群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Information

2012年09月24日

安中/郷原の妙義道常夜燈 ♪

 旧中山道と国道18号線が合流する信号の脇に
 ある妙義道常夜燈です。


 この常夜燈は、文化5年(1808)に「妙義講」の人
 たちが建てたものです。元は東50mほどのところ
 にあり、中山道から妙義神社へ通じる「妙義道」の
 入り口にありました。(安中市ホームページ)


 正面に「白雲山」東に「文化五年戌辰四月七日」
 西面に「当所講中」、台石には「是より妙義道」と
 刻まれ、台座まで入れると5m以上あるそうです。
 妙義信仰の道標として、また夜道の安全のために
 一晩中明かりが灯されていたのでしょう。
 

 △拡大します


 常夜燈の周辺には、大らかな文字の道祖神や
 

 山中貞輔氏の碑があり、短歌とともに解説されて
 います。
 「中後閑より郷原の山中氏へ養子に来て十二代目
 をつぐ剣撃の師範山中秀次郎の父板鼻の山中三郎
 の祖先である。学問にたけており江戸時代から明治
 の初めにかけて寺子屋を開いていた弟子たちが師を
 偲んで建てた碑である。
  月の入る西の都を さし行ば 帰らぬ旅に 迷路もなし」


 常夜燈前の細い道を少し下ると、くっきりと妙義山が見え (7/17)
 

 信号脇に飛脚さん付きの表示があり


 旧中山道は信号脇のやや急な下り坂へと右折し
 ます。
 遠足マラソンも七宿歩きの人々もここを下り、少し
 上ってから小さなトンネルを抜けバイパスの左側
 に出て、松井田宿へと向かって行きました。

◆郷原の妙義道常夜燈【安中市指定重要文化財】
 



同じカテゴリー(■ 文化遺産めぐり)の記事画像
続・安中は井伊家ゆかりの地 北野寺と威徳神社♪
安中は井伊家ゆかりの地♪
塩原太助の玉垣と石燈籠♪
安中の簗瀬二子塚古墳♪
中之条町の市城砦 ♪
下里見町の「ぴんころ地蔵尊」♪
同じカテゴリー(■ 文化遺産めぐり)の記事
 続・安中は井伊家ゆかりの地 北野寺と威徳神社♪ (2017-08-23 11:15)
 安中は井伊家ゆかりの地♪ (2017-07-22 15:38)
 塩原太助の玉垣と石燈籠♪ (2017-07-05 15:44)
 安中の簗瀬二子塚古墳♪ (2017-01-25 16:00)
 中之条町の市城砦 ♪ (2016-08-25 17:17)
 下里見町の「ぴんころ地蔵尊」♪ (2016-08-17 16:35)

この記事へのコメント
そうそう、この坂道を下りました。
この坂道は、往時を偲ばせる雰囲気がありますね。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎 at 2012年09月24日 23:07
>迷道院高崎さま

以前からこの坂が気になっていたのですが、
急なので車で行けるのかどうか心配でした。
思いきって歩いてみましたが、かなり急坂ですね。
確かに、昔の旅人が歩いた気分を少し感じることが
できました^^。
Posted by 風子風子 at 2012年09月25日 08:41
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
安中/郷原の妙義道常夜燈 ♪
    コメント(2)