群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2015年03>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Information

2015年03月14日

高崎市/上里見町の多胡神社と多胡碑 ♪

 上野三碑のひとつ多胡碑に刻まれた「羊」という文字から、「羊太
夫」という名が語られて各地に残る伝説となり、安中市中野谷の
神社
探しにつながりました。
 もうひとつの多胡碑があるという上里見町(東間野)の多胡神社は地図にはあるのですが、はっきりとした場所がわかりませんでした。何年も気にかかっていたことが今年になってようやくわかったの
は、羊神社に参拝したご利益だったのかも。。。       3/13


 130号を倉渕方面に向かい、安中榛名駅に向かう48号の合流点を
 通過。坂を上りきって122号との合流点の少し先の


 △左側に自販機があり、はす向かいに多胡神社参道入り口が
  ありました。(神社名の標示はありません)
  以前、何年もの間、月に数回 この道路を通っていました^^。


 ビニールハウスの先にあるこの自販機が目印。


 △多胡神社参道入り口


 石段を30段ほど上ると、奥に小さな社殿が見えます。


  △多胡神社                         △多胡碑
  

 中を覗くとこんな感じ。どこを探しても扁額や神社名は
 見当たりませんが、境内に多胡碑があるので間違い
 なさそうです^^。


 △多胡碑 (拡大します)

  人王四十三代帝元明天皇御宇賜之
  弁官苻上野国片岡郡緑野郡
  甘良郡并三郡三百庄郡成給
  羊成多胡和銅七年三月九日
 多胡宮霊羊宗勝神儀位
  甲寅宣左中弁正五位下
  多治比真人
  大政官二品穂積親王左中弁
  正二位石上尊右大臣正二位藤原□心
                     光耀欽言
 
   ※三百庄・・・三百戸    ※多胡・・・多胡郡
   ※和銅七年・・・和銅四年 ※左中弁・・・左太臣
   ※光耀・・・光耀山常福寺

    歴史講座 
    『榛名にもあった多胡碑』  松田 猛 氏のテキストより


 参拝を終えて戻る途中の左右に石碑があり、周囲に福寿草が
 植えられていました。


 △双体道祖神 「文化四年(1807年) 十二月・・・」
 

 △庚申塔
 左は「文政九 丙戌(1826年) 四月吉日」、中央は「萬延元 庚申
 年(1860年)十有一月日」と刻まれています。

 安中市中野谷の羊神社に置かれていた『羊神社 御由緒』に、
当社は多胡新田とも呼ばれる群馬県安中市中野谷宇久保に鎮座し、創建の由来は上野國多胡郡の多胡一族が上里見村真野(多胡神社鎮座)に落ち延び、その後延宝年間に下秋間字日向(堂宇鎮座)と当地へと移住すると共に、多胡新田を開発し、祖神とする多胡羊太夫藤原宗勝公を祀り、享和2年(1802)正式に多胡羊霊を祀った。
 また縁記に『多胡羊太夫由来記』などが伝えられ、それに依れば、羊太夫宗勝は脇羽の生えた若者と権田栗毛という名馬を持ち、一日で都を行き来し参勤し、功により藤原姓も賜ったが、官軍に攻められ、最期は金色の蝶となり飛び去ったという。
 また羊太夫は秩父で和銅を発見し、その功により多胡郡を賜り、記念に「多胡碑」を建てたとされ、境内にはその碑文の「多胡宮羊太夫宗勝神像位」碑がある。

 とあり、武蔵国秩父地方での渡来人の採銅・製銅技術が、羊太夫
と深く結びついて語られていることにも心惹かれます。

◆多胡神社

  


Posted by 風子 at 16:30Comments(8)■ 伝説 めぐり