群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2017年10月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Information

2016年10月08日

志賀高原の秋♪


志賀草津高原ルート(国道292号線)の最高地点から少し下ったこのあたりには、アマチュアカメラマンが大勢いました。


 白樺の黄葉ははじまっていました。。。


 蓮池周辺の紅葉は色づきはじめ・・・
 

 以前 訪れたとき、見事な紅葉を見られたことを思い出しました。


 気温が高いので、紅葉もおくれているようでした。 10/4
  


Posted by 風子 at 16:26Comments(2)ミニ旅行

2016年05月16日

老神温泉の風景♪

 上毛新聞の「大蛇みこし練り歩く」という記事を見て、
 3月に老神温泉街を散策中、大蛇みこしの展示に遭遇
 したことを思い出しました。


 夜間の冷え込みが厳しい老神温泉です。 3/10


 朝食後に片品川の渓谷沿いに散歩道を行くと、周囲の山頂は
 きれいに薄化粧をほどこされていました。。。
 

 △赤城神社 

 以前日帰り温泉に立ち寄ったとき気になっていた
 温泉街にある神社です。
 ここから大蛇みこしがスタートするようです。
 境内に薬師堂があり、湯禅薬師が祀られています。


 利根観光会館の敷地に、なにやら怪しげな緑色の長ーい物体!?
 ギネス世界記録に認定された世界一長い(108.22m)大蛇みこし
 の展示です。
 ニョロニョロさんは大の苦手なので、以前から巨大な蛇みこしは
 見たくない!と思っていましたがicon10・・・
 いやだいやだと思うと、よけい出合ってしまうものです^^; 



 その昔、蛇に化けた赤城山の神とムカデに化けた日光男体山
 (二荒山)の神が、今の戦場ケ原で領地争いをして激しく戦い
 ました。
 傷を負った赤城の神が老神の地に戻り、矢を抜き地面に差すと
 温泉が湧き、その温泉に浸かった蛇は傷が治り、ムカデを追い
 やりました。
 その「追い神」が「老神温泉」の名の由来とされ、傷に効果が
 あるといわれる由縁だそうです。
 老神温泉の開祖である蛇は、赤城の人々にとって「守り神」と
 して信仰され、蛇への感謝を込めて例年「大蛇まつり」が開催
 されているそうです。(解説板より)



 展示場を恐る恐るのぞくと・・・怖いというより
 愛嬌のある大蛇と、少し小さい蛇がいました。
 昼はかわいい子供蛇みこし、夜は大蛇の本
 みこしが練り歩き、温泉街が活気に溢れるそうです。
 蛇は金運を呼ぶともいわれているので、ちょっと
 期待してみました^^。


 利根観光会館では、3月中「老神温泉ひなまつり」が開催され


 人形製作に約380年の歴史がある鴻巣市から寄贈された、新旧
 とりどりのひな人形が、巨大なひな壇に飾られていました。

◆老神温泉「大蛇まつりと大蛇のご紹介」
 http://kankou.sakura.ne.jp/oigami/daijya/
  


Posted by 風子 at 16:47Comments(2)ミニ旅行

2015年11月05日

上信越道から見た雪の北アルプス♪


 秋晴れに誘われて長野方面に出かけると、山はすっかり色とりどり
 に染まっていました。    11/4


 上信越道の長ーい(4キロ)八風山トンネルを過ぎ、下りになる頃
 から前方に


 忽然と雪をまとった北アルプスが見え始め・・・
 

思いがけず雪山と紅葉の贅沢なコラボを愉しむことができました^^。

  


Posted by 風子 at 16:43Comments(2)ミニ旅行

2015年07月25日

金沢観光/近江町市場 ♪


 金沢市民の台所として親しまれているという近江町
 市場に足を踏み入れると、活気あふれる雰囲気に
 圧倒されました。


 近江商人がつくったことから近江町市場となったとか。 
 築地場外もアメ横も知らないのですが、なんとも言え
 ないわくわく感があり、一日中遊んでいられそう^^。


 店先の縁台に腰掛けて、楽しそうにおだんごを食べる
 外国からのお客さん達もいます。
 

 鮮魚だけではなく青果・加賀野菜なども豊富です。
 

 金沢で有名なのど黒は高級魚らしいお値段なので、
 買うのをちょっとためらいましたicon10 


 「近江町いちば館」というビルのニ階には、日本料理・フランス料
 理・海鮮・寿司などの食事処があり


 ランチタイムには長~い行列ができそう・・・
 

 △二階の通路から


 武家屋敷見学が長びいてしまい、長町でランチに
 したので


 新鮮な魚介を求めて人気店でお寿司を食べる予定
 だったのが叶わず、心残りの近江町市場でした。
 (金沢観光シリーズ 完)

 ◆近江町市場ホームページ
  http://ohmicho-ichiba.com/ 
   


Posted by 風子 at 16:02Comments(2)ミニ旅行

2015年07月17日

金沢観光/長町 武家屋敷跡 ♪


 ビルが連なる繁華街 香林坊にほど近い路地に
 入ると、長町武家屋敷跡があります。   5/20 


 この長町一帯は、かつて上・中級の加賀藩士が住んだ屋敷跡の
 一画に当り、広い敷地を囲む土塀と家格に応じた長屋門が設け
 られています。


 砂利を混ぜてつき固めた堅牢な長い土塀には、土壁面を雨から
 守るため板屋根が架けられていました。
 渋い色彩の土壁に添って歩けば、まるで時代小説の1シーンに
 入りこんでしまったような気分・・・^^。
 

 土塀越しに見える樹木は、ゆったりとした庭の風情を想像させて
 くれます。外部からの侵入者に備えて、石畳の路地は複雑に入り
 組んでいます。


 長町界隈は江戸時代を通して一度も大火の被害を被ることがなか
 ったために、藩政時代の雰囲気を体験できる貴重な景観が残され
 たのだそうです。


 冬になると雪から土塀を守るためこも掛けが行われ、
 雪吊りと同じく金沢の冬の風物詩となっているとか。
 こも掛けは江戸時代から続くものですが、雪化粧の
 武家屋敷もぜひ見たくなりました。。。 


 金沢には総延長150km にもなるといわれている用水路
 が55本もあり、いたるところで豊かな流れを見ることがで
 きます。代表的な辰巳用水兼六園で見ました。
 

 武家屋敷跡は、金沢で最も古い歴史をもつ大野庄用水沿いに
 あります。


 1590年(天正14)頃に造られた大野庄用水は、港から
 城下へ物資を運んだり、城の建築材を運ぶ水路として
 利用されました。昭和初期まで水車のある風景が見ら
 れたそうです。 


 当時から家と家の間を通る生活の水としても貴重でしたが、今も
 変わらず人々の生活を潤しています。 
 文明開化期の金沢の産業は、この流れを利用した水車小屋の
 水力から始まったと言われているそうです。


 △旧加賀藩士 高田家の長屋門 (内部無料公開)
  

 近くに長町武家屋敷休憩館、歴史資料館、和菓子店、甘味店など
 があり、多くの観光客でにぎわっていました。

◆金沢市ホームページ 「金沢の用水」
http://www4.city.kanazawa.lg.jp/11107/keikan/yousui/yo_map.html  


Posted by 風子 at 11:05Comments(2)ミニ旅行

2015年07月09日

金沢観光/主計町茶屋街 ♪


 金沢の代表的な茶屋街のひとつ主計町茶屋街
 加賀藩士富田主計の屋敷があったことから主計
 (かずえ)町と呼ばれ、江戸情緒そのままに浅野川
 河畔に木格子の町屋が続いています。  5/20
 

 △中の橋
 泉鏡花の小説『化鳥(けちょう)』の舞台となった橋で、
 橋を渡るごとに一文支払ったことから、別名「一文橋」
 とも呼ばれていました。
   

 水のある風景と、白木の姿のよい橋に魅かれます。。。


 観光客を乗せた人力車が通り過ぎたり


 △浅野川浅野川大橋
 さっき歩いて渡った浅野川大橋の美しいアーチが目を引きます。
 浅野川大橋は文禄3年(1594)に、加賀藩初代藩主前田利家が
 架けたのが始まりで、現在は鉄筋コンクリート造りです。 
 

 裏道に入ると、狭い路地には紅柄(べんがら)格子の
 料亭や町屋が並び・・・
 

 興味をひかれたのが路地の奥にある小さな坂。


 △暗がり坂
 江戸期には金沢経済の中心地であった尾張町界隈の
 だんな衆が、この坂を抜けて主計町やひがし茶屋街に
 通ったという坂で、「暗闇坂」とも呼ばれ、泉鏡花も通っ
 たのだそうです。
 五木寛之の短編小説『浅の川暮色』は、この主計町が
 舞台となっていて、宮藤官九郎 脚本の映画『舞妓Haa
 aan!!!』のロケ地にもなっています。


 当時の暗がりを想いながら趣のある坂を上ると、小道
 は久保市乙剣宮(くぼいちおとつるぎぐう)という神社の
 境内に通じていました。


 路地には、西国三十三観音霊場第26番札所と書かれた
 お寺 源法院 (真言宗)もあります。
 

 △犀川河畔
次の見学地に向かう途中、バスを降りて犀川沿いに少し歩きました。
 

 △犀川大橋
 犀川中流に架かる橋で、こちらも文禄3年(1594年)
 前田利家によって架けられたのが最初といわれて
 います。
 金沢の観光地は犀川と浅野川にはさまれていて、趣
 のある橋と坂道の多いことが魅力的でした^^。 

◆金沢の坂道
http://kanazawasaka.com/
  


Posted by 風子 at 19:36Comments(2)ミニ旅行

2015年07月01日

金沢観光/ひがし茶屋街 ♪


 昔ながらの街並みが残り、城下町の風情が感じられます。 5/20
  

 周遊バスで「ひがし茶屋街」下車。
 江戸時代、このあたりは金沢城下から越中を結ぶ北国街道の下口
 として大いに賑わい、加賀藩は町人風俗を取締り武家社会の治安
 を保つ目的で、地域限定の茶屋町を公認しました。
   

 金沢に3つ残る茶屋街のうち一番規模の大きいひがし茶屋街
 石畳の左右には、江戸の面影をそのまま残す黒瓦に出格子の建
 物が並び、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されていま
 す。地区内の建築物140のうち約3分の2が伝統的建造物です。


 なつかしい感じの路地にも紅殻格子
 中からはよく見えますが、外からは容易に見えない
 のだそうです。 


 「きんつば」の看板がかかった和菓子店は、外国からの観光客で
 あふれていました。


 古い建物を活かした素敵なショップ、食事処、和風カフェ
 などがあちこちにあります。


 文政3年(1820)に建てられた格式あるお茶屋志摩
 (国指定重要文化財)の内部を見学(有料)。 入り口
 で手荷物を預け、一眼レフはNO、デジカメはOKという
 ことで撮影できました^^。 


 三味線や琴などの楽器類、食器類、芸妓が使った櫛や
 べっ甲のかんざしなどが展示されています。


 押入れや間仕切壁がなく、あくまでも遊芸が主体の典型的なお茶
 屋の造りをそのままに残し、まるで江戸時代にタイムスリップした
 かのように艶やかな空間です。
 当時は灯りといえば行灯(あんどん)で、ローソクだったとしたら
 かなり暗かったでしょうから、白塗りの化粧でも芸妓さんの顔は
 はっきり見えなかったのかも・・・。


 △控の間が演舞の場
 粋なしつらえで、あでやかな舞姿を想い描いてみました。。。 
 

 ひがし茶屋街で現在営業中の茶屋は8軒だそうですが、お座敷は
 “一見さんお断り”。料亭街となった現在も、軒灯がともる頃には三
 味線や太鼓の音が聞こえて、花街の情緒が漂うのだとか。 
    

 △坪庭
 茶屋には主に上流町人や文人が集い、琴、三弦、笛、
 舞、謡曲、茶の湯、俳諧など多彩で、客も芸妓ともに
 幅広い教養と技能が要求されたそうです。
   


Posted by 風子 at 16:52Comments(2)ミニ旅行

2015年06月17日

金沢観光/金沢城と石垣 ♪


 △石川門口

天文15(1546)年に創建された金沢城は、天正11(1583)
年 前田利家の入城から本格的な城づくりが始まり、加賀
藩前田家百万石の居城として発展しました。
明治以後は陸軍の拠点となり、終戦から平成7(1995)年
までは金沢大学のキャンパスとして利用され、金沢大学の
移転後、平成13(2001)年に金沢城公園として、創建から
460余年を経て一般に開放されています。
 
 

                     △クリックで拡大
 兼六園の向かい側、金沢城搦手(からめて=裏口)
 の石川門前の枡形(敵軍の動きを封じ込めるための
 方形の広場)の右側は切石積み、左側は粗(あら)
 加工
石積みという、同じ場所で左右異なる石積みを
 した珍しい石垣を見ることができます。


 △刻印が刻まれた石

 金沢城の石垣の刻印は約200種類あるといわれ、刻
 印のもつ意味については諸説あるようです。
 例えば金沢城ではキリシタン大名高山右近が築城に
 尽力したことから、「十」という刻印はひょっとして十字
 架?なーんて、考えたくなってしまいます^^。

 金沢城は石垣の博物館ともいわれ、様々な石垣が
 現存していて、石垣めぐりも金沢城の見所のひとつ
 ですが、全部見るのは時間がかかりそう。。。


 △石垣めぐりの案内パネル
 

 △威圧感のある石川門から入場


 △河北(かほく)門

 三の丸広場の右手には、2010年に復元された金沢城の実質的
 な正門である河北門があり、内部も見学できます。


 菱櫓橋爪門続櫓五十間長屋でつないだ壮大な建物は、明治
 以降に建てられた木造城郭建築物では国内最大規模だそうです。
 (2001年復元)


 △菱櫓(三層三階の物見櫓)


 △二の丸広場から見た菱櫓と五十間長屋

 一般的に長屋というと庶民が住んだ長屋をイメージしてしまいます
 が、金沢城では横長の櫓(やぐら)を「長屋」と呼んでいました。
 平時は物資や武具を収納する倉庫でしたが、戦のときは弓や鉄砲
 を撃つ防御の拠点となりました。
 


 内部は見学でき(有料)、城の詳細な解説や、復元工事の様子など
 の案内板が数多く展示されています。
 

 △五十間長屋内部

 戦に備えて多くの工夫がされてますが、当時の階段を
 復元した復元階段がおそろしいほどの急勾配でicon10・・・
 荷物を持っての上り下りは危険なので荷物は棚に置く
 ように指示があり、階段下には係の方が待機していま
 した。


 △最上階から見る橋爪門続櫓

 屋根瓦が白っぽく見えるのは、木で屋根を作った上に
 鉛板を張りつけて造った鉛瓦だからです。鉛瓦が櫓や
 門、塀の全てに用いられているのは、珍しいそうです。  
 金沢城で鉛瓦が使われたのは、有事の際 鉛を弾丸
 して使うため、城の優美さを求めてなど、いくつか理由
 があるそうですが、なまこ壁の城壁とくすんだ銀色の鉛
 瓦が城全体に気品をもたらしていて、美意識の高さが
 感じられます。
 
◆参考サイト「再現金沢城」
http://shofu.pref.ishikawa.jp/inpaku/castle/index_j.htm



 鶴の丸休憩所前の池の風景を見ながら一休み。。。
 

 △辰巳用水の石管

 寛永9年(1632)に約11キロメートル上流の犀川から取水し、城内
 へ木管により通水されました。その後、天保期にこの石管に取替
 えられました。石管の継ぎ手は、松脂、檜皮などを用いて漏水を防
 止していました。(説明板)


 △鶴丸倉庫

 城郭内に残っているものでは国内最大級の土蔵で、武具庫として
 使われ、幕末(1848年)竣工の貴重な建物だそうです。

 ◆参考サイト「攻城団 金沢城」
 http://kojodan.jp/castle/53/memo/544.html

 今回、リサーチ不足と体力不足とで見られなかった建物があり、
 残念至極でした。   5/19
  


Posted by 風子 at 14:18Comments(2)ミニ旅行

2015年06月09日

金沢観光/兼六園 ♪


 前田利家公の時代、兼六園は金沢城に属した庭でし
 たが、歴代藩主により170年をかけて作庭が進み・・・        


 「園内に六つのすばらしい景色(六勝)が兼ね備わって
 いる」と言う意味から、松平定信により兼六園と名づけ
 られました。

 六勝とは、宋の時代の書物にある宏大(こうだい)・
 幽邃(ゆうすい)・人力(じんりょく)・蒼古(そうこ)・
 水泉(すいせん)・眺望(ちょうぼう)のこと。

 園内は四季折々の景色が楽しめますが、新緑と苔が
 美しい初夏の兼六園もおすすめです^^。
 ☆秋の兼六園はこちら


 徽軫灯籠(ことじとうろう)を背景に、結婚記念の写真撮影をして
 いて・・・


 カキツバタと幸せそうなお二人に、見物客も思わず
 微笑みがこぼれます。
 

 △曲水
 城の防火用水としてつくった「辰巳用水」を利用した
 豊かな水のある風景。。。  
  

 △舟之御亭
 園内を巡っていると、舟型の休憩所がありました。


 △茶店通り(江戸町通り)  
 このあたりは徳川家から珠姫が輿入れした時、お供の一流職人が
 住んでいた場所といわれています。
 

 △石川門
 石川門が目の前に見える茶店通りの見城亭でランチです。 
 金沢の代表的な郷土料理治部煮(じぶに)の定食ではなくicon10


 鴨肉と金沢特産の「すだれ麩」がおいしい「治部煮
 うどん」をいただいてから
 

 百間堀通り(百万石通り)に架かる橋を渡り、復元された金沢城
 見学に向かいました。    5/19

 ◆兼六園ホームページ
  http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kenrokuen/   


Posted by 風子 at 20:28Comments(2)ミニ旅行

2015年06月03日

金沢観光/尾山神社 ♪


 城下まち金沢周遊バスで最初に訪れた、初代加賀藩主前田利家
 公と正室おまつの方を祀る尾山神社です。    5/19   
 1873年(明治6)歴代藩主の別邸(金谷御殿)跡に建立されました。 

 △神門(国重要文化財)
 和・漢・洋が調和した、なんとも珍しい造り。。。
 以前どこかの番組で観て、必ず訪れようと決めて
 いました。

 1階は木骨煉瓦造石貼付の3連アーチ、2階・3階を木造
 漆喰塗りで階を追うごとに小さく作っている。各階の肩が
 垂直ではなく竜宮城のようにカーブしており、中国南方の
 寺院の門の作りになっている。(Wikipedia)  

 

 
 明治8年の建築で、和漢洋の三様式を混用した異色の門として
 全国に知られ、兼六園と共に金沢市のシンボルともなっています。
 第一層には戸室石(角閃安山岩)を用いてあり




 第三層は四面五彩のギヤマン張りで、もとは御神灯が
 点灯され、その放つ光は金沢の街を照らし、また遠く日本
 海を航行する船の目標たらしめたものです。なお第三層に
 設置された避雷針は日本最古のものです。
 (尾山神社ホームページより)


 

 △拝殿 


 拝殿には、百万石まつりで市内を巡行するとき神様をお乗せする
 御座(みくら)が置かれていました。


 広い境内には、お松の方像・前田利家公の銀鯰尾(ぎんなまずお)
 兜(レプリカ)などが建立されていて  
  

 △前田利家像


 △東神門(登録有形文化財)

 江戸末期に造られた庭園を右に見ながら奥に進み、
 旧金沢城二の丸にあった東神門を潜ると、目の前に
 金沢城の石垣が現れます。

◆尾山神社
  http://www.oyama-jinja.or.jp/index.html
   


Posted by 風子 at 15:34Comments(2)ミニ旅行

2015年06月01日

金沢観光はバスが便利 ♪


 城下まち金沢周遊バス(左回りルート)△   5/19


 △城下まち金沢周遊バス(右回りルート) 復刻ボンネットバス♪


 △金沢観光、便利でお得なのは「城下まち金沢周遊1日フリー
  乗車券」(おとな500円)です。
  金沢駅東口の7番乗り場前の案内所で購入でき、人気の観光
  スポットをもれなく回れ、何度でも乗り降りできます。
  
 城下まち金沢周遊バス(15分毎運行)・兼六園シャトル(20分
 毎運行」のほか、北陸鉄道グループ路線バスで使えます。
 (金沢ふらっとバス・JRバスなど、使えないバスもあるので要注意)


 △兼六園シャトルバスのドライバーは女性で、上手な
  周遊の方法を解説してくれる方もいました。
 
 乗客は個人も団体も外国人が圧倒的に多く、小型バス
 の中では英語や中国語などが飛び交って楽しい~^^。


 △ビジュアルバスロケーションシステム

バスの走行位置や主な行き先までの予想時間をバス停にビジュア
ル(視覚的に)表示しているバス停があり、運行情報を知ることがで
きますが、次々にバスが到着し、運行本数が多いことにはビックリ!!

 公益社団法人 石川県バス協会ホームページ
 http://www.ishikawabus.jp/how/rekishi.html

市内のライトアップスポット16か所を約35分で巡る「金沢ライトアップバス」(毎週土曜日の19:00~20:00・10分ごとに運行・一乗車:おとな300円))もあり、素敵な夜の雰囲気も愉しめるそうです。
  


Posted by 風子 at 10:22Comments(4)ミニ旅行

2015年05月26日

金沢駅さんぽ ♪


 △JR金沢駅構内にある観光案内所入口には、石川県観光
  PRマスコットキャラクターのひゃくまんさんがいます。


                           △加賀纏(かがまとい)
 観光案内所には、情報を求める人が次々に訪れてきます。
 到着時は小雨模様でしたが、雨傘を無料で借りられました。
 (長靴も借りられるそうです)
 

 △百万石行列で使われる甲冑

 加賀百万石まつり は6月5日(金)~7日(日)


 △金沢駅東口を出た瞬間に目を奪われるのは、駅前
  広場を覆う巨大なもてなしドームです。

 雨や雪の多い金沢で、「駅を降りた人に傘を差し出す、
 もてなしの心」を表現したドーム。
 3,019枚ものガラスを使用し、金沢の玄関口に、明るく、
 雨にもぬれない広場を作り出しています。
  (引用:金沢駅にぎわい.com)




 荷持を預けて、さあ市内観光~♪ と思いましたが、10時頃の
 到着でも、一番近いコインロッカー(構内4箇所にあります)
 はすべて使用中!手荷物一時預所も長蛇の列icon10 。。。
 幸い駅前のホテルを予約していたので、チェックイン前でも
 手荷持を預かってもらうことができました。
   

 △エスカレーターで下りると休憩コーナーがあります。



 1日2万人以上が利用するという金沢駅は、アメリカの旅行雑誌
 「トラベル・レジャー」により、日本で唯一「世界で最も美しい駅
 14選
」に選ばれています。

 伝統的な和楽器・鼓(つづみ)をイメージした鼓門は金沢の新しい
 シンボルといわれ、金沢観光の目玉のひとつです。


 △広場中央の鼓門
 


 鼓をイメージした2脚の柱は堂々としていて、ほれぼれicon12
 鼓門の制作時には縮尺1/10 の模型を作り、組み立ての順序
 やさまざまな検討がされたそうです。

 その模型は、地下の休憩コーナーに展示されています。


 夕刻。食事処を探して駅界隈を散策していたら・・・



 信号脇に、大きな鉄の“かたまり” が 。。。こ、これはナニ?
  
 「かなざわ・まちなか彫刻作品・国際コンペティション2004」の
 優勝作品で、鉄の錆が街の発展や時代を象徴しているとか。

 あちらこちらで、“伝統と革新が共存する街・金沢” らしい風景
 に出合えました^^。             5/19
  


Posted by 風子 at 19:49Comments(4)ミニ旅行

2013年11月20日

信州 別所温泉駅の「丸窓電車」 ♪


 上田電鉄別所線の終点は別所温泉駅です。  11/12         
 

 別所温泉歩きの途中で見つけ寄ってみると、待合室もホームも


 清潔感ただよう懐かしいレトロモダンicon12
  

 駅の駐車場横には丸窓電車「モハ5250」が保存されていて


 車内をのぞくと、かわいいお客さんが座っていました^^。


 △丸窓電車の案内板  (クリックで拡大します)  


Posted by 風子 at 20:15Comments(4)ミニ旅行

2013年11月13日

上田城跡公園の紅葉 ♪


 上田城跡公園の紅葉は、そろそろかしら・・・      11/12


 以前 目にした鮮やかな彩りを忘れられなくて


 今年も訪れてみると、ちょうど見頃でした^^。


 お堀端のウォーキングを楽しむ人も多く。。。 
 

櫓門、北櫓、南櫓、真田神社で歴史を感じながら ぜいたくな紅葉icon12
    

 真田幸村公の大阪城入城400周年(平成26年)を目標に
 NHK大河ドラマ放映を願って、署名活動をしているとか。

  ≫2010年の紅葉はこちらに。。。  


Posted by 風子 at 20:56Comments(2)ミニ旅行

2013年09月14日

富士山周遊バスツアー/北口本宮冨士浅間神社 ♪

富士山周遊バスツアーで最後に立寄ったのは、忍野八海から
バスで10分程、6月に富士山世界遺産構成資産として登録され
北口本宮冨士浅間(せんげん)神社でした。  8/28


 大ヒノキが立ち並ぶ参道には、江戸時代半ばに江戸とその周辺
 農村の富士講の人達によって奉納されたと思われる石燈籠が並び


 中には「江戸村・・・二文字益衛」と彫られたものも。
 

 △大スギ(樹齢1,000年、樹高30m、幹まわり8.2m) 
 かつては遠くから眺めるだけであった富士山でしたが、
 その神域を守るような堂々とした大木。


 △拝殿 
 いにしえより富士山信仰と関わり深い由緒ある神社です。


 古代から信仰の対象とされてきた富士山の噴火を鎮めるために、
 平安前期に祀られたという浅間神社の広々とした境内。。。


 △冨士登山道吉田口 
 鳥居の額は「冨士山」と彫られていて、ここから多くの人が祈り
 つつ登ったのでしょう。
 

 △大神輿 
 「奉祝 天皇陛下御即位20年御影神輿奉製」と書かれた案内板が
  あります。

 
 △諏訪神社

慌ただしいバス旅でしたが、最後に信仰の山である冨士山と縁深
い神社で大木のパワーをいただき、素敵なしめくくりとなりました^^。

 ◆北口本宮冨士浅間神社
  http://sengenjinja.jp/    


Posted by 風子 at 20:07Comments(2)ミニ旅行

2013年09月10日

富士山周遊バスツアー / 忍野八海 ♪

富士山周遊バスツアーで訪れた忍野八海は、富士山の雪解け
水が地下の溶岩の間で約20年の歳月をかけてろ過され、湧水と
なって8か所の湧水池をつくったものです。     8/28


 山梨県東南部、富士山の麓にある人口9,200人ほどの
 忍野村は、標高963メートルの高原の村です。

 ひなびた村風景の中の神秘的な湧水池
 というイメージを抱いていましたが、 
 世界各地からの観光客があふれていて
 まるで“忍野銀座”icon10
 

 △湧池 
 八海のうち最も湧水量が多く毎秒2.2トン。水深4m。
 1年を通して水温約12度の清澄な水が湧き出しています。

 △一番大きな池は人工的に造られたようです。 
 ここは富士山のビューポイントですが、雲がかかっていて…
 残念、忍野富士は見られませんでした。
 

 江戸期代、一般の登山者は池で水垢離(みずごり)
 をして身を清めてから、富士山に登りました。
  

 水車小屋をのぞくと、そば打ちの様子を見られます^^。


 「30秒間手を入れてみて…」と書かれています。
 冷たいので長く入れているのは無理。。。


 脇道で見つけた お気に入り風景icon12
   

 時間の都合で全部の池は見られませんでしたが


 富士山の恵み 豊かな湧水を巡ることができました。 

◆Fujigoko.TV
 http://www.fujigoko.tv/viwp/hakkai/
  


Posted by 風子 at 05:37Comments(4)ミニ旅行

2013年09月05日

富士山周遊バスツアー / 柿田川湧水 ♪

 富士山周遊バスツアーで、富士山から約400km南方、静岡県
 清水町の柿田川湧水を訪れました。   8/28


 田園風景の静かな川を想像していましたが、湧水は交通量の多い
 国道1号線の隣の公園内にあり、ビックリicon10です。


 富士山の伏流水が、1日約100万トンicon12数十ヶ所の
 湧水口からこんこんと湧き出ているそうです。   


 展望台は2ヶ所ありますが、ツアー客でにぎわって…
   

 △豊かな水が湧き出る「わき間」
 水温は季節を問わず15℃前後、流量は年間を通してほぼ一定。
   

 かつては豊富な湧水を求めて進出した工場排水により水質が悪化
 し、魚も住めない状態だったそうですが、地元有志によるナショナル
 トラスト運動や工場の移転運動、清掃活動が行われ、カワセミが生
 息し、ミシマバイカモ(水中植物)が自生する清流になりました。全
 長約1.2kmですが長良川・四万十川とともに日本三大清流に数え
 られ、名水百選に選ばれています。(Wikipedia)
 ☆ナショナルトラスト運動  
  開発による環境破壊から自然を守るため、市民活動による寄附
  で買い取り、保全することで次世代に残していくことを目的とした
  市民運動。



 柿田川公園は大木が多く、涼しい木陰に癒されます^^。
 

 柿田川公園の東側のドライブインには名水を使った
 蕎麦や豆腐、おみやげ店などがあり


 製紙業を営んでいた時代の築80年以上の蔵や建物が残されて
 います。

 ≫忍野八海はこちら 

 ◆柿田川公園 (清水町ホームページ)
    


Posted by 風子 at 16:16Comments(2)ミニ旅行

2013年09月03日

富士山周遊バスツアー / 白糸の滝 ♪

富士五湖を巡ったあとで、富士山周辺のパワースポットのひとつと
いわれる富士宮市にある白糸の滝に向かいました。 8/28


 △「白糸の滝」入口
 駐車場も土産物店が並ぶ通りも観光客であふれています。  
 

 △音止めの滝 
 その昔、蘇我兄弟が父の仇 工藤祐経を討つ相談をした折、滝の音
 で声が打ち消されて困り、しばし念じたところ不思議にも滝の轟音
 がピタリと止んだという伝承があるそうです。
 白糸の滝と隣接した芝川にあり、高さ25mの勇壮な滝icon12


 夏の果物が豊富で・・・気になります^^。


 遠くに白糸の滝が見えて
 

 懐かしさを感じる夏の風景。。。
 

 土産物のお店をゆっくり見る時間が・・・ありませんicon10
 

 △白糸の滝(国の名勝・天然記念物・日本の滝百選)

 富士山の雪解け水が長い年月をかけて伏流水となり、溶岩層から
 湧き出している白糸の滝の上には川がないそうです。
 滝幅は200mで日本最大。落差20m。水温:夏は12℃ 冬は11℃。
 無数の滝が並び、水量は毎秒1.5トン。絹糸を垂らしたように流れる
 様子から「白糸の滝」と呼ばれていますが、全国には何十箇所も同
 じ白糸の滝という名前の滝があるようです。
 世界文化遺産に向けて環境整備のための工事中で、来年には滝
 つぼまで行くことができるそうです。紅葉の頃にも訪れてみたい…。

  ≫鳴沢氷穴はこちら
  ≫柿田川湧水はこちら
  


Posted by 風子 at 16:55Comments(2)ミニ旅行

2013年09月01日

富士山周遊バスツアー/ 鳴沢氷穴 ♪

 世界文化遺産に登録された富士山のすそ野をぐるりと1周する
 バスツアーで訪れた鳴沢氷穴。    8/28



 青木ヶ原樹海の東の入口に位置し、1100年
 以上前、富士山の噴火による溶岩流が冷え
 て固まりはじめた頃、内部から熱いガスが
 吹き出した後に残った空洞が鳴沢氷穴です。


 内部の平均気温は3℃。氷穴探検には上着が必要。


  △貯蔵庫跡

 昔このあたりは歩くのも困難な原始林でしたが、江戸時代中期から
 天然氷の採取・貯蔵が行われていたようです。
 明治末から昭和12年頃までの30年間は蚕種や種子の貯蔵に利
 用され、大正年間には天然氷の採取・販売も行われました。
 昭和4年に国の天然記念物に指定され、大正初期から見学できる
 ようになりましたが、初期は照明設備がなく灯りはローソクでした。
 戦後、貯蔵庫跡は進駐軍のダンスホールとして利用されたことも
 ありました。(案内板より)



 江戸時代、氷は貴重品だったのですね^^。 


 溶岩トンネル内はかなり低い姿勢で前進しないと、
 天井にぶつかってしまいます。


 薄着のまま入洞した人の「寒い…」という声が聴こえてきます。
 氷の貯蔵庫を再現したブロック状に積み上げた氷の壁は、外の暑
 さを忘れさせてくれました。


 環状トンネルなので10分ほどで一回り。。。
 帰路は急な階段icon10です。

   ≫白糸の滝はこちら

 ◆富岳風穴・鳴沢氷穴
  http://www.mtfuji-cave.com/  


Posted by 風子 at 17:05Comments(4)ミニ旅行

2013年08月29日

富士山周遊バスツアー ♪

 6月に世界文化遺産に登録され、なにかとニュースが多いので
 合いたくなりました。Mt.Fujiicon12  
 そこで・・・『世界遺産登録記念スペシャル!
 ぐる~り一周!富士山周遊ゴールデンルート!10景』という、
 なんとも欲張りなバスツアーに参加しちゃいました^^。
 日帰り、お弁当付き(車中食)の弾丸ツアーicon10です。。。  8/28


 車窓から眺める久しぶりの富士山kirakira01  (中央自動車道)  7:49


 富士急ハイランドの背景も富士山です。   7:52


 河口湖畔では湖面に映るさかさ富士icon12が見られました。 8:04


 西湖あたりで雲がかかりはじめ     9:36


 富士五湖で一番小さな精進湖。あらら…どんどん雲が増えて 9:59


 本栖湖は富士五湖で最も深く、透明度が一番の瑠璃色。  10:18
 紙幣に描かれたさかさ富士は本栖湖の風景だそうです。

 午後は残念ながら雲に隠れてしまいましたが、ツアーのプロも
 なかなか出会えないというほど、すっきりと素敵な姿が見られて
 ラッキー^^。

 雄大な富士山を眺めるツアーは、富士山の豊かな水を巡るツアー
 でもありました。

   ≫続きはこちら  


Posted by 風子 at 20:02Comments(2)ミニ旅行