群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2013年06>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
Information

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2013年06月30日

幕府御用材伐出しの日記(2)♪

古文書教室で
「川浦山御材木御伐出御用中日記」の解読が続いています。

幕府がこの大事業を請け負わせたのは、吾妻郡大戸村の加部
安左衛門
と勢多郡水沼村の星野七郎右衛門でした。
その星野七郎右衛門関連の古文書などが展示されているという、
桐生市黒保根町の「歴史民俗資料館」へ出かけました。 
黒保根地区の人々に受け継がれてきた歴史資料1万5000点、民
俗資料3000点を所蔵しているそうです。           6/18


 △歴史民俗資料館入口
 わたらせ渓谷鐡道水沼駅からは車で5分ほどです。
   
  
  到着したときは門扉が閉まっていましたが、隣の建物の
  2階の公民館でお願いすると、係の方が建物内に入れて
  くれます。土日は常駐しているそうです。

 
  △2階の歴史資料室(撮影許可をいただきました)
   1階の展示室には、村で使われていた懐かしい農具などが
   展示されています。

  
  △足尾通見取絵図(国立博物館蔵)の一部
  斜めの道筋は黒保根村内を通る銅(あかがね)街道 
  (銅街道は江戸時代後期、足尾銅山で採掘された銅を
   利根川水系まで運ぶために開通した街道)
    

 △「御用材伐出の申渡書」「御林見分の申渡書」「加部・星野の
  身上書」、お触書き、木数や職人に関する金銭の出入帳など、
  幕府御用材伐出しの細部にわたる文書が残されています。

  巨額の費用が必要な大事業のため、幕府は事業開始前に加部
  安と星野の身元財産調査を行いました。資産・家族・使用人・
  人格などについて記載されています。そのとき加部安は69歳、
  星野は44歳、加部安は老齢のため息子啓助が、星野は金輔が
  補佐しました。

 星野七郎右衛門(9代七郎右衛門朋寛:1791年~1856年)は
 水沼村(後の勢多郡黒保根村、現桐生市黒保根町)の名主で
 あった。天保期(1830年~1843年)には上野国(現群馬県)一国
 を代表する豪農であり、51町6反(154,800坪)の土地、持高にし
 て300石余を有していた。以降代々が、郡中取締役や足尾銅山吹
 所世話役などの役儀と苗字帯刀の特権を受け継いだ。(Wikipedia) 
 
 
  
  △川浦山の御会所に掲げられていた日の丸の旗印

  ≫≫幕府御用材伐出しの日記(1)はこちら
 
黒保根歴史民俗資料館 
 桐生市黒保根町水沼175 
 0277-96-3125 
 ・午前10時~午後4時  ・月曜休館  ・入館料100円
   


Posted by 風子 at 23:04Comments(2)■古文書講座