群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Information

2010年07月08日

板鼻・七不思議伝説 〈2 〉 ♪

◎板鼻・七不思議
(7)お腰かけの石 は・・
伊勢殿跡の北側にあります。

  クリックして
  ご覧ください→




 虫よけスプレーでガードして!「片葉の葦」の右側を
 奥に入るとかなり傷みの進んだ鳥居があります。
 

 振り向くとこんな感じで、蚊がブーンブン・・・icon10


 文字も薄れてしまい読みとれないほど・・・


 石段を上ると、木造の小さな諏訪社があります。


 奥の祠の横に座れそうな石・・・う~ん、ちょっと違う感じ。。。


 社の奥から板花会が手入れをしている花畑が見えます。

伝説では、この諏訪社の由来
「むかし奥州街道の路のそばに『御腰懸の石』と呼ばれた、高貴の
御方のお休みになった大石があったが、通行の馬がその石に驚いて
跳ね上がるため、乗者が落馬するので、これを丘にうつし土を盛り
祠を建てて諏訪明神と称した。」と伝えられているそうです。
                 【参考:中仙道板鼻宿 川島一郎/ 著】
(なるほど、石を探しても見つからないはずでした・・・^^。)

  ◆諏訪社跡



同じカテゴリー(■ 板鼻・史跡さんぽ)の記事画像
皇女和宮のシークレット♪
きょうの散歩は「板鼻七不思議」 ♪
かねつ橋の供養塔はどこ?
板鼻の“道の神さま” ♪
和宮は替え玉(説)?
思えば☆叶う ♪
同じカテゴリー(■ 板鼻・史跡さんぽ)の記事
 皇女和宮のシークレット♪ (2012-03-05 13:13)
 きょうの散歩は「板鼻七不思議」 ♪ (2011-09-26 21:01)
 かねつ橋の供養塔はどこ? (2011-09-11 22:41)
 板鼻の“道の神さま” ♪ (2010-12-01 16:56)
 和宮は替え玉(説)? (2010-11-07 21:30)
 思えば☆叶う ♪ (2010-09-11 22:37)

この記事へのコメント
ほほー、お腰かけの石。
高貴の方しか、腰かけられないんですね?

馬が驚いたというので思い出しました。
高崎には「和田三石」というのがあって、そのひとつに、源頼朝の馬が化け物と間違えて驚いたという石があります。
http://inkyo.gunmablog.net/e28840.html

馬って、けっこう繊細な神経なんですかね?
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎 at 2010年07月09日 21:30
>迷道院高崎さま

あちこちに「○○の石」というのはあるみたいですが、
伝説って、共通してるところがあって、おもしろいです。
石碑や○○石や・・石が係わる文化が多く残っていますね^^。
Posted by 風子 at 2010年07月09日 22:14
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
板鼻・七不思議伝説 〈2 〉 ♪
    コメント(2)