群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2013年07>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Information

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2013年07月16日

富岡 まち歩き(続) ♪


 宮元町にはお富ちゃん家(ち)もあります。    7/4


 イメージキャラクターのお富ちゃん人形に誘われて覗いてみると、
 豊富な物産品やレンタサイクルicon12 が並んでいました。


   「上州とみおかてくてくマップ」によると、富岡は江戸時代
   初期に幕府の直轄地として新しくできた町で、その時陣屋
   予定地だったのが、今の富岡製糸場の場所なのだとか。 


 △富岡製糸場 
 製糸場には多くの見物客がいますが、この日はまち歩きが目的
 なので、以前の様子を思い出しながら通過。。。


 「○○町まちなか交流館」という休憩所が点在していて
 

 “絵手紙で街めぐり”の素敵な絵手紙も見られます。
  

 新築や改装されたらしいお店もありますが
   

 路地めぐりで昭和を感じる風景に出会えるのが嬉しい。
 

 蔵の壁に文字が描かれ、バラが植えられたお庭があります。
 ブリューナのバラという文字に惹かれて思わず入ってみると、
 「1872年富岡製糸場設立の為、来日した仏蘭西人一行から
  贈られた、日仏友好のバラです。」と書かれ、片隅には
  たしかに幹が太いバラの木がありました。  
 
   
 奥は古い民家を改装したらしいおしゃれな写真スタジオで、遠来
 の観光客に挿し木で増やしたバラを差し上げているそうです。
 おもてなしの心を感じて、ほっこりしました^^。
 
  富岡 まち歩きはこちらにも

 ◆とみおか浪漫紀行
   http://www.city.tomioka.lg.jp/tourism/   


Posted by 風子 at 19:39Comments(2)*街あるき