
 甘楽町の「こんにゃくパーク」♪ (2017-06-22 15:04)
 碓氷関所跡と史料館♪ (2015-12-07 21:33)
 「音あそびの会 たんぽぽ」♪ (2015-11-28 16:01)
 板鼻のラジオ体操 ♪ (2015-07-28 09:22)
 北陸新幹線「かがやき」に乗りました ♪ (2015-05-24 13:38)

この記事へのコメント
小学生の頃、上毛新聞の印刷工場を見学した記憶が、かすかに残っています。
たぶん、前橋だったような・・・。
印刷し終わった新聞が、ぴゅんぴゅん飛んでる場面しか憶えてません(^^ゞ
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎 at 2013年03月01日 09:34
>迷道院高崎さま

残念ながら印刷中の状況は見れませんでしたが、
設備のハイテクぶりに驚きました。
ふだん新聞をじっくり読んでいないことを反省
しなければいけない気持になりました^^。
Posted by 風子風子 at 2013年03月01日 16:37
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
上毛新聞印刷センター見学 ♪
    コメント(2)