群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2017年08>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Information

2017年08月25日

今朝の雲♪


 5:03
  
タグ :朝焼け


Posted by 風子 at 10:09Comments(0)パノラマ生活

2017年08月23日

続・安中は井伊家ゆかりの地 北野寺と威徳神社♪

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」で注目される井伊一族。
安中市も井伊家ゆかりの地です。

井伊直政(幼名 虎松)は、直虎が後見人をつとめて育て、後に徳川四天王の一人として活躍し、上野国箕輪城主(12万石)となりました。

井伊直政の子は二人いました。長男は正室の子であり、後に初代安中藩主となった直継(後の直勝)。次男は後に彦根2代藩主となった弁之助(後の直孝)で、異母兄の直継と同じ天正18年(1590)に駿河で生まれました。


 △北野寺の山門 山門額は「威徳山」
   

 △北野寺本堂と薬師堂

真言宗豊山派 威徳山 吉祥院 北野寺は永和元年(1375)慶秀僧正の開山と伝えられています。

正室の東梅院に配慮して、弁之助は文禄3年(1594)中後閑村の庄屋・萩原図書(ずしょ)を養育係とし、学問を北野寺の僧正 恵算が教えることになり、北野寺に預けられました。萩原図書は元は武家で、優れた人物であったようです。
 

 △薬師堂

萩原図書の屋敷から北野寺までは距離があったので、弁之助は寺内の薬師堂に住んでいたと伝えられ、北野寺には弁之助が使用していたとされる硯箱があります。

弁之助は学問の合い間に戦ごっこをしたり、百姓の飼い馬を乗り回して乗り捨て、百姓を困らせたと伝えられています。

弁之助は後に井伊直孝として彦根2代目藩主となり、北野寺には藩主からの70点以上の書状(市指定重要文化財)が遺されています。


 △扁額の「瑠璃光」とは、「薬師瑠璃光如来」のこと。

薬師堂は 安永8年(1779)焼失。その後、天保元年(1830)井伊直中(11代)により再建されたとのことです。

「雨漏り、害獣被害、経年劣化により薬師堂の屋根に穴が開いてしまったので修繕が必要で、屋根は本堂のように銅板にしたいので寄進をお願いいたします。」という内容の手書きのお知らせが貼ってありました。


△威徳神社

檜と杉の大木に囲まれた北野寺に隣接する威徳神社です。
井伊直孝が寛永3年(1626)に造営しました。



直孝が立身出世の大願をかけ、杉と檜を社殿の前の両脇に植え、御神木とされました。また、大坂の陣の際、祈願してから出陣し田柄を立てたので「出身天神」といわれています。


振り返ると、弁之助が暮らした頃と変わらないひなびた風景がありました。

 ※ 前記事「安中は井伊家ゆかりの地」はこちら

≪参考≫
・広報あんなか 「学習の森だより №135」
・学習の森ふるさと学習館第17回企画展『井伊家と安中』冊子

◆北野寺   安中市下後閑1,249

  


Posted by 風子 at 11:15Comments(4)■ 文化遺産めぐり

2017年08月07日

草津温泉の小さな公園♪


 「大滝の湯」の入り口向かい側の坂道を上ると


 木立に囲まれた小さな公園に出ます。
 コンウォール・リー女史の寄付により造られた頌徳公園です。
 

 どこかで見たことのある胸像は
 ハンセン病患者の治療にあたったコンウォール・リー女史。
 コンウォール・リー(Wikipedia)


 草津温泉バスターミナルの入り口に掲げられているパネル。
 写真の方がやさしい感じです。


 コンウォール・リー女史顕彰碑の解説文。
 1857年 英国カンタベリーの貴族の一人娘として生まれました。


 少し歩くと・・・


 頌徳公園正面入口に出ます。        photo 2016/9/31

気軽に出かけられる草津温泉。
温泉街の散策も魅力のひとつですが、ふらりと立ち寄った公園で、もうひとつの草津温泉に出合いました。

  草津温泉とハンセン病
草津温泉は古来より湯治湯として知られていましたが、ハンセン病患者が多く集まってきたのは明治時代に入ってからと言われています。ハンセン病患者が多く草津に集まったため、ハンセン病患者の地域がもうけられました。この湯之澤部落は、当時の草津町の行政区の一つとして認められていました。また従来の湯畑を中心とする地域が上町、湯之澤部落は下町と呼ばれていました。境はありましたが往来は比較的自由だったようです。しかし「癩(らい)予防法」の制定や「無らい県運動」の高まりもあり、昭和17年に湯之澤部落は解散し、地域住民の多くは栗生楽泉園内の自由地区(下地区)に移転することとなりました。下地区では有資産患者向けの建て売り住宅や自己資金での住宅建設がなされ、湯之澤から小学校や教会も移築されました。

草津でハンセン病患者に対する救済活動においてもっとも有名なのがコンウォール・リー女史による聖バルナバ・ミッションです。大正5年よりリー女史は、湯之澤部落での活動を開始し、私財や寄付金により生活困窮者の救済にあたりました。聖バルナバ・ミッションは昭和16年まで継続されました。
(国立療養所栗生楽泉園ホームページより)

 ◆頌徳公園

  


Posted by 風子 at 15:55Comments(2)*おすすめスポット