群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2013年09>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Information

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2013年09月30日

鼻高「希望の丘」の風景 ♪


 メダカを見学したり、冷凍ブルーベリーを買いに行った
 ことがある「観光農園 希望の丘」      9/28


 展望休憩室に入ると、奥にはずらりとピーナッツ坊や?


 おやっ!ここにミニ機関車はなかったはずですが・・・
 

 去年から置かれている「きぼう号」という名のストーブicon12
 とっても温まるそうです。


 窓際でブルーベリーソフトを食べながら眺めると


 すてきな風景が広がっていて、草の上を歩きたくなり。。。


 黒い影に呼び寄せられて近づくと


 表情がちょっと怖いicon10百獣の王もいました^^。

 ◆観光農園 希望の丘
  http://www.kibou-no-oka.com/   


Posted by 風子 at 21:21Comments(2)*おすすめスポット

2013年09月28日

鼻高展望花の丘「コスモス祭り」2013 ♪


 こんな感じのコスモスを見たくなって
 鼻高展望花の丘に行ってみました。。。


 早咲きのコスモスはは台風に傷めつけられて
 ちょっと残念な姿ですが


 清々しい青空と山々を望む丘では
 

 色鮮やかなラベンダーセージや


 やさし気なトロロアオイ♪


 とっても元気な色とりどりの千日紅icon12


 メランポジュウムなどが迎えてくれます。


 これから咲くコスモスもたくさんあり、10月半ばが
 見頃
だそうです。



 売店でなたね油を使ったヘルシーコロッケを買って、ベンチで
 いただくのも楽しい・・・^^。
 
◆鼻高花の丘コスモス祭り2013
http://japan-attractions.jp/ja/festivals/cosmos-festival-2013-in-hanadaka/  


Posted by 風子 at 20:22Comments(2)* 花の名所

2013年09月23日

安中市民合唱団 45周年記念演奏会 ♪

安中市民合唱団の45周年記念演奏会へのお誘いを
いただき、ひさびさのコンサートに出かけました。  9/22


 △安中市文化センターホール満員icon12の観客動員です。


 △ホール入口では団員の方達が並んでお出迎え・・・
 

 第1部は懐かしいホームソングメドレーではじまりました。


 「コール・バウム」の方達も加わって、童謡唱歌の男声合唱。
 初めて聴く楽曲も魅力的でした。
  
 
 第2部では、合唱団を指導されている米田知子さんのソプラノ独唱
 (ピアノは米田淳子さん)や
   
  
  曲解説のトークも楽しい、「コール・バウム」の指揮者
  小林潤一さんのバス独唱も聴けました。


 最初は「磯部混声合唱団」として発足し、45年間も続いている希有
 な合唱団。現在は26名の方が、毎週金曜日19時30から文化セン
 ター2階の視聴覚室で練習を重ねているそうですが、ざっと数えて
 二十数曲も、一体どうしたら覚えられるのでしょうかicon10
    

 ▲クリックで拡大します 
 鳴り響く大きな拍手に、アンコールは2曲演奏されました。
 最初の混声合唱曲「落葉松」は、よく歌いこんである感じで素敵icon12
 2曲目の「見上げてごらん夜の星を」は、かつてNHKの音楽番組
 『夢で逢いましょう』でよく聴いた懐かしい曲です。
 そして最後に「見上げてごらん・・・」を聴衆も一緒に歌い、ホールは
 あたたかい歌声で満たされました。


 △ロビーでも団員の方達の歌声に送られる “お・も・て・な・し”

 人声の力強さと団員の皆さんの優しいハートが曲の持つ力と重
 なって、素敵なハーモニーに包まれる心地よいひとときを味わう
 ことができました^^。

 ☆☆☆ 合唱団員募集中!☆☆☆
  問合せ:027-385-7368
        小山明勇さんまで
  


Posted by 風子 at 22:55Comments(2)*祭・イベント

2013年09月21日

ゆるきゃらグランプリ2013は「ぐんまちゃん」に… ♪

9月17日からゆるキャラグランプリ2013の投票が始まりました。
群馬県のマスコット「ぐんまちゃん
昨年は3位でしたが、今年は1位icon12
目指して、パソコン、スマートフォン、携帯電話から投票しましょう。
投票は11月8日まで・・・☆☆☆


  ←をクリックして
   投票しよう!

   (バナー使用
    許諾済)
 


 ゆるキャラで思い出したのが
  ペリリン&オグリン
  東善寺のホームページで見た 
  2005年に制定された「よこすか開国
  祭」のイメージキャラクターです。
  日本を開国に導いたペリー提督と、
  横須賀の発展に貢献した小栗上野介  
  がモデルです。
  小栗上野介の直系の子孫にあたる漫画家小栗かずまたさんが、この可愛いキャラクターをデザインしたそうです^^。 (画像はネットからお借りしました)  


Posted by 風子 at 20:33Comments(2)日記

2013年09月19日

小栗上野介 終焉の地

 烏川原にあるという「小栗上野介慰霊碑」の場所はどこなの
 だろうと長い間気になっていましたが、倉渕支所に用事ができ
 たので、国道406号を三ノ倉方面に向かうと。。。   8/12


 倉渕郵便局前の信号。相間川温泉の看板の下に案内があった
 なんてicon10知らなかった。
 

 相間川温泉に行くとき何回も通っていた道路から見えているでは
 ありませんか!


 道路から少し入ると、狭いながらも駐車スペースが
 あり、少し歩きます。


 △「小栗上野介忠順 終焉の地」の案内板
小栗上野介忠順(ただまさ)は幕末の遣米使節の一員
であり、帰国後は勘定奉行、横須賀造船所の設立など
日本の近代化のために貢献しました。
鳥羽伏見の敗戦後、主戦論を唱えて敗れ、上州権田村
(高崎市倉渕町)の領地に隠棲しましたが、“反逆の企て”
があると疑われ、慶応4年(1868)4月5日、上野介と家臣
3人は官軍に捕縛され、何の取り調べもなく水沼河原にお
いて斬首されました。


 △顕彰慰霊碑
 「偉人小栗上野介
 罪なくして此処に斬らる」
 昭和7年、地元の有志の方により建てられました。

   


Posted by 風子 at 15:03Comments(4)*おすすめスポット

2013年09月17日

きょうの雲 ♪


 台風の雨風に洗われた空。。。西を見ても


 東を見ても…整列しているような雲。   17:54  
タグ :


Posted by 風子 at 19:07Comments(2)パノラマ生活

2013年09月14日

富士山周遊バスツアー/北口本宮冨士浅間神社 ♪

富士山周遊バスツアーで最後に立寄ったのは、忍野八海から
バスで10分程、6月に富士山世界遺産構成資産として登録され
北口本宮冨士浅間(せんげん)神社でした。  8/28


 大ヒノキが立ち並ぶ参道には、江戸時代半ばに江戸とその周辺
 農村の富士講の人達によって奉納されたと思われる石燈籠が並び


 中には「江戸村・・・二文字益衛」と彫られたものも。
 

 △大スギ(樹齢1,000年、樹高30m、幹まわり8.2m) 
 かつては遠くから眺めるだけであった富士山でしたが、
 その神域を守るような堂々とした大木。


 △拝殿 
 いにしえより富士山信仰と関わり深い由緒ある神社です。


 古代から信仰の対象とされてきた富士山の噴火を鎮めるために、
 平安前期に祀られたという浅間神社の広々とした境内。。。


 △冨士登山道吉田口 
 鳥居の額は「冨士山」と彫られていて、ここから多くの人が祈り
 つつ登ったのでしょう。
 

 △大神輿 
 「奉祝 天皇陛下御即位20年御影神輿奉製」と書かれた案内板が
  あります。

 
 △諏訪神社

慌ただしいバス旅でしたが、最後に信仰の山である冨士山と縁深
い神社で大木のパワーをいただき、素敵なしめくくりとなりました^^。

 ◆北口本宮冨士浅間神社
  http://sengenjinja.jp/    


Posted by 風子 at 20:07Comments(2)ミニ旅行

2013年09月12日

今朝の雲 ♪


                               5:37        
タグ :


Posted by 風子 at 06:44Comments(0)パノラマ生活

2013年09月10日

富士山周遊バスツアー / 忍野八海 ♪

富士山周遊バスツアーで訪れた忍野八海は、富士山の雪解け
水が地下の溶岩の間で約20年の歳月をかけてろ過され、湧水と
なって8か所の湧水池をつくったものです。     8/28


 山梨県東南部、富士山の麓にある人口9,200人ほどの
 忍野村は、標高963メートルの高原の村です。

 ひなびた村風景の中の神秘的な湧水池
 というイメージを抱いていましたが、 
 世界各地からの観光客があふれていて
 まるで“忍野銀座”icon10
 

 △湧池 
 八海のうち最も湧水量が多く毎秒2.2トン。水深4m。
 1年を通して水温約12度の清澄な水が湧き出しています。

 △一番大きな池は人工的に造られたようです。 
 ここは富士山のビューポイントですが、雲がかかっていて…
 残念、忍野富士は見られませんでした。
 

 江戸期代、一般の登山者は池で水垢離(みずごり)
 をして身を清めてから、富士山に登りました。
  

 水車小屋をのぞくと、そば打ちの様子を見られます^^。


 「30秒間手を入れてみて…」と書かれています。
 冷たいので長く入れているのは無理。。。


 脇道で見つけた お気に入り風景icon12
   

 時間の都合で全部の池は見られませんでしたが


 富士山の恵み 豊かな湧水を巡ることができました。 

◆Fujigoko.TV
 http://www.fujigoko.tv/viwp/hakkai/
  


Posted by 風子 at 05:37Comments(4)ミニ旅行

2013年09月09日

今朝の雲 ♪


 2020年東京オリンピックが決まって            5:45


 さわやかな空 秋らしい雲。。。             5:49  
タグ :


Posted by 風子 at 07:53Comments(0)パノラマ生活

2013年09月08日

夕焼け ♪


 雨雲と湿気にうんざりしていましたが         18:12


 浅間山も一瞬の輝き。。。              18:14  
タグ :夕焼け


Posted by 風子 at 19:18Comments(0)パノラマ生活

2013年09月05日

富士山周遊バスツアー / 柿田川湧水 ♪

 富士山周遊バスツアーで、富士山から約400km南方、静岡県
 清水町の柿田川湧水を訪れました。   8/28


 田園風景の静かな川を想像していましたが、湧水は交通量の多い
 国道1号線の隣の公園内にあり、ビックリicon10です。


 富士山の伏流水が、1日約100万トンicon12数十ヶ所の
 湧水口からこんこんと湧き出ているそうです。   


 展望台は2ヶ所ありますが、ツアー客でにぎわって…
   

 △豊かな水が湧き出る「わき間」
 水温は季節を問わず15℃前後、流量は年間を通してほぼ一定。
   

 かつては豊富な湧水を求めて進出した工場排水により水質が悪化
 し、魚も住めない状態だったそうですが、地元有志によるナショナル
 トラスト運動や工場の移転運動、清掃活動が行われ、カワセミが生
 息し、ミシマバイカモ(水中植物)が自生する清流になりました。全
 長約1.2kmですが長良川・四万十川とともに日本三大清流に数え
 られ、名水百選に選ばれています。(Wikipedia)
 ☆ナショナルトラスト運動  
  開発による環境破壊から自然を守るため、市民活動による寄附
  で買い取り、保全することで次世代に残していくことを目的とした
  市民運動。



 柿田川公園は大木が多く、涼しい木陰に癒されます^^。
 

 柿田川公園の東側のドライブインには名水を使った
 蕎麦や豆腐、おみやげ店などがあり


 製紙業を営んでいた時代の築80年以上の蔵や建物が残されて
 います。

 ≫忍野八海はこちら 

 ◆柿田川公園 (清水町ホームページ)
    


Posted by 風子 at 16:16Comments(2)ミニ旅行

2013年09月03日

富士山周遊バスツアー / 白糸の滝 ♪

富士五湖を巡ったあとで、富士山周辺のパワースポットのひとつと
いわれる富士宮市にある白糸の滝に向かいました。 8/28


 △「白糸の滝」入口
 駐車場も土産物店が並ぶ通りも観光客であふれています。  
 

 △音止めの滝 
 その昔、蘇我兄弟が父の仇 工藤祐経を討つ相談をした折、滝の音
 で声が打ち消されて困り、しばし念じたところ不思議にも滝の轟音
 がピタリと止んだという伝承があるそうです。
 白糸の滝と隣接した芝川にあり、高さ25mの勇壮な滝icon12


 夏の果物が豊富で・・・気になります^^。


 遠くに白糸の滝が見えて
 

 懐かしさを感じる夏の風景。。。
 

 土産物のお店をゆっくり見る時間が・・・ありませんicon10
 

 △白糸の滝(国の名勝・天然記念物・日本の滝百選)

 富士山の雪解け水が長い年月をかけて伏流水となり、溶岩層から
 湧き出している白糸の滝の上には川がないそうです。
 滝幅は200mで日本最大。落差20m。水温:夏は12℃ 冬は11℃。
 無数の滝が並び、水量は毎秒1.5トン。絹糸を垂らしたように流れる
 様子から「白糸の滝」と呼ばれていますが、全国には何十箇所も同
 じ白糸の滝という名前の滝があるようです。
 世界文化遺産に向けて環境整備のための工事中で、来年には滝
 つぼまで行くことができるそうです。紅葉の頃にも訪れてみたい…。

  ≫鳴沢氷穴はこちら
  ≫柿田川湧水はこちら
  


Posted by 風子 at 16:55Comments(2)ミニ旅行

2013年09月01日

富士山周遊バスツアー/ 鳴沢氷穴 ♪

 世界文化遺産に登録された富士山のすそ野をぐるりと1周する
 バスツアーで訪れた鳴沢氷穴。    8/28



 青木ヶ原樹海の東の入口に位置し、1100年
 以上前、富士山の噴火による溶岩流が冷え
 て固まりはじめた頃、内部から熱いガスが
 吹き出した後に残った空洞が鳴沢氷穴です。


 内部の平均気温は3℃。氷穴探検には上着が必要。


  △貯蔵庫跡

 昔このあたりは歩くのも困難な原始林でしたが、江戸時代中期から
 天然氷の採取・貯蔵が行われていたようです。
 明治末から昭和12年頃までの30年間は蚕種や種子の貯蔵に利
 用され、大正年間には天然氷の採取・販売も行われました。
 昭和4年に国の天然記念物に指定され、大正初期から見学できる
 ようになりましたが、初期は照明設備がなく灯りはローソクでした。
 戦後、貯蔵庫跡は進駐軍のダンスホールとして利用されたことも
 ありました。(案内板より)



 江戸時代、氷は貴重品だったのですね^^。 


 溶岩トンネル内はかなり低い姿勢で前進しないと、
 天井にぶつかってしまいます。


 薄着のまま入洞した人の「寒い…」という声が聴こえてきます。
 氷の貯蔵庫を再現したブロック状に積み上げた氷の壁は、外の暑
 さを忘れさせてくれました。


 環状トンネルなので10分ほどで一回り。。。
 帰路は急な階段icon10です。

   ≫白糸の滝はこちら

 ◆富岳風穴・鳴沢氷穴
  http://www.mtfuji-cave.com/  


Posted by 風子 at 17:05Comments(4)ミニ旅行