群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Information

2010年10月16日

「自性寺焼 秋里窯」の窯焼き見学 ♪

 ☆旅の報告の予定でしたが、
  順番が逆になってしまいました(^^ゞ

 先月の陶芸展のあと、自性寺焼秋里窯の青木昇先生からの
 メールで、「来月は中旬に、穴窯を焼く予定です。漸く秋めいた気候
 になって、窯を焼くのにふさわしい気温になって来ました。
 10月15,16日は窯も最高潮の状態になります。夜は闇の中に、
 まるで生き物のような雄たけびと共に煙突から炎を吹き上げます。
 どうぞご見物下さい。」
と、うれしいお言葉を頂きました。
 「なんという幸せ!☆」と思ったのですが、旅の最終日と重なって
 しまい、時間調整が必要でしたicon10・・・が、
 「こんな すごいチャンスを逃してなるものか!」と、陶芸好きの
 ルリコさん夫婦と約束して里秋窯におじゃましました。


 午後5時半頃到着。いきなり、すごい炎!とお月さまicon12


 焼成する作品を大小600点ほど窯詰めするには、3日くらいかかる
 とか。狭い空間での作業は、とても疲れるそうです。


 焚き口の鉄の扉はワイヤーで上下させて薪を投入します。
 薪は油分が多く、燃えが良いのでアカマツを使うそうです。


 温度のデータや炎の色など、多くの経験から薪を
 投入するタイミングを、真剣に図っている様子。。。
 「はい、いきます!」という声を合図に扉が持ち上げられ
 炎に頬をほてらせて薪が投げ込まれ、温度が上がると扉は
 閉められます。

 
 窯の上部に2本の温度計がセットされています。
 火吹き穴からも勢いよく炎が噴き出ていますが、穴からの火がおさ
 まった時が最高温度なのだとか。


 常に温度計のデータが表示され、1180℃くらいまで温度が上がる
 と、正面の焚口をふさぎ、脇の二箇所の焚口から薪を入れます。
 すると、火吹き穴からもっと勢いよく炎が立つのだそうです。
 残念ながら、そこまではまだ時間がかかりそうで・・・icon10


 青木先生が横の焚口を開けて中の様子を見せて下さいましたが、
 大きな壺が白く焼かれる姿が見えました。
 自然灰(釉)がかかることで、もっと表面に艶が出るのだとか。。。
 色見本のテストピースが入れてあり、それで焼け具合をみるのだ
 そうです。
 
 冬期に半年くらいかけて薪を作ったり乾燥させて手がかかります
 が、作家としては、炎を見て胸を躍らせないと実感が湧かないそ
 うで、電気の窯では味わえない窯変のおもしろさが窯焼にはある
 ようです。
 生徒さんの作品も窯焼する教室は、市街地ではとても望めないこと
 なのだそうで・・・恵まれた生徒さん♪
 生徒さん達が交代で窯の当番をされている姿にも心打たれました。


 2時間ほどの間、真上に上る炎の色が微妙に変化する様子を
 見たり、お話をうかがって貴重な体験をさせて頂きました。

 青木先生、奥さま、スタッフの皆さん、ほんとうに
 お世話になりました。ありがとうございました。
 素晴らしい窯変の作品が出現しますように・・・^^。

 


同じカテゴリー(体験・見学)の記事画像
佐久市の「“元祖” ぴんころ地蔵尊」♪
甘楽町の「こんにゃくパーク」♪
碓氷関所跡と史料館♪
「音あそびの会 たんぽぽ」♪
板鼻のラジオ体操 ♪
北陸新幹線「かがやき」に乗りました ♪
同じカテゴリー(体験・見学)の記事
 佐久市の「“元祖” ぴんころ地蔵尊」♪ (2017-09-06 10:33)
 甘楽町の「こんにゃくパーク」♪ (2017-06-22 15:04)
 碓氷関所跡と史料館♪ (2015-12-07 21:33)
 「音あそびの会 たんぽぽ」♪ (2015-11-28 16:01)
 板鼻のラジオ体操 ♪ (2015-07-28 09:22)
 北陸新幹線「かがやき」に乗りました ♪ (2015-05-24 13:38)

この記事へのコメント
今晩は!

懐かしいです!自性寺焼き~
昔、いけばなの先生に連れていってもらいました。
青木先生はご活躍ですね。
よかったです。

また行ってみたいです(^^)v
Posted by purupuru at 2010年10月16日 22:17
>purupuru さま

ようこそ!コメントありがとうございます。
青木先生はいつもやさしくて、面倒見がよくて、
楽しい方です。
自性寺焼にぜひ、おでかけください^^。
Posted by 風子 at 2010年10月16日 22:28
窯焚きが終わりました!
窯詰めから焼き終わりまでの11日間、とても疲れました!(歳のせいですが)
夜通しの静かな闇に包まれて炎との語り合いはとても心地よいです!
夜明け時の小鳥のさえずり始めと共に、急速に明ける頃は空を見上げて深呼吸!
とても気持が良いですね!
 16日の朝の天高く流れていた鱗雲?(風子さんもきっとブログに載せる事だろうと思いつつ)を見上げて、思わず歓喜しました。
何時もは朝寝坊ですが、早起きの爽快感を味わう窯焚きの毎日でした!

Purupuruさんへ、(どなたか判りませんが)
元気ですよ!
お気が向きましたらどうぞ遊びにお出で下さい。
Posted by 696 at 2010年10月18日 00:32
>696さま

先日は見学させて頂き、ありがとうございました。
窯焚き、無事終了されてよかったですね!
先生も皆さんも、たいへんお疲れ様でした。

早起きもなかなか良いものですが、最近は
少しだらけて、日の出時間に間に合わない風子です。

先日、信州で山登り(本格的ではなく)を経験しましたが、
今頃になって筋肉痛!で、いよいよ年を感じております^^。
Posted by 風子風子 at 2010年10月18日 09:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「自性寺焼 秋里窯」の窯焼き見学 ♪
    コメント(4)