群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2010年07>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Information

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2010年07月26日

板鼻・七不思議伝説 〈5 〉 ♪

板鼻七不思議伝説
(2)朝見ず橋 のあった
 場所につきましては、地図を片手に
 歩き回りましたが、ついにわからず、
 勅使川原先生に教えて戴きました。


 板鼻公園


 八坂神社跡(俗称:天王様)・・左奥に神輿蔵があります。


 板鼻宿歩きで必ず立ち寄る双体道祖神 (板鼻1丁目4)

  
伊勢三郎義盛の霊を祀る取勝社跡 (クリックしてご覧ください)


かつて、現在の板鼻公園前に八坂神社がありました。現在は広場になっていて、神輿蔵や石碑、双体道祖神などがあります。
地図のラインに沿って旧18号を渡って北に100mほどの突き当りが取勝社跡になります。現在は大木があるのみで、雑草におおわれて石祠も見つかりません。ここら辺りに伊勢三郎義盛の屋敷があり、その入口の道場川(どうじょうがわ)に架かっていたのが「朝見ず橋」だそうです。(道場川は現在、途中から地下水路となっています。)

義盛は軍資金調達のために旅籠を装い、旅人を泊めては殺害し、金品を奪ったことから、いつしか里人の噂にのぼり「夕べにこの橋を渡って屋敷へ入った旅人も、翌朝にその橋を渡って出る姿を見た
者はない」
との噂がささやかれ「朝見ず橋」の名が伝えられるようになったという伝説です。勅使川原先生に貴重なお話をうかがって掲載することができました。

◆参考文献:中仙道板鼻宿 / 川島一郎 著
◆参考資料:安中文化会発行「冊簡2009年夏145号」
      板鼻史跡めぐり(其の弐)
       【付記】板鼻七不思議について/ 勅使川原四士男

  


2010年07月26日

秋のような空・・・♪

 
  昨夜は、雷雨が早く通り過ぎたお陰で
  箕郷町の花火も(遠くからですが)見られたし・・・
  涼しい夜を過ごせたのが、なによりでした。        5:13
   
タグ :日の出


Posted by 風子 at 05:39Comments(0)パノラマ生活