群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2016年10>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Information

2016年10月23日

草津温泉駅跡を探して♪


 草津温泉街をぶらぶら歩き。。。  9/31
 行く先々に足湯があり、バスターミナル前にもありました。


   △草津温泉バスターミナル

ガイドマップに「草津温泉駅」とあったので鉄道の駅かと思いましたが、バスターミナルのことでした。



バスホームにはJRバス関東・草軽交通・西武高原バスなどが整列。


 1階には待合所・売店・食堂・観光案内所などがあり



草軽電気鉄道の「デキ12型」機関車が展示されていました。
カブトムシの愛称で親しまれたそうですが、なんとも可愛い模型です。大正4年(1915)から昭和37年(1962)までの47年間、草津温泉と軽井沢間の55.5kmを走り続けた草軽電鉄。走っているのを見たかったです。 


観光案内所で「草津温泉駅」のことをたずねると、駅跡の場所を教えてくれました。


リゾートマンションの建ちならぶ風景の中に小さな公園があり・・・


 公園の片隅に「草津温泉駅跡」の石碑がありました。よーく見ると、石碑の足元にはレールがあります。


  △石碑の裏面


   草津温泉驛は 長野懸輕井澤町と 群馬懸
   草津町を結ぶ草輕電氣鐵道 55粁241
   米の 群馬縣側始發驛として 大正15年
   9月18日に開業し 發展途上にある草津
   温泉の表玄関として多数の 浴客や地域住
   民の乗降を主体とし 硫黄薪炭等地元生産
   物の發送と 各種建築資材食料など 生活
   必需品の到着した懐しい驛でもあったが
   交通事情の変革により 昭和37年1月3
   1日同電鐵の廢線のため 37年間の営業
   を閉じた   
         昭和58年11月吉日

      草輕交通社友會 草津町有志 建立

 ▽浅間台公園

  


Posted by 風子 at 16:30Comments(2)*おすすめスポット