群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2017年09月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Information

2010年07月13日

板鼻宿さんぽ ♪

板鼻2丁目あたりを散歩して
碓氷川の堤防に出ようと、、
細い路地に入って長伝寺
方へ歩いていくと、民家の脇に
『荒木寅三郎生誕地』という
石碑がありました。

         
 荒木寅三郎といえば、戦前は碓氷・
 安中の小学校には立身出世した
 代表的人物として、揮毫(きごう/
 毛筆で書かれた言葉)が掲げられて
 いたそうです。  「培根(根を育てる)」→


荒木寅三郎

 慶応2年(1866年)板鼻の医者の家に
 生まれ、東京帝国大学医学部を卒業。
 ドイツに留学し学位を授けられて帰国
 しました。帰国後、京都帝国大学医学
 部教授、京都帝国大学 第7代総長
 (現・京都大学)、学習院 第15代院長
 などを歴任し、枢密院(すうみついん)
 顧問官に任命されました。
 医学の研究は多方面にわたり、代表的なものは志賀潔 発見の
 赤痢菌と異なる2種の菌を発見し、日本の生化学の先駆者と称
 されています。昭和17年1月28日没(75歳)。
                    (参考:安中ふるさと人物辞典)

荒木寅三郎の墓地 (安中市指定史跡)
  安中市板鼻378
 龍的塚(りゅうてきづか)古墳 の上にあります。

 お墓の場所はこちらです。 



同じカテゴリー(■ 安中の人物(ひと))の記事画像
金井忠兵衛旅日記(7) ♪
金井忠兵衛旅日記(6) ♪
金井忠兵衛旅日記(5) ♪
金井忠兵衛旅日記(4) ♪
金井忠兵衛旅日記(3) ♪
金井忠兵衛旅日記(2) ♪
同じカテゴリー(■ 安中の人物(ひと))の記事
 金井忠兵衛旅日記(7) ♪ (2012-06-28 16:15)
 金井忠兵衛旅日記(6) ♪ (2012-06-21 21:12)
 金井忠兵衛旅日記(5) ♪ (2012-06-16 21:01)
 金井忠兵衛旅日記(4) ♪ (2012-06-09 22:25)
 金井忠兵衛旅日記(3) ♪ (2012-06-06 21:51)
 金井忠兵衛旅日記(2) ♪ (2012-06-03 16:23)

この記事へのコメント
荒木寅三郎さん、不勉強で知りませんでした。
昔は、夏になると赤痢の大発生があって、
命を落とした人も多かったようですから、
貴重な研究だったんですね。

先人のおかげで今がある、と感謝する気持ちになります。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎 at 2010年07月14日 07:51
>迷道院高崎さま

荒木寅三郎さんのお墓があるのは知っていたのですが、
古墳の墳丘の上にあることは、はじめて知りました。

地元から優れた学者を輩出していることを
誇りに思います^^。
Posted by 風子 at 2010年07月14日 08:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
板鼻宿さんぽ ♪
    コメント(2)