群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2019年07月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Information

2010年03月07日

龍馬をめぐる女性 (1) ♪


幕末の志士・坂本龍馬と恋仲だったとされる千葉佐那
描いたとされる錦絵が京都国立博物館で発見されたそうです。(2010年2月)

NHK大河ドラマ「龍馬伝」では貫地谷しほりが演じていますが
千葉佐那は千葉周作の弟の娘で小太刀に優れ、10代の頃には
早くも皆伝の腕前に達していたとか・・・。

美貌で知られ「千葉の鬼小町」と呼ばれたと伝えられています。
龍馬が江戸桶屋町の千葉道場に3年間剣の修行に来ていたとき
知り合い、婚約したとも結婚したともいわれています。

その後、龍馬はおりょうと知り合い結婚しました。
佐那は龍馬の許婚だったと自ら言い、生涯独身を貫いたそうです。
維新後は学習院女子部の舎監として奉職した後、足立区千住で
針灸を生業として暮らしていました。

死後、身寄りがなく無縁仏になるところ、灸の患者であった
山梨県の民権運動家として知られる小田切謙明夫妻と懇意になり、
豊次夫人の好意により無縁になる谷中の墓地より分骨し、
小田切家の菩提寺である甲府市の清運寺に墓を建てました。

墓石には「坂本龍馬室」と彫られているそうで・・・
龍馬を思い続けたさな子の気持ちを察した豊次夫人の思いやりが
感じられます。
さな子の墓は今でこそ坂本龍馬ファンがたくさん訪れますが、以前は
剣道など剣術の修行をしている方がさな子の強さにあやかりたいと
必勝祈願に来られることが多かったそうです。(参考:清雲寺HP

佐那の命日(明治29年10月15日没)を偲んで墓前に赴き供養を
行い、龍馬と佐那について語り合うという趣旨のもと「桔梗忌」
発足したのだそうです。

坂本家の家紋が「違い枡に桔梗」であり、その紋の付いた着物の
小袖を婚約の証として、終生大事にしていた千葉佐那の想いを
考慮して「桔梗忌」と命名したそうです。
(一般的には 千葉さな子 と表記される)
 
 ※もう一人の龍馬をめぐる女性 平井加尾 はこちら
 ※この記事は以前「安中PC塾ブログ」に掲載したものを移動、
  加筆したものです。



同じカテゴリー(つぶやき)の記事画像
雪の浅間山♪
大草原からきた怪物くん ♪
ドラマ「ごちそうさん」の “いけず” ♪
尾瀬の白い虹 ♪
まめぶ とケバブ ♪
プロデューサー巻き ♪
同じカテゴリー(つぶやき)の記事
 雪の浅間山♪ (2015-12-18 14:59)
 大草原からきた怪物くん ♪ (2014-10-05 16:39)
 ドラマ「ごちそうさん」の “いけず” ♪ (2013-11-15 19:18)
 尾瀬の白い虹 ♪ (2013-08-06 14:56)
 まめぶ とケバブ ♪ (2013-07-31 14:33)
 プロデューサー巻き ♪ (2013-07-05 10:25)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
龍馬をめぐる女性 (1) ♪
    コメント(0)