群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2013年04>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Information

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2013年04月04日

第2回 安中市石仏めぐり(続) ♪

水境の白山神社跡からバスで東野殿公会堂に向かいました。3/24

 △白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ) 
  3月17日に春祭では太々神楽が奉納されたそうです。
  場所がわからなかったので行けなかった神社に遭遇icon12
  

 △三猿庚申塔(江戸時代中期頃のもの)
  天孫降臨の道案内をした猿田彦の猿と申が結びつき、
  信仰の対象として、また封建道徳の戒めとして、三猿
  の像が刻まれたようです。参考:『岩野谷の石造文化財』
 

 東野殿の広々とした畑地の農道を歩くと。。。


 かつては辻にあったと思われる道祖神や大国主命などの石造物が
 集められていたり


 △如意輪観音像 (北野殿西・二夜堂 慶応2年)    ☆拡大します   
  線彫がくっきりと美しい観音様に出会えたりします。
  

 道標の文字が読みにくいときは、草でゴシゴシすると
 読みやすくなります。
 前:山道 岩井板鼻道 左:郡道ニ至 と読めました。 
 

 野殿から岩井方面に向かうと、辻に立派な二十二夜塔や多くの
 石造物が見られます。
 

 △道標
 向 右:中宿  前:安中  後:岩井 板鼻  
 左:藤木 富岡        北野殿壱年会

 バス移動と昼食休憩以外はウォーキングで、多くの石仏に出会
 うことができました。
 古文書仲間で文字の読み方を検討したり、普段何気なく通過
 していた場所にも貴重な石仏が遺されていたり、知りたかった
 場所に偶然行けたり・・・謎解きが楽しい石仏めぐりの一日で
 した^^。
 来年も他の地区の石仏をめぐる企画があるということです。
 皆さん、ぜひご参加ください。

 ☆第1回 安中市石仏めぐりはこちら

 ◆安中市学習の森 ふるさと学習館
   TEL 027-382-7622 

 ◆白山比咩神社(安中市岩井616番地)
   


Posted by 風子 at 20:26Comments(2)■歴史講座