群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2017年10月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Information

2017年06月07日

今年のアマリリス♪


 このところ毎年冬場は体調がよくないのですが、
 ブログ更新もできないままに、いつの間にか梅雨に
 なっていました。
 最初に買った2鉢から株分けした球根が育ち、今年は
 6個も可憐な花が咲きました。   5.10撮影


 
 わが家のアマリリスが咲くころになると、ようやく人心地が
 つくような感じです。

  
タグ :アマリリス


Posted by 風子 at 17:18Comments(4)日記

2016年12月31日

大晦日♪



更新できないままに 大晦日を迎えてしまいました。
年が変われば更新できるようになるかも・・・と
淡い期待はあるのですが。。。
皆さん よいお年をお迎えください。
  


Posted by 風子 at 03:14Comments(2)日記

2016年09月26日

やっと晴れ♪


 久しぶりの晴天icon12  9/25


 秋らしい雲に誘われて公園を歩くと・・・
 

 浅間山の右側に、小さな虹のような彩雲が見えました。


 散歩道のコスモスでも・・・和みます。。。
  


Posted by 風子 at 16:54Comments(2)日記

2016年09月06日

夏の風景2016 ♪


 榛名湖にて 8/8


 台風一過 8/31
 

 

 散歩道で 8/31 


 





 中之条町にて 9/1
  


Posted by 風子 at 15:56Comments(4)日記

2016年07月22日

風になった人♪

 

 7月10日の朝 

 「イトスギ」ブログのruriri さんが亡くなりました。


 たまたま同じ頃の群馬への移住者としてし親しくなり、病に立ち

 向かう心の糧になれば・・・と、「イトスギブログ」の立ち上げに

 協力させていただきました。


 いく度か二人で出掛けた時のシーンが鮮明に想い出されます。

 少女のままの純真な好奇心と、心に響いたものに感動したときの

 すてきな笑顔を忘れられません。

 信じられないほどの農婦スタイルで、草花や野菜の手入れに

 いそしむ姿が今も瞼にやきついています。

 彼女からの、やさしくていねいに綴られたバースデーレターが

 遺され、その気持ちに対して何も答えてあげられなかったことへの

 悔恨と、深い喪失感にとらわれています。


 つらい闘病生活から解き放たれ、天国で安らかに眠る・・・

 というより、彼女は本来の姿を取り戻しあの唄のように自由な

 風になり、旺盛な好奇心で何かを発見して、おもしろがっている

 ような気がしています。

 また会える日が来ますように・・・

 しばらくはそちらでお待ちになっていてください。


  
 雨のお庭に言葉もなくたたずむと、彼女が好きだった白い花が 

 さびし気に雨に打たれていました。    (合掌)

  


Posted by 風子 at 10:20Comments(2)日記

2016年06月05日

深緑の頃 ♪


 △峠の湯
 関東もどうやら梅雨入りらしいけど・・・


 日ごとに木々が深緑になる季節です。


 白い花弁のように見えるのは葉っぱ


 ハナミズキのそっくりさんはヤマボウシです。
 

 池の畔には涼風と木陰がたっぷりありました。6/3
  


Posted by 風子 at 15:11Comments(2)日記

2016年01月30日

雪に咲く♪



 3週間ぶりの更新となりました。。。
 体調が思わしくないので・・・
 冬眠するがごとく過ごしていました。
 冬眠とは「活動力を極度に低くした状態で
 越冬する現象」だそうです。



 風もなく穏やかな日和に誘われて
 久しぶりに散歩に出てみると
 雪が残る畑に、白梅の蕾がほころんでいました^^。  1/27

  
タグ :梅の花


Posted by 風子 at 16:20Comments(2)日記

2016年01月07日

少林山だるま市2016♪


 散歩を兼ねて8時頃 少林寺に到着すると・・・いつもは
 凍りついている手水舎も、今年はこんな感じ。
 

 △だるまの納め所は本堂前に移動

 お寺さんと露天商の間で何やら折り合いがつかなかったとかで、
 ズラリと並ぶ露店は見られず・・・その影響で、いつも見慣れた
 だるま販売のテントもありません。。。

 
 
 
 
 その代わり本堂裏には「全国うまいものブース」があり、いろいろな
 食べ物屋さんがひしめいていて「びっくりぽん!」


 境内の直営店で一般的な赤いだるまさんは売られていますが、
 「じゃぁどこで、いつものだるまさんを買えばいいの?」とつぶやき
 ながら坂道を下りて行くと・・・
 

 さっき通ったときは準備中だった急ごしらえのだるまやさんで、よう
 やく好みのだるまさんを買うことができました^^。 
  


Posted by 風子 at 20:23Comments(2)日記

2016年01月01日

初日の出♪


                               2016.1.1   7:08

        あけましておめでとうございます。

        年末は更新できませんでしたが・・・

        ボチボチ続けてまいります。

        今年もよろしくお願いいたします。


                       2016年1月1日  風子

  
タグ :初日の出


Posted by 風子 at 07:37Comments(2)日記

2015年12月03日

リニューアルオープンの「峠の湯」でランチ♪

 古文書教室の碓氷関所研修があり、ランチタイムは
 12月1日に新装オープンした峠の湯のレストランに決定♪

 
  オープンを待ちかねたお客さんの車で、駐車場は満タン
  でした。

 
  外観はほとんど変わりませんが、1階ロビーとレストラン
  「碓氷テラス」は、入湯以外の人も気軽に利用できるよう
  になり、お土産コーナーが広々して品揃えも充実。。。

 
  レストランもあっという間に満席になりました。 

 
  ランチは量がたっぷりのパスタセットicon12

 
  スイートポテトとコーヒーつき。

 ◆碓氷峠の森公園「峠の湯」 
  安中市松井田町坂本1222  Tel. 027-380-4000

   営業時間:午前10時〜午後9時
   休館日: 第2・第4 火曜日 
   料  金:大人600円(3時間)
   ※12月31日・1月1日は営業します。
  


Posted by 風子 at 04:52Comments(2)日記

2015年11月14日

本と珈琲のお店「今日はいい日だ」 ランチ♪

 

  友人と約束していた今日はいい日だ」ランチです。
  ランチメニューのチキンカレーもおいしそうだったけど 

  "オーナーのさかもっちゃんの手作りハンバーグと手作り
  のデミソース  手間ひまかけて作っています!"
という
  ★てごねハンバーグにして

 

  デザートはコレステロールが気になる年頃なのでicon10
  ★あん珈琲ゼリー

  おもしろいとり合わせですが、コーヒーゼリーとあずきの
  ほどよい甘さがベツトマッチicon12で・・・くせになりそう^^;

 
 
  断捨離中だということで古書を何冊かいただいたのです
  が・・・な、なんと!上州生まれの渡辺明氏の時代小説
  『秘剣 馬庭念流 を発見!

  オーナーがどこかに、"あなたに全ての良きことが雪崩の
  ごとく起きます"
と書いていましたが・・・その通りでした^^。  
  11/13

   ◆本と珈琲のお店 今日はいい日だ
    安中市安中3525    TEL 027-395-4199
    ○営業時間 :8:00~19:00 ○ランチタイム 11:00~
    ○定休日: 水曜日 
  


Posted by 風子 at 11:08Comments(2)日記

2015年08月14日

丸田屋さんのおはぎ ♪



 春は牡丹の花にかけてぼたもち
 
 秋は萩の花にかけておはぎと呼ぶそうな。。。
 
 お盆なので親戚の家でパック入りのおはぎを

 貰って帰りました。

 あけてみたら、生クリーム大福で有名な丸田屋総本店

 おはぎでした。

 こだわりのあんこは厳選された北海道産小豆100%icon12

 ほどよい甘さのこし餡 で、ご飯は絶妙なやわらかさ♪

 二人で5コをぺろりと食べてしまい・・・夕飯はいらない感じ^^。

 丸田屋さんのホームページで「丸田屋の歴史」を見ると、

 安中草三郎とのかかわりがあったらしいので、

 すっかり嬉しくなってしまいました。

 ◆丸田屋総本店
  http://www.maruta-ya.co.jp/
  


Posted by 風子 at 19:55Comments(2)日記

2014年12月31日

大晦日に。



   何年ぶりかで
   紅白歌合戦を観ていますが
   はじめて聴く曲もあります。

   おかしなミスがあるのも、生ライブの楽しさ^^。

   あとわずかで、今年も終わり。。。

   ブログ更新は進みませんでしたが、
   なんとか無事に過ごせたことに感謝です。

   どうぞ皆さん、よいお年をお迎えください。
  


Posted by 風子 at 22:37Comments(0)日記

2014年11月05日

安中市/西毛総合運動公園の秋 ♪


 気がつけば もう11月。。。


 PCに向かう時間をなるべく減らして
 

 散歩の時間をふやしたいのですが


 なかなか そううまくゆかないのが現実です。


 ひさびさに訪れた西毛総合運動公園は 


 素敵な秋色に染まっていました^^。    11/4
  


Posted by 風子 at 17:02Comments(4)日記

2014年10月22日

手作り「野の花図鑑」 ♪


 10月12日 学習の森で開催されたもりのまつりで、昆虫や野山
 に咲く花の写真集を出展しているご夫婦がいました。


 ご主人はぐんま昆虫の森でボランティアをされて
 いたそうですが、昆虫や花の写真を時間をかけて撮
 影し、画像を一覧表示した写真集を作製icon12 
 欲しい方にさしあげて、募金という形をとっているそうです。


 △クリックで拡大
 花の写真が欲しいと思いましたが、 この日は花の写真は
 予定数を完売(?)してしまったとか。
 でも親切なご主人が袋の中をごそごそ探して、特別に、ご
 自分用のものを分けてくれました。^^v
 いつまでたっても散歩で見かける野花の名前オンチの風子
 ですが、おかげさまでこの手作り図鑑を持ち歩く愉しみがで
 きました^^。

◆ぐんま昆虫の森ホームページ
 http://www.giw.pref.gunma.jp/
  


Posted by 風子 at 20:37Comments(6)日記

2014年06月06日

碓氷製糸 見学 ♪


 世界文化遺産登録をめざす富岡製糸場(富岡市)の影響もあり、
 製糸場見学が人気のようです。
 富岡製糸は何度か見学しましたが、実際に操業している製糸場を
 ぜひ見たいという願いが叶って、九十九地区の生涯学習・碓氷製
 糸見学
に参加することができました。   5/29


 松井田文化会館の駐車場から、西方の大きな鉄塔に向かって


 7~8分歩くと
  

 妙義山を背景に、碓氷製糸工場の赤い屋根が見えてきました。


 △碓氷製糸農業協同組合入口
 群馬県のみならず、日本の経済成長を支えてきた製糸業。 
 昭和初期には全国で300社を数えた製糸工場ですが、現在稼働し
 ているのは山形県に1社と、ここ碓氷製糸だけ。純国産シルクを作
 ることができる、貴重な製糸工場です。
 

 △荷受場 
 工場ができた55年前頃には群馬県内の養蚕農家は80,000軒も
 あり、荷受場に満杯だった繭ですが、中国・ベトナムなどからの
 輸入生糸の影響で養蚕農家が激減し、繭の入荷も減ってしまい
 ました。
 小学生の頃見学した製糸工場は煮サナギ(?)の独特の匂いに
 包まれていましたが、意外なほど匂いは感じられませんでした。
 工場内の写真撮影はOKですが、ブログ掲載はお許しいただけな
 かったので、繭から生糸ができるまでの解説パネルで紹介します。

 【1.搬 入】
 県内だけでなく長野・新潟・愛媛・熊本など13県の養蚕農家、約
 800戸から年間約30万kgの繭(国内で生産される繭の約6割)が
 搬入されます。

 【2.繭乾燥】
 繭を長期間の保存に耐えられるように125℃から60℃までの温度に
 変えながら、5~6時間かけて乾燥させます。

 【3.貯 蔵】
 乾燥させた繭を品種ごとに分けて倉庫に保管します。

 【4.選 繭(せんけん)】
 下から光を当てた台の上を流れる繭の中から、汚れているものを
 はじく作業。


 【5.煮 繭(しゃけん)】
 煮繭機で水・湯・蒸気により約20分かけて繭をやわらかくし、繭糸
 を繰り入れやすくします。

 【6.繰 糸(そうし)】
 数個の繭からほぐれる糸を合わせ、1本の生糸にする工程。主に
 自動繰糸機を使い、細く・均一な太さの生糸を作ります。

 【7.揚げ返し】
 小枠に巻き取った生糸を、荷造り・取り扱いに便利なように大枠に
 巻き返す
作業。

 【8.仕上げ】
 揚げ返しした生糸を保湿し、一昼夜かけて自然の水分状態に調
 整。出荷前の生糸を長いままで束ね、箱詰め、出荷します。

 【9.チーズ巻】
 揚げ返しの行程を経ず、直接チーズに巻き取るため、すぐに合糸や
 撚糸にかかれます。検品した後、3昼夜調整室に置き、自然の水
 分状態にした後、個包装し、出荷
します。
  ※チーズ巻=プラスチック製のボビンのこと。
 

 碓氷製糸農業協同組合は、碓氷安中地域の農家(組合員約400
 人)の出資により経営しています。
 オリジナル絹製品の販売も手がけ、直売所ではすてきな絹製品を
 会員価格で購入できました。


 懐かしい感じの はっぴ には「碓氷精練株式会社」の文字


 招き猫も碓氷製糸のネーム入りです^^。

 当日は担当の方に案内していただきましたが、糸の品質が落ちる
 と困るので、繭が入荷する多忙期の見学はちょっと無理かも…との
 お話でした。

 画像入り解説はこちらに
◆「日本すきま漫遊記」 碓氷製糸の見学・繰糸場
http://www.sukima.com/31_usui08/94usuiseishi.html

◆碓氷製糸農業協同組合
 安中市松井田町新堀甲909
 027-393-1101
 
  


Posted by 風子 at 20:31Comments(4)日記

2014年06月02日

今年の松井田バラ園 ♪

 九十九地区生涯学習・碓氷製糸見学のあとで
 松井田ローズガーデン (松井田バラ園)
 立ち寄りました。  5/29


 なんとなく、以前と雰囲気が違う感じ。。。


 オーナーのお話では、2月の大雪で園芸用ハウス4棟や
 売店などが壊れてしまったとのこと


 200種・1000株のバラが咲き誇ったローズガーデン
 では、毎年今頃バラ祭りがあったはずなのに…
  

 雪の重みでバラの木も折れてしまい、ダメージが
 大きかったそうです。
   
 2006年6月5日に撮った写真がありましたので、
 バラ園の復興を願って掲載いたします。












  


Posted by 風子 at 10:12Comments(2)日記

2014年05月13日

5月の軽井沢 ♪


 春の訪れが遅い信州は、梅・桃・桜が同時に咲き揃って
 百花繚乱の趣だと、話には聞いていましたが


 碓氷峠の帰りに立ち寄った軽井沢には 
 まさに、芽吹きのよろこびが充ちている感じでした。


 △浄月庵(軽井沢タリアセン) 
 作家・有島武郎の父 武が明治末期に建てた別荘。
 有島武郎は大正7年に、小説『生れ出づる悩み』をここで
 執筆しました。
 この別荘は、武郎の終焉の地である三笠ホテルの近くから
 この地に移築したものだそうです。
 1F カフェ「一房の葡萄」(閉店中)
 2F 有島武郎記念室として公開中


 多くの文豪に愛された軽井沢で新緑散歩。。。


 ほとんど雪が消えた浅間山を背景に
 風もなく、穏やかな一日でした^^。    5/11
   


Posted by 風子 at 19:07Comments(0)日記

2014年02月22日

板鼻の雪風景(続) ♪


 板鼻宿だった頃も こんなに雪が積もったのかしら


 板鼻公民館前にも雪が積まれ


 中宿のスーパーに向かう道はツルツルでこわいicon10
 

 駐車場にはあちこちに雪のかたまりが居座っています。


 山崎稲荷の境内に入るには ちょっと勇気が必要で


 雪を踏みしめながらようやくお参り


 空は春の色なんだけどなぁ。。。   ここまで 2/21
 

 雪が残る板鼻を「SL・DL富岡製糸場応援号」が通過しました^^。  
 乗客は横川駅から無料バスで富岡製糸場へ向かい、見学した
 ようです。(△拡大します)   2/22  9:58
  


Posted by 風子 at 20:48Comments(0)日記

2014年02月21日

安中の雪景色 ♪


 △安中駅前 9:53
 14日の夜から降りだした大雪。1週間経っても、まだ雪だらけです。
  

 大雪のあと、国道18号はトラックの立ち往生で大変でした。


 安中市文化センターの上り坂はまだ凍結しているようです。


 歩行者はいませんが、歩道の雪はそのままで
  

 安中市役所の入り口にも大量の雪


 駐車スペースは確保されていますが、道路脇には雪の山


 九十九川を眺めながら安中市スポーツセンターに向かうと


 東側の駐車場には雪がありませんが、体育館前は真っ白で


 妙義山と浅間山を望む雪景色を堪能しちゃいました^^。 
 (拡大します)
  


Posted by 風子 at 20:06Comments(0)日記