群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2018年01月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Information

2011年01月03日

伝説「鰻橋(うなぎばし)」 ♪


 イトスギさんの近くの道路端にあった「鰻橋」の停留所 !?
 うなぎばし・・・おもしろい名前!何かありそー^^。

 
 そういえば以前、学習の森で「安中市学習の森周辺史跡の
 解説文」が貼られているのを見て、写真を撮っておいたので
 すが、すっかり忘れていて・・・その解説文の中にこの写真が
 ありましたが、さぁて・・・場所がわかりません。


 最初はこの橋かと思ったのですが、写真とは違うicon10
 川の周辺をうろうろして、少し上流を眺めると・・・


 小さな橋と標柱が見えましたicon12「あれだっ!」


 学習の森の看板の反対側の道に入り、人家の横の細い道を
 徒歩で下ります。


 鰻橋と弘法の井戸(伝説)
 たしかに石が組まれた小さな井戸跡もありました。

 ←(クリックで拡大)

鰻橋・弘法の井戸(上間仁田字鰻橋)
 信濃国(長野県)を遍歴した真言宗の祖 空海(弘法大師)は、
 碓氷峠を越えて上野国(群馬県)に入った。空海は病んだ者に
 薬を施し、皆に仏教を説いた。ある日、この地を通ったおり、大
 雨により川の水があふれ困り果てていると、川の中から耳の生
 えた大きな鰻
が現れ、鰻が橋の代わりとなり川を渡ることがで
 きた。空海は鰻が干ばつでも困らぬようにと錫状を地面に突き
 立てて抜くと、水が湧き出し井戸となった。
 これからこの橋を「鰻橋」といい、村の名前も「鰻橋」といい、井
 戸は弘法の井戸と呼ばれている。
 (参照:安中市学習の森周辺史跡の解説文)

 


同じカテゴリー(■ 伝説 めぐり)の記事画像
高崎市/上里見町の多胡神社と多胡碑 ♪
安中市/中野谷の羊神社 ♪
神話ロマンの「飽馬神社」 ♪
羊太夫伝説 と羊神社 ♪
「多胡碑」もパワースポット !?
伝説「お八重が淵」 ♪
同じカテゴリー(■ 伝説 めぐり)の記事
 高崎市/上里見町の多胡神社と多胡碑 ♪ (2015-03-14 16:30)
 安中市/中野谷の羊神社 ♪ (2015-02-06 17:05)
 神話ロマンの「飽馬神社」 ♪ (2012-03-24 21:41)
 羊太夫伝説 と羊神社 ♪ (2011-08-22 21:35)
 「多胡碑」もパワースポット !? (2011-08-13 20:57)
 伝説「お八重が淵」 ♪ (2011-08-06 21:19)

この記事へのコメント
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
ブログはじめは、6日からです。
Posted by kawa at 2011年01月03日 21:21
>kawaさま

おけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。
楽しいお正月をお過ごしください。
Posted by 風子 at 2011年01月03日 22:00
面白い話ですねー。

弘法大師は、あちこちで井戸を掘りあてているようですが、鰻が橋になったという話は初めてです。
地名は宝ですね。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎 at 2011年01月07日 20:14
>迷道院高崎さま

川の中から耳の生えた大きなうなぎが出て来て
橋の代わりをしてくれるなんて、マンガチックで・・・
昔の人の想像力に感心するばかりです^^。
Posted by 風子 at 2011年01月07日 20:20
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
伝説「鰻橋(うなぎばし)」 ♪
    コメント(4)