群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2012年03>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Information

2012年03月31日

飽馬神社とヒミツの梅林 ♪


 飽馬神社の神さまに呼びよせられたのか^^、どうしても晴れた
 日に訪れたくなりました。(前回は雨icon10


 神社のまわりは梅の花で輝くばかりicon12


 観光ガイドに載っていない素敵な光景に目を奪われました♪


 八重の可愛い花kirakira01がたくさん咲いて…


 な、なんと鳥居がピンク色!?だったのね(@@; 
 不思議だけど、梅畑の色合いにマッチしていて いい感じ^^。
 (撮影3/30)
  ☆続きはこちらに・・・
  


Posted by 風子 at 21:33Comments(4)* 花の名所

2012年03月31日

雨上がりの雲 ♪


 明日から4月だというのに、赤城山は雪だったの!?・・・15:47


 上空に重い雲がありますが・・・15:50


 東の空はすっきり・・・16:58
  
タグ :


Posted by 風子 at 19:43Comments(0)パノラマ生活

2012年03月30日

秋間梅林2012(続々) ♪


 梅林ウォークの人々が遠くからも見えました。。。 14:02


 早生のピンク梅はいつの間にか、ほぼ満開icon12
 

 陽だまりの梅はどんどん開いて5分咲きとか・・・


 いつものビューポイントはまだちょっと早い感じでした^^^。
 見頃は3月末から4月の始め頃だそうです。
     ↓
 ☆あんなか観光ガイド  
  秋間梅林祭は4月8日(日)まで延長されました!!   
  (変更前は3月31日(土)まででした)
   http://www.annaka-city.com/
  


Posted by 風子 at 20:57Comments(0)* 花の名所

2012年03月29日

ほっしゃん。

      

 ドラマ『カーネーション』は土曜日で最終回です。。。
 北村役の“ほっしゃん。”が急に死んだ理由というのが話題に
 なったようですが…
 
 脚本家の渡辺あやさんはインタビューで
 「ほっしゃん。の芝居が素晴らしくて、糸子とのかけ合いがもっ
 と見たいと思ったそうですが(視聴者もそう思いました…^^)
 ヒロインが尾野さんから夏木さんに交代するタイミングで、北村
 役も変えようという案もあったけど、ほっしゃん。さんにかわる
 魅力的な北村が思い浮かばなかったので、ころっと死んでもら
 ったのです。(笑)」とか^^。
 <参考サイト>
  連続テレビ小説「カーネーション」/ NHKオンライン
  渡辺あやさんインタビュー

 きょうも再度放送されましたが、尾野真千子さんが
 あさイチに生出演したときのほっしゃん。は、
 初対面で舌打ちをして「ぶっさいくな…」と云われたと、
 いつものように眼を開きっぱなしでコメントしていました。(収録)
 一見喧嘩をしているようでも、ほんとうは何でも云いたい放題を
 云いあえる、なかよしの二人みたいです。

 ほっしゃん。のブログを見ると、ご本人は
 “口下手でぶきっちょで人見知りで引っ込み思案な人”な上に、
 “生粋の筋金入りのおばあちゃんっ子やった”そうで…
 2歳半の長男“ちびっしゃん。”にそそがれる優しさicon12に、ほっ
 こりします。

 いわゆる泉州(大阪府南部)弁なので、関東育ちには聞き
 とりにくい言葉もありますが、役者としての魅力いっぱいの
 ほっしゃん。です。

 ↓ 以前、炎上したことがあるというブログ

 ほっしゃん。の「酒と涙とリクガメとウサギ」
 http://hoshan.laff.jp/blog/2012/01/
  


Posted by 風子 at 13:23Comments(0)つぶやき

2012年03月28日

恵宝沢の道標 ♪


 秋間梅林に向かう道路の手前  (3/17撮影)


 小さな橋の脇に…                  (3/30撮影)


 金網に囲まれてひっそりと、恵宝沢の道標があります。  
 延宝6年(1678)、今から334年も前に西上秋間般若沢の住人
 真砂吉久により建てられたもので、県内最古のものだ
 そうです。【安中市指定重要文化財】


 金網越しにのぞいて、やっと少し読めました。
 「これよりきたはるなみちなり これよりみなみ
 みょうぎみち」と書かれているそうです。
 

 確かに「延宝6年」と刻まれています。

 何度も前の道路を通っていたのに…ぜんぜん気付き
 ませんでした^^;

 ◆恵宝沢の道標(えぼざわのどうひょう) 
 
  


Posted by 風子 at 21:15Comments(2)■ 文化遺産めぐり

2012年03月28日

春さがし散歩 ♪


 碓氷川も ようやく春めいて、鳥たちが集い・・・  3/27


 一面の春色がうれしい。。。
 

 天然物のフキノトウはよーく見ると、とっても繊細♪


 ピンクの梅は春の歓びで輝きicon12
   

 白梅も ふくふくと咲き誇っています^^。
  


Posted by 風子 at 14:10Comments(0)日記

2012年03月27日

楽しいヨーグルト ♪


 
 腸内のビフィズス菌が増えることで、
 いろいろな健康効果が期待できる
 というヨーグルト。。。

 フタの裏に何やら文字が印刷されていて
 ときどき笑えます^^。

 ↑ は10日ほど前に出てきた文字icon12
 1日中いい気分で過ごせました♪

 ↓ こちらは今朝のヨーグルト



 なめた? 
 フタ裏についたダノンビオ。
 なめる派とスプーンですくう派に
 わかれます。
 
 だって・・・^^。

 で、、、続きがありました♪ (4/18追記)

「チョウン アッチム!」 →「おはよう!」(韓国語)
「アロハ カカヒアカ!」 →「おはよう!」Aloha kakahiaka(ハワイ語)
「ギュナイドゥン!」   →「おはよう!」(トルコ語)
「スラマットパギ!」   →「おはよう!」
               Selamat pagi(インドンシア語)
「ドーブロエ ウートラ!」→「おはよう!」(ロシア語)

 ☆こんなのも出ました^^。 (5/5 追記)
 
                  


Posted by 風子 at 09:47Comments(0)つぶやき

2012年03月26日

高崎の興禅寺 ♪


 旧市内で最も由緒ある寺院 興禅寺(曹洞宗)です。
 大通りに面した門の左右には、お地蔵さまや地蔵堂があり…
 

 門をくぐると、あら不思議^^境内ではなく公園♪
 

 家々の背景には高崎市庁舎icon12がそびえ…


 公園と道路の奥の境内に、どっしりとした本堂がありました。


 高崎市文化財の古絵図には、和田城、鎌倉街道に面した大きな
 敷地内に興禅寺が描かれているそうですが…その面影は残念icon10
 ながら探せませんでした。。。        (撮影 3/15 )

 <参考サイト>
  高崎市ホームページ  
  和田城並びに興禅寺(こうぜんじ)境内古絵図
  隠居の思ひつ記鎌倉街道探訪記(1)

 ◆興禅寺 高崎市下横町13
 
  


Posted by 風子 at 16:36Comments(2)*街あるき

2012年03月25日

今朝の雲とお日さま♪


 6:11


 6:12


 日の出が早くなりました^^。 6:13
  
タグ :太陽


Posted by 風子 at 09:10Comments(2)パノラマ生活

2012年03月24日

神話ロマンの「飽馬神社」 ♪


 伝説の本で見てから、ぜひ訪ねたいと思っていた
 飽馬神社。     撮影3/17
 秋間梅林ウォーキングのコースに含まれていました(^^v
 咲前神社のホームページを見ると
 正しい読みは「あくまじんじゃ」のようです。。。
   

 背負いかごを置いて、雨の中で掃除する人がいて…
 

 素朴な造りですが神楽殿もあり、春・秋のお祭があるとか。



 ヤマトタケルノミコト(日本武尊)は景行天皇の命を受けて、
 天皇に従わない東国の者どもを征伐するため、はるばる大
 和から上州へやって来ました。碓氷の峠をめざして行く途
 中、馬に乗ることに飽き飽きして、小高い丘に馬をとめて
 休んだと伝えられ、この地をアキウマ(飽馬)というようにな
 ったのが詰まってアキマというようになり、アキマ(秋間)と
 なったという。『安中・碓氷・群馬Ⅰの伝説』(市川光一/ 著)



 「源朝臣希典(乃木希典)書」と書かれた社額が
 掲げられて…


 シンプル形ですが、双体道祖神みたい。
 近くの梅林に珍しい「餅つき道祖神」があるらしい
 ……探さないとね^^。
 
飽馬神社 
 
  


Posted by 風子 at 21:41Comments(6)■ 伝説 めぐり

2012年03月23日

「カーネーション」の特殊メーク ♪



 あと少しで放送が終わるカーネーションですが
 糸子役を夏木マリさんにバトンタッチしてからは
 日を追って、どんどん老けメイクになりました。

 街の自然光の中を歩く姿があまりにも自然なので
 「えっ!夏木さんてたしか59歳だったはず。こんなに
 老けちゃったの!?」と、軽いショックを感じましたが…
 
 『特殊メイク』とわかり、メイクアップ技術の進化に
 驚愕しました。
 シリコンやラバーなどの特殊な素材を使って
 変身させるようですが、
 実際に見てもメイクと分からない程のリアリティー
 だそうです。
 地肌と作りものの肌に境界がなく、
 最初はほとんど違和感を感じませんでした。

 ただし、特殊メイクには毎日2時間かかるとか…
 スタッフも夏木さんもお疲れさまでした^^。
   


Posted by 風子 at 20:56Comments(0)つぶやき

2012年03月22日

はじめての高崎神社 ♪


 一度は参詣したいと思っていた高崎神社です。
 杉の大木に囲まれた壮大な境内icon12と勝手に想像していました
 が、意外とコンパクト♪ 結婚式場が目立って、入口がわかり難
 かったです。。。
 

 手水場の瓦が立派で、存在感があります。


 ここで二人が玉砂利を踏みしめて神前に誓うのねicon10 
 

 縁結びの神様に…今さらお願いはありませんが…^^ゞ
 
 高崎城内榎郭(えのきぐるわ)の二之宮明神の
 社殿にかけられていたという鰐口(鉦/しょう)。
 高崎市指定文化財です。


 境内には美保大國神社があり、恵比寿様、大國様が、商売繁盛
 学芸向上、交通安全をお守りくださるとか…。
  

 とても風が冷たい日でしたが…恵比寿様の福々
 しい満面の笑みに癒されました^^。  3/15

高崎神社 
  


Posted by 風子 at 22:25Comments(2)*街あるき

2012年03月21日

有田屋さんの180周年記念イベント ♪

 
 創業180周年記念イベントの安中・有田屋さんへ…3/20
 
 
 お店の向かい側には「便覧舎跡」の碑(安中市指定史跡)

 便覧舎(べんらんしゃ)】  
  湯浅治郎が明治5年に創設した、日本で最初の民間による図書
  館であると伝えられている。私費で購入した和漢の古書、新刊
  書籍の3千部ほどを無料で閲覧させた。明治20年(1887)火災
  により焼失し、残念ながら詳細な資料は現存していない。 
  『安中市の文化財』より
 
  
 
 元は塩を保存する蔵だったという(地元の人・談)ギャラリーで
 『上州安中有田屋展』を観ました。

  
 明治26年、焼失をまぬがれた唯一の遺品「便覧舎の椅子」
   

 新島襄が湯浅治郎に宛てた手紙や、新島八重の手紙など貴重な
 資料が展示されていました。
  

 ギャラリーもイベント会場も、ほのかに醤油醸造の香りに包まれ
 ていて…30分ほどいた間に、風邪による頭痛がすっきりと治って
 しまったのが不思議♪ 癒し効果があるのでしょうか。。。


 見上げると、渋い色合いの板壁も素敵ですicon12
  
 
 通るたびに見上げてしまう、赤レンガの煙突も健在でした^^。

◆株式会社有田屋 安中市安中2-4-24
 
  


Posted by 風子 at 17:08Comments(0)*祭・イベント

2012年03月20日

きょうのSL碓氷号と浅間山 ♪


 久々の青空、今月最後のSL碓氷号icon12が走ります。


 次は4月14日まで見られないので、カメラマンが多いみたい^^♪


 河原にもカメラをセットする人がいて、狙いは同じ…
 

 浅間山を背景に一瞬の勝負icon10まだまだ修行が足りませぬ。。。
  


Posted by 風子 at 20:50Comments(0)SL / 信越本線

2012年03月20日

今日の雲 ♪


 10:39


 14:32


 17:35
  
タグ :


Posted by 風子 at 19:39Comments(0)パノラマ生活

2012年03月19日

中仙道と中山道 ♪


 △板鼻公民館入口にある中仙道板鼻宿の碑 
  揮毫/ 海音寺潮五郎

 安中市学習の森ふるさと学習館の歴史講座
 「中山道松井田宿・坂本宿」の資料に
 幕府は享保元年(1716年)4月15日、中仙道の名称を
 「中山道」と、仙の字の人偏(にんべん)を取って山(せん)とし、
 甲州街道を「甲州道中」と変更すると触れを出した。
とあり、
 東海道と奥羽街道との中間にあるので中山道という呼び名に
 したそうです。
 信州望月宿に残る「右中仙道」と読める道しるべの写真があり
 ました。

 そういえば、「中山道」と彫られた道しるべは見たことがあり
 ますが、「中仙道」というのは見た記憶がないので、望月宿に
 行かなければ見られないのかなぁ…と思っていました。。。

 ところが、隠居の思ひつ記『続・鎌倉街道探訪記(15)』
 道路脇に転がっている道しるべicon10の写真を拡大して見ると
 「中仙道」という文字がはっきり読めるではありませんか!
 しかも高崎最古の道しるべですって!?
 最近、こういう偶然に出会うことが多くてうれしいのですが…
 ああ、もったいない!! 
   


2012年03月18日

松井田城址を歩きました♪

松井田町の北側にある“中世の山城としての構造をよく残して
いる数少ない名城”といわれる松井田城址。
松井田城址を歩く」というイベントに初参加しました。
(企画:安中市学習の森ふるさと学習館)


 松井田文化会館の駐車場に集合。。。城址入口まではバスで
 移動です。受付時間の5分後くらいに到着すると、バスはすで
 に満員icon10次のバスまで待機です(- -;


 以前、何度か通ったことがあるのに気付かなかった入口


 舗装された林道を大手口まで少し歩いて…


 堀切と書かれた看板を過ぎるといきなり狭い道
 
 
 松井田城は戦国時代の山城で、城域は東西1200m、南北1500m。
 人の手を広げたような形の尾根に、通行路を遮断するための空堀
 (堀切り)が数多く設けられています。写真ではわかり難い…


なにかに削られたような木。誰かが「熊だね」とつぶやいてicon10


 けもの道のような、人ひとりやっと歩ける起伏の多い道。


 1mほどの石を組んで堰きとめた水源地(水の手
 城を守った人々の苦労が偲ばれます。。。


安中郭(くるわ)二の丸跡にはNHKの共同アンテナ(@@



 安中郭(くるわ)本丸には小さなお堂に虚空蔵菩薩がまつられてicon12


 安中郭(くるわ)本丸跡に建つ安中市指定史跡の標柱

 学習の森の職員の方にガイドと解説をしていただいて、2時間半
 の松井田城址歩き…城の歴史がちょっと複雑でわかり難いので
 すが、山城の概要がつかめたことは大きな収穫でした。

 ※城址一帯は個人所有の山林なので、樹木を傷めたり、植物や
  昆虫採取をしない、ゴミの持ち帰りなどのルールを守りましょう。
 

◆松井田城
  
  


Posted by 風子 at 23:39Comments(0)■ 文化遺産めぐり

2012年03月17日

雨の「秋間梅林ウォーキング」 ♪


 第1回「秋間梅林ウォーキング」観梅公園集合、小雨決行icon10


 梅林の遊歩道が一部舗装されて歩きやすくなりました。


 梅の開花が遅れているので写真でがまんしましょう^^。
 市の観光課の方に詳しく説明していただいて。。。


 近くに人家がないのに道路脇にぽつんとポストがあります^^;


 二軒茶屋の先で、正面に石尊山が見えました。


 知る人ぞ知る撮影ポイントicon12だそうです。途中で雨もやんで、
 2時間半ほどの楽しいウォーキングでした^^。

☆秋間梅林ウォーキング地図
 
     


Posted by 風子 at 21:32Comments(4)*祭・イベント

2012年03月16日

夕方の雲 ♪


 17:14

 17:41

 17:41

 17:43  北西
  
タグ :


Posted by 風子 at 19:26Comments(0)パノラマ生活

2012年03月15日

高崎市 長松寺の「子守学校 」♪



安中市学習の森ふるさと学習館の連続講座「安中小学校
事務日誌と近代の教育」
で初めて聞いた「子守学校」と
いう名称に惹かれて、高崎市赤坂町の長松寺を訪ねました。


 ▲曹洞宗 長松寺


 ▲本堂


向拝の天井画(龍と天女)
 寛政元年(1789)狩野探雲 作
 【高崎市重要文化財】

☆お寺の奥さんに、長松寺が県立高崎
 中学校(現高崎高校)発祥の地だというお話も伺いました。

 明治20年代には小学校の就学率は70%代に急上昇しましたが、貧困のために家事の手伝いや他家へ子守奉公に出されることが多かった未就学の児童(主に女子)のために、1870年代~1880年代には全国に320校の子守学校が設置され、群馬県内にも14校ありました。
 長松寺住職山端息耕は長松寺の本堂を仮校舎として、明治36年(1903)「高崎私立樹徳子守学校」を創設し、校舎も校名も変わりましたが昭和19年まで40年6か月も存続し、県下で唯一といわれています。廃校までに3020人が在籍し、卒業生は933人でした。



▲境内にある木造瓦葺き(約70坪)の校舎 / 昭和10年建築


▲昭和16年に創設した「日の丸保育園」(後に幼稚園)という
 文字があるプレート


 ☆幼稚園は平成13年(2001)に閉園となりました。

<参考サイト>
 高崎新聞:高崎名僧列伝・樹徳子守学校と山端息耕
 高崎市ホームページ:たかさき100年「第7回子守学校と育児院」 

 ◆長松寺
   


Posted by 風子 at 23:02Comments(6)*街あるき