群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2015年12>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Information

2015年12月07日

碓氷関所跡と史料館♪


「乍恐(おそれながら)会」の研修で、鉄道文化むらに沿ってアプト
の道
碓氷関所跡へと向かいました。    12/2


 △碓氷関所跡
 
  碓氷関所は、元和9年(1623)江戸幕府により横川の地に移設
 され、参勤交代制の確立後は東海道・箱根の関所と並び、中山道
 の最重要地点として、関所手形てを提出させて「入り鉄砲と出女
 を厳しく取り締まりました。
  
遠足マラソンでは、華やかな仮装ランナーがこの石段を駆け上
 り、門を通過して行きます。


         ガイドをして下さった△中島徳造さんは、
         五料茶屋本陣・お東のご当主です。
         安中市議会議員をされていました。
         

 △東門(安中藩管理)があった場所
 東西の門の間は52間2尺(約94.54m)あり、下図
 (碓氷御関所絵図)のような構えになっていました。


 ○印のあたりが西門(徳川幕府直轄)があった場所
 廃関のとき、西門がどう処分されたかは不明です。


                             (2015/12/7撮影)
   江戸時代 諸国には54カ所の関所があり、中山道には上野国
 碓氷、信濃国福島、信濃国贄川の3カ所に設置されていましたが、
 1869年(明治2)、明治政府により全国の関所はすべて廃止されま
 した。
  取り壊されそうになった東門は後閑家の尽力により形を残すこと
 ができ、市内のあるお宅の蔵に7年間保存されていたそうです。
  門柱上部には解体のとき燃やされそうになったのか、焼け焦げた
 跡が見られます。



 △関所に向かう往還の左右には8軒づつ
 百姓屋敷があったことが、江戸時代初期の
 絵図(交通博物館蔵)に記されています。


 △○印の右が当時のままの石垣↓
                   碓氷御関所絵図(小野直文書による)
                            ▽の○印のあたり

△松井田町教育委員会の案内板  △碓氷御関所絵図を見ると、
                        中央に石段がありました。


 △史料館
  碓氷関所の同心を務めた後閑周之助が遺した関所手形などの
 文書類、関札(大名などが泊まったとき外に掲げられた札)、同心
 の着衣、絵図面などが数多く展示されています。

 【開館機関】 春季:4・5月、秋期:10・11月
 【開館曜日】 毎週土・日曜日・祭日のみ
 【開館時間】 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)  
  ※無料 ※問い合わせは「安中市学習の森」TEL 027-382-7622



  ゛碓氷関所の文書は完璧に遺されている″というお話を伺い、
 沢山いただいた資料をひもときながら、ふと気になって安中市
 の文化財リストを調べてみましたが、なぜか後閑家文書はリス
 トにありません!?
  現在、古文書教室で萬延二年の「勤番日記」(後閑家所蔵)
 を解読していますが、度々登場する後閑周之助という名前に、
 親しみを感じています。


 △関所史料が保管されていた後閑家の蔵

 後閑家、碓氷関所の資料研究をされている佐藤義一先生、
 古文書の手ほどきをして下さる淡路博和先生、熱く解説してい
 ただいた中島徳造さんに深謝いたします。
 
《参考書籍》
 『安中市の文化財』 『松井田町の文化財』『松井田町誌』
 『碓氷関所事歴』 『ふるさとの至宝(安中市の文化財)』他

◆碓氷関所跡(群馬県指定史跡)
  安中市松井田町横川乙573   


Posted by 風子 at 21:33Comments(2)体験・見学