群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Information

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2011年09月04日

雨上がりの散歩 ♪


 ノロノロ台風がやっと通り過ぎて 
 山崎稲荷の境内はすっかり秋みたい。。。


 金網越しのノラちゃんもお散歩?
 雨がやんでよかったね^^
 

 お花売り場の片隅に素敵なおしゃれさんがいて…
  

 キバナコスモスも元気いっぱい。。。
 

 自転車で帰って来たおじさんに箱の中身を見せてもらうと
 最近名前が売れた“ドジョウ”とアメリカザリガニicon12
 田んぼで捕れたので、水槽に入れて飼うそうです。
 ドジョウ鍋ではないのね^^。

   


Posted by 風子 at 19:20Comments(0)*地元あるき

2011年07月04日

板鼻・野花さんぽ - 2 ♪


 早起きしてもお日さまに逢えないときは・・・


 ぷらぷらと花散歩にでかけます。。。
 

 緑濃い垣根にも小さな花icon12がたくさん・・・
 

 幼いカマキリもいて。。。今年のアジサイは哀しい色・・・
 

 農園のブルーベリーは色づいたかしら^^。こちらはまだまだ・・・


   


Posted by 風子 at 20:12Comments(0)*地元あるき

2011年06月09日

板鼻・野花さんぽ ♪


 信号の近くに咲いていて いい香り☆


 雑草のようですが 群生しているとゴージャスicon12


 あちこちで白い花と出会いました。。。


 定番のシロツメクサも・・・


 おしゃれなツートーンの彼女できまり ^^。
  


Posted by 風子 at 20:52Comments(0)*地元あるき

2011年06月04日

板鼻・花さんぽ - 3 ♪


 小さな小さな道端の花・・・


 雨に負けなかった美人さん・・・


 野生化したような可愛いリンゴ・・・
 

 日差しを避けるテントウムシ。。。


 WOW!素敵なバラのアーチです・・icon12

  


Posted by 風子 at 20:26Comments(2)*地元あるき

2011年05月25日

板鼻の小さな^公園 ♪


 散歩のとき、いつも気になっていた小屋。   2010.9.28撮影


 石碑には「上之山簡易水道 昭和二十七年五月
 十日竣工」という文字が彫られています。
 簡易水道の意味もわかりませんでしたが、昔から
 天神山あたりからの上質な地下水が豊富で、地域
 の人々がその水を利用してきたのだとか・・・。


 何ヵ月か前に工事の人達がいて・・・
 気がつくと小屋がなくなっていましたicon10
 区のお知らせによると、多くの方のご協力で
 ミニ公園が整備されたことを知りました。
                  クリックで拡大します
 

 ベンチが置かれて、かわいい公園icon125月22日に開園しました^^。
  
「この公園は休憩などを目的に設置しました。公園の出入りに
 注意してください。せまいので怪我をしないよう、公園内では
 ゆっくり行動してください。丸太椅子に乗ったりしないでくださ
 い。ごみは持ち帰りましょう。」
と書かれています。 


 前から2番目の電柱のあたりが板鼻のお花畑入口で、
 その奥が伝説「片葉の葦」の鏡が池です。
   


Posted by 風子 at 20:49Comments(0)*地元あるき

2011年05月18日

板鼻・花さんぽ - 2 ♪


 住む人がいなくなった庭先にも 見事なクレマチスicon12


 野の花もいきいきとして・・・
 

 板鼻公園の入口も華やいでいます。。。
 

 上毛新聞に掲載されて 板花会のお花畑も
 賑わっていました^^。 
   


Posted by 風子 at 21:33Comments(0)*地元あるき

2011年04月25日

安中の風景 - 7 ♪


 安中が誇っていた唯一の3階建てデパート石田さん
 の跡地に建つ安中市地域福祉支援センターに初訪問☆

 社会福祉協議会で
 3時間ほどの講習を受けて
 地域で少しでもお役に
 立てるとよいのですが。。。




 少し離れた河川敷の駐車場
 まで歩くと・・・
 初めて見る少し狭い橋があり
 新島学園のとんがり屋根が見えて
 うれしくなり・・・^^。


 橋を渡って、今年のハナミズキは元気がないなぁ・・・と思いつつ
 帰りました。。。

安中市社会福祉協議会
  安中市安中3-19-27 Tel. 027-382-8397 
  http://www.annakashakyo.com/

  


Posted by 風子 at 20:33Comments(0)*地元あるき

2011年04月05日

板鼻・花さんぽ- 1 ♪


 山崎稲荷の一番桜はようやく咲き始め・・・


 称名寺の山門が華やいでいます icon12
 近所の方に「彼岸桜だよ」と教えて頂きました。


 濃いめのピンクが素敵・・・見頃です^^。


 板鼻堰には緑の新芽が映えて・・・


 梅昌寺跡ではコブシの古木がたくさん花を
 付けました。。。
  


Posted by 風子 at 20:17Comments(0)*地元あるき

2011年04月03日

板鼻・水辺の春・・・♪


 板鼻堰の流れに沿って歩くと・・・


 ハクモクレンの大木があり。。。


 水辺の風景に春を添えていましたicon12
 ハクモクレンは日が当たると開き、暗くなると閉じるとか・・・


 元、大乗院(慶長末期からあった)境内にあった薬師堂前の
 石段と大きな青面塔(高さ2mほど)、庚申塔


 生垣や板塀、竹塀、そして各家に必ずと言って
 よいほど見られるのが お稲荷さんの祠^^。  


Posted by 風子 at 21:40Comments(4)*地元あるき

2011年02月16日

板鼻・山崎稲荷の四季 ♪


 称名寺の裏手にある山崎稲荷社         2011/1/2

暮れになるとこんなお知らせが
あちこちに貼られて・・・。
お稲荷さんでは、願い事が通った
お礼として鳥居を奉納する習慣が
あるそうです。
トンネルのような鳥居がある大きな
お稲荷さんは、多くの人から厚く信
仰され、感謝されているという事な
のだそうですが・・・地元のお稲荷
さんは親しみやすく気軽にお参り
できます。


 雪におおわれた山崎稲荷   2/15


 春は満開の桜がたのしめて・・・


 梅雨時には色鮮やかなアジサイも咲きますicon12

 ☆地域の子ども達のための楽しいイベントはこちら

 この稲荷社は板鼻では最も知ら
 れていて、板鼻宿が栄えたころは
 遠近からの参拝者で賑わったそう
 です。大正初期の火災で焼失し
 ましたが、称名寺四十世純秀和
 尚が再建し、すぐれた建築物で
 あると伝えられています。

 ←ちょっと愛嬌のある
  コンコンさん


 最近は見られない、素焼きのコンコンさんがいます^^。

山崎稲荷   


Posted by 風子 at 22:57Comments(4)*地元あるき

2011年01月31日

板鼻城 と板鼻古城の今 ♪

 
 碓氷川に架かる鷹巣橋を高崎方面に向かうと、正面にその昔
 板鼻城があった高台が見えます。

 板鼻城は、碓氷川と九十九川の合流点より
 約1キロ下流の台地にあり、発掘により
 舶来陶磁器や国産陶磁器が出土したそう
 です。
 現在は畑と住宅が点在するだけで・・・
 すっかり忘れられた存在となっています。


 板鼻城の北西に位置した板鼻古城遺跡では、徳定屋敷と推定
 される中世の館址が発掘されました。

 現在はカラフルな住宅が並ぶ古城団地となっています。

 塁壁(るいへき:とりでの壁)の跡のような地形が各所に見られる
 だけで、掲示板も石碑も見当たらないのが、なんとも寂しい城跡
 です。(参考:西上州の中世展)     


Posted by 風子 at 22:10Comments(0)*地元あるき

2011年01月17日

板鼻・幻の路線あと ♪


 1月13日に『板鼻の風景-10』で紹介した写真にもありますが、
 板鼻の陸橋下信号脇の、広告塔のような・・・どっしりとした 
 不思議なコンクリートの柱!

 鉄道事業者が敷設許可を受けてい
 ながら 完成させていない路線を、
 未成線というそうですが、これぞ未
 成線の名残り!
 かつて(北高崎 - 里見・里見 - 岩
 島・板鼻 - 安中・高崎 - 富岡に)
 上州電気鉄道が計画されたそうで
 すが、大正12年に会社設立後、経
 営状況がよくなかった(?)のか、
 工事は縮小されました。その後、昭和7年に会社が倒産した
 ため、鉄道敷設は幻となってしまったのだそうです。▲これは、 
 実際に工事が行われた板鼻付近に唯一残された、橋台跡です。


 後ろ側を見ると、いかにも鉄道敷設ための橋の構造で
 あることがうかがえます。

 ※名前が似ていますが上毛電気鉄道とは別の会社です。

 ※計画された路線図はこちらに→急行きそ3号

 ※先日の退屈な人さんのコメントで「鉄道建設が中止になって、
  その盛り土で国道つくったらしい」というお話につきましては
  未確認ですので、調査を続けます。

 ◆橋台跡の場所
   


Posted by 風子 at 21:25Comments(8)*地元あるき

2011年01月14日

安中の風景- 6 ♪


 ケンタッキーフライドチキン なぜか気になる、なつかしさ。
  毎月28日限定「とりの日パック」って?


 夕闇がせまる頃のこのアングルが好きですが、撮影はムリ(・・; 


 信号待ちですかさずパチリicon12 


 夕景はいつもさびし気で。。。
   


Posted by 風子 at 21:21Comments(0)*地元あるき

2011年01月13日

板鼻の風景 - 10


 板鼻陸橋下信号近くの大木の下で・・・


 交通量が多く排ガスがicon10・・・こちらも板鼻の貴重な双体道祖神。


 板鼻二丁目信号角にある「やはたみち」と刻まれた道標。
 かろうじて「や」だけ読めました。


 懐かしい昭和レトロの手押し井戸ポンプ・・・icon12現役のようです^^。

◆双体道祖神(上)と道標(下)のある場所

  


Posted by 風子 at 16:37Comments(4)*地元あるき

2011年01月08日

板鼻の風景 - 9 (どんぶり坂)


 板鼻から里見方面に通じる道路です。
 通称どんぶり坂・・・どんぶりの底みたいだから?


 テントを設営して・・・


 地元の人々が大勢でどんど焼きの準備icon10


 青竹が組まれて・・・
 

 だるまさんも賑やかに、小屋掛け完成 icon12 
 明日の朝も寒そう・・・頑張って早起きしないとネ^^。

◆安中市板鼻 どんぶり坂
   


Posted by 風子 at 17:05Comments(4)*地元あるき

2010年12月31日

お地蔵さまの“よだれかけ” ♪

「毎年、お地蔵さまおかけ帽子を手作りしています。人に知らせ
ることではないのですが・・・」と
め花
さんから聞き、「お着替えのと
き立ち会わせて下さい!」と無理
やりお願いして、大晦日を迎えました。

以前はお母さんが丁寧に縫っておられたそうですが、90歳をとうに
過ぎた方なので、娘さんが代りに作るようになったそうです。

 昔から人々を苦しみから救って
 浄土に送り届けてくれる・・・と、
 信じられてきたお地蔵さま。
 板鼻の聞名寺境内の六地蔵
 の前に集合しました♪


 息子さんが脚立に上って、色あせた帽子とよだれかけをはずし


 1年間のほこりがついている、お地蔵さまの汚れを拭って・・・


 真新しい、きれいな帽子とよだれかけに着替え完了です^^。

 お地蔵さまのよだれかけが赤い
 のは・・・
 昔から幼児を「赤ちゃん」「赤ん坊」
 「赤子」などと「赤」という色で表現
 していることに関係があるとか。。。

 昔は医学が発達しておらず、子ども
 の死亡率が高かったので、死んでしまった子どもの親たちはお地蔵さんに救いを求めました。線香や花、おだんごや水のほか、子どもに縁の深いよだれかけ帽子を供えるようにしたのです。かわいいわが子をなくした親は、お地蔵さんのめんどうを見ることで、自分の悲しみをなぐさめました。(参照:学研教育情報資料センター資料)


☆お地蔵さまのよだれかけ販売サイトもあります♪
 http://www.kyo-ori.com/kawasima/yodarekake.htm  


Posted by 風子 at 21:55Comments(2)*地元あるき

2010年12月23日

安中の風景 5(七曲橋) ♪


 旧中山道から碓氷川に向かう下り坂。急カーブの先に七曲橋。


 渡り切って振り向くと・・・こんな感じicon12


 ▲七曲橋 1923 年頃(大正12年) 川で泳ぐ人がいます。

 橋の名前が気になっていたのですが、昔の写真の中に
 「七曲橋」を見つけました^^。
  


Posted by 風子 at 22:19Comments(0)*地元あるき

2010年12月14日

安中の風景 4 ♪


 18号バイパスから 少し雪が消えた浅間山が見えます。。。 10:11


 何気ない風景・・・北海道のつもり・・・^^ゞ


 なんとなく気に入って・・・


 この景色で場所がわかってしまいそうです^^。(安中市中野谷)  


Posted by 風子 at 16:47Comments(6)*地元あるき

2010年11月14日

安中の風景 3 (牛石)♪

 中山道を歩く旅人のために『旧道日和』という
 リーフレットが3種類あり、市内各所に置かれ
 ています。(安中市観光協会作成)
 その一部「板鼻そして歴史薫る安中」牛石
 の小さな写真があり、次のような説明が・・・。

 蓮華寺から東方へ300m程、桐の木橋を渡った
 先の草原に埋もれるように大きな岩がある。
 この岩は、蓮華寺所縁の栄朝禅師(後、新田長楽寺住職)がこの
 場所に着いた時に、一緒に旅をしてきた牛が動かなくなり、そのま
 ま岩と化した。と言う、伝説を持つ。


 蓮華寺といえば中宿の信号の近くで、散歩や買い物に
 出掛ける辺りです。これは探さずにはいられません。(^^ゞ
 しかし、今どき草原など見当たらない・・・グルグル走って
 いると、賃貸アパートの脇に黒っぽい塊が!お隣は墓地icon10


 近づいて見ますと、こんな感じで・・・


 草に囲まれた写真とは向きが違うようですが、位置的にはピッタリ。
 またひとつ、不思議なものに出会ってしまいました^^。



安中市観光協会 http://www.annaka-city.com/
 
  


Posted by 風子 at 17:19Comments(2)*地元あるき

2010年11月08日

板鼻の風景 - 8 (草むらの くつわ)♪


 安中老人福祉センター前を通り過ぎて車の修理屋さんの脇を
 左に曲がると、昔、板鼻城の入り口があった当たりで、急に坂
 がきつくなります。


 坂が右に折れる角に、草におおわれた小さな
 馬頭観音があります。よーく見ないとわからないicon10
   

 ある日その石塔に絡みつくように置かれた、鉄製の
 ベルト状のものを見つけて、ハッとしました。
 まさか、馬の轡(くつわ)?!または、馬具?


 ▲これは、何?

 近世以降は国内の流通が活発化
 し、が移動や荷運びの手段とし
 て使われることが多くなりました。
 重量のある馬が急死したときは動
 かすことが困難なため、その場に
 葬った
と云われ、路傍に「馬頭観
 世音」の文字だけ彫られたもの
 は多くが供養として祀(まつ)られた
ものだそうです。

 いつの時代のものかはわかりませんが、もし、これが轡(くつわ)
 だとしたら、、、なんと生々しく、不憫なことでしょうか・・・。

 草むらの轡(?)が
 路傍にたたずむ石碑や石塔にはそれぞれに意味があるのだと、
 深く感じさせてくれたのでした。

  


Posted by 風子 at 20:56Comments(4)*地元あるき