群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2017年05月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Information

2011年10月01日

秋間の「元助遺跡義士石像」 ♪

安中榛名駅が左に見える道路にあ
る案内板(以前は「赤穂義士石像」と
呼ばれていたようです)→
上里見に抜ける安榛トンネルの手
前の案内板を左に入ると、駐車場があります。


 9月のはじめに一度、入口まで行ったのですが・・・
 拒絶するようなうっそうとした杉木立の薄闇を覗いただけで怖気
 づいて、「一人では無理!」と逃げ帰った次第ですicon10


 気乗りしない相方^^を無理やり連れ出して再チャレンジ♪
 熊よけもバッチリ用意しました。。。 
 狭いながらも道路は整備されていますが・・・
 

 台風の後だったので倒木や折れた枝で、かなり荒れていました。
  9/23


 意外なことにあまり歩かないうちに到着と思ったら、
 どうやら違うようですが、おどろおどろしい岩塊に
 圧倒されますicon10ここは修行の場?


 石垣が残っているということは、長期間にわたり多くの人が
 難工事に携わったのでしょうか・・・


 ▲元助遺跡義士石像【安中市指定史跡】

 忠臣蔵で有名な、赤穂義士(あこうぎし)片岡
 源五右衛門高房に仕えた忠僕、秋間出身の
 元助が20年も諸国をめぐって寄附を集め、四
 十九基の石像をこの岩戸山に建立しました。
 その後、諸国を放浪し外房和田浦花園で入定
 (にゅうじょう)したと伝えられています。


 金網に囲まれている石像(四十七義士と浅野長矩 夫妻の冥福
 を祈ったものと伝えられるとか)


 金網の中を覗くと、いろいろな表情の祈りが・・・ 

 なんという恐ろしい(としか言えません)岩場に石像を建立
 したことでしょうか。
 とても、長時間いたいと思えるような場所ではありません。
 それほど強い“念”と“志”で、成しえたことなのでしょうが、
 小心者には畏怖ばかりがつのり、そそくさと退散いたしました。

 で、、不思議なことに道を下る途中で、突然1台のデジカメが
 使用不能になりました。
 クルマで少し走っているうちに、元通り使えるようになりまし
 たが・・・気のせいだったのかしら(・・;
  参考:『安中市の文化財』

 ☆わかりやすい解説がこちらに→『くりまんじゅうさんのブログ』  

元助遺跡義士石像 
 



同じカテゴリー(■ 文化遺産めぐり)の記事画像
安中の簗瀬二子塚古墳♪
中之条町の市城砦 ♪
下里見町の「ぴんころ地蔵尊」♪
安中の芭蕉句碑(続)♪
安中の芭蕉句碑♪
吉井町の馬庭念流道場 ♪
同じカテゴリー(■ 文化遺産めぐり)の記事
 安中の簗瀬二子塚古墳♪ (2017-01-25 16:00)
 中之条町の市城砦 ♪ (2016-08-25 17:17)
 下里見町の「ぴんころ地蔵尊」♪ (2016-08-17 16:35)
 安中の芭蕉句碑(続)♪ (2015-10-05 20:19)
 安中の芭蕉句碑♪ (2015-09-25 15:43)
 吉井町の馬庭念流道場 ♪ (2014-09-07 14:50)

この記事へのコメント
確かにここは不思議なスポットです。

私が行った時も誰もいなかったのですが、
帰りの下り路、向こうから歩いてくる一人の男性。
何と、普段は会うことも少ない隣組の人でした。
その人も、その日、何となく来てみたんだとか。

安中市も「忠臣蔵サミット」のメンバーでしたね。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎 at 2011年10月02日 08:37
>迷道院高崎さま

第六感というのは誰でも持っているのではないかと
思いますが、この場所は何かとてもイヤな感じでした。
デジカメの件も、その時はただ困ったなぁ…と思った
でけでしたが、日にちが経ってからだんだん不思議に
なってきました。そういうスポットなのでしょうか。

「忠臣蔵サミット」義士親善友好都市交流会議とも
いうらしいですが、全国に忠臣蔵ゆかりの地があること
って、おもしろいですねぇ^^。
Posted by 風子 at 2011年10月02日 18:43
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
秋間の「元助遺跡義士石像」 ♪
    コメント(2)