群馬で出会った自然や季節の花、文化遺産、つぶやきなどを写真で綴ります。
< 2017年05月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Information

2017年04月30日

花と緑のぐんまづくり2017 in安中♪


 ▲碓氷峠の森公園   4/24撮影

花と緑のぐんまづくり2017in富岡・安中
~ふるさとキラキラフェスティバル~が
5/21(日)まで開催されています♪


 安中市のメイン会場・碓氷峠の森公園では主に土・日、各種イベントがあります。


 会場はいろいろなお花で彩られ・・・
 

 こんなワンコもいました^^。


 多肉植物の展示。
 フードテラスでは市内の各種名産品が食べられるみたいです。
 

 お絵かき花壇や花のピラミッドは花がいっぱいicon12


 水辺の散策もたのしめます。。。


 峠の一の入り口の回廊も素敵でした。

☆イベントの詳しい情報はこちら(PDF)
  


Posted by 風子 at 20:12Comments(0)*祭・イベント

2017年04月12日

城山稲荷の桜♪








待ってましたと言わんばかり。
全開の桜に、ぴんころ地蔵尊もにこやかでした^^。4/10
  


Posted by 風子 at 17:21Comments(2)* 季節の花

2017年04月03日

昨日の雲♪


△拡大します
最近、浅間山の噴煙はよく見ますが、右斜め上に向かうラインが気になりました。 18:02
  


Posted by 風子 at 14:52Comments(2)パノラマ生活

2017年03月08日

昨日の雲♪


 3/7  7:48


 9:54


 9:58
  
タグ :


Posted by 風子 at 14:41Comments(0)パノラマ生活

2017年03月05日

昨日の雲♪




  3/4  9:40
  
タグ :


Posted by 風子 at 16:11Comments(0)パノラマ生活

2017年02月26日

下仁田町虻田(あぶだ)の福寿草♪


 妙義町から下っていくと傾斜地がほんのりピンクに染まっていて


 わかりやすい看板がありました。。。  2/25


売店では地元の農産物や福寿草の鉢植えが売られています。
協力金300円(小学生100円)を払ってから


 遊歩道を上っていくと・・・  


 植栽され、1000本あるという紅梅と


 古くからこの地に咲いていた福寿草が迎えてくれます。


 地域のボランティアの方々が保護しているという福寿草。 
 

 ロウバイも春の光に映えて♪


 東屋で休憩もできます。
  

 春を待ちかねた人々でにぎわう福寿草の里でしたが、見頃はもう少し先のようです^^。

 開園時期は2月上旬~3月下旬まで
 【見ごろ時期】
 ◾福寿草:2月中旬~3月中旬ごろ
 ◾梅:3月上旬~3月中旬ごろ
 【参考】下仁田町ホームページ
 http://www.town.shimonita.lg.jp/

◆虻田福寿草の里  群馬県甘楽郡下仁田町大字中小坂2590

  


Posted by 風子 at 10:25Comments(2)* 季節の花

2017年02月23日

昨日の雲♪


 朝焼け   6:18


 7:40


  
タグ :


Posted by 風子 at 08:55Comments(0)パノラマ生活

2017年01月28日

第43回 安政遠足侍マラソン情報 ♪



第43回 安政遠足マラソン参加申し込み受付は
2月6日(月) 午前10時から始まります。
第41回、第42回は、募集後2日で定員に達したそうです。

【日 時】 5月14日(日) 

【コース・募集人員】(先着順・大会当日高校生以上の人)
  ◆峠コース・・・350人
   (安中城址~熊野神社28.97km)

  ◆関所・坂本宿コース・・・1,450人
   (安中城址~くつろぎの郷20.15km) 

【参加費】
   ◆峠コース・・・6,000円
   ◆関所・坂本宿コース・・・5,000円

  (2017年1月25日 上毛新聞記事より引用)

※第42回の情報はこちら↓
http://gpnotebook.gunmablog.net/d2016-01-31.html
  


2017年01月25日

安中の簗瀬二子塚古墳♪



 △簗瀬二子塚古墳入口

 簗瀬二子塚(やなせふたごづか)古墳は小森谷家(土地所有者)によって保存され、長い間元の姿を残してきました。その後公有地化され、保存整備事業が終了し、公開されたのは2015年7月です。(撮影:2016/6/27)

 
 道路を隔ててガイダンス棟があり


 簗瀬二子塚古墳に関する解説パネルが展示されています。

 簗瀬二子塚古墳(平成24年安中市指定史跡)は、安中市域に初めて登場した大型前方後円墳で、古墳時代後期初頭(6世紀初頭)に築造されたと考えられ、この地域一帯を支配した有力者の墓と推測されます。
 また古墳の埋葬部分は横穴式の石室が作られています。この横穴式石室は、上野地域さらには東国において、石室が竪穴式から横穴式へと移る最初の頃のものと考えられ、学術的にも重要な古墳です。
 2段構造の前方後円墳で全長約80メートル、後円部径約50メートル・高さ約8メートル、前方部幅約60メートル・高さ約7メートル、上野地域の古墳時代後期初頭(6世紀初頭)最大級の古墳です。




出土品
 円筒埴輪・形象埴輪(人物や馬・埴輪列)、玉類(金箔ガラスの3連子玉・勾玉・水晶製丸玉など)、装身具(金銅製耳輪など)、石製模造品(鎌・刀子・斧・臼玉など)、武器類(鉄やじり・直刀・鉄小札)、馬具(杏葉・辻・金具など)、須恵器など。
 小森谷家所蔵の出土品は、平成24年、安中市指定重要文化財に指定されました。


 △石室内部

 全長11.54メートル義道長7.47メートル(幅0.67メートル~0.95メートル)、玄室長4.07メートル(幅2.16メートル~2.32メートル)高さ2.20メートル。
 天井石には秋間石(溶結石室凝灰岩)が使用され、近くの碓氷川の川原石を使用している壁石には赤色顔料(ベンガラ)が塗彩されています。(リーフレットより)


 石室入口前には石室展開写真が展示されています。


 墳丘の形を変えることなく全体に盛り土を行う方法を用いて、古墳の保護を目的とした整備が行われたそうです。


 後円部頂には石祠と歌碑(小森谷啓作氏建立)があります。

【銘文】
布多古塚碑
さきつとし、小森谷柳造はこの山のすそを新墾
して、ひとつの岩むろを見出し、まか玉のたくひあまた
掘えたり。そもそも此あたりをむかしよりふたこつかと
いひつたえ来ぬれと、其ゆえよしをしることのなし。
つかはあれと、千歳のいにしへよしある人の遺跡
なる事ハ、今あらはれ出し玉の光にていちしるし
といふへし
あらかねの上にうもれし玉さへも
 あらわれいつる君かミよかな
 明治十九年丙戌一月
  正四位勲三等黒田清綱
         ※清綱は洋画家・黒田清輝の養父
 

 広々とした園内を散策したあとは、あずまやでひと休み。。。
 古墳の西側に、「簗瀬八幡平の首塚」(安中市指定史跡)が隣接していることを知りました。


 簗瀬八幡平の首塚(安中市指定史跡)は、元々6世紀後半の横穴式石室を主体部とする円墳でしたが、昭和6年に近くの小学生により古墳(原市12剛墳)中に多数の人お頭骨が埋められているのが発見され、その後昭和27年の東京大学人類学教室の鈴木尚教授の発掘調査により、古墳の石室の外側に穴を掘り、人骨(ほとんど上顎以上の頭骨)を埋めたことがわかりました。頭骨は150体分以上あり、性別の判明する38体の内訳は、男27、女7、幼い子ども4であることがわかりました。骨は天明3年(1783)の火山灰層の下にあり、頭骨の特徴から中世(鎌倉時代~室町時代)の骨であることがわかりました。
 また、平成9年の発掘調査で、古墳の南面に板碑(いたび)7基が確認され、その内の1つに「建武4年」(1337)の銘があり、そのころに建立されたと考えられます。(安中市ホームページより)


安中市学習の森では
安中市合併10周年記念・保存整備事業完了記念企画展
「簗瀬二子塚古墳の世界」
1月30日(月)まで開催されています。

簗瀬二子塚古墳は6世紀初頭に碓氷川沿いに造営され、東国においてもっとも早く横穴式石室を導入した古墳のひとつです。この古墳は明治12年に石室が発見され、石室から出土した副葬品は、古墳の所有者である小森谷家によって大切に守られてきました。
 今回の企画展では簗瀬二子塚古墳に関係する史料や遺物の紹介を通して、本古墳の価値を広く知って頂くとともに、小森谷家にのこる明治維新期の貴重な資料をあわせて展示いたします。(企画展ポスターより)

◆簗瀬二子塚古墳の場所

  


Posted by 風子 at 16:00Comments(2)■ 文化遺産めぐり

2017年01月01日

初日の出2017♪


                              2017.1.1  7:05

    明けまして おめでとうございます。

    今年は しあわせな年になりますように。。。



  
タグ :初日の出


Posted by 風子 at 14:34Comments(2)パノラマ生活

2016年12月31日

大晦日♪



更新できないままに 大晦日を迎えてしまいました。
年が変われば更新できるようになるかも・・・と
淡い期待はあるのですが。。。
皆さん よいお年をお迎えください。
  


Posted by 風子 at 03:14Comments(2)日記

2016年12月09日

最近の雲♪


 12/5  14:33


      14:33


 12/8  15:05


      16:05
  
タグ :


Posted by 風子 at 05:36Comments(2)パノラマ生活

2016年12月03日

1日に見た雲♪


 碓氷川上空に見えた雲。 (拡大します)
 魚のような形で、しっぽのあたりは虹色でした♪ 
 彩雲?            12/1 14:42
  
タグ :彩雲


Posted by 風子 at 09:36Comments(2)パノラマ生活

2016年11月13日

妙義山の紅葉とコスモス♪


 久しぶりのブログ更新です。


 妙義ふるさと美術館に向かう道です。11/12


 カメラをセットして紅葉に見入る人、キャンバスに向かう人。。。


 荒々しい山肌を背景に背の低い可憐なコスモスが色を添えて…








 好みの風景を探すときだけは不調を忘れられます^^。
  


Posted by 風子 at 16:30Comments(4)*おすすめスポット

2016年10月23日

草津温泉駅跡を探して♪


 草津温泉街をぶらぶら歩き。。。  9/31
 行く先々に足湯があり、バスターミナル前にもありました。


   △草津温泉バスターミナル

ガイドマップに「草津温泉駅」とあったので鉄道の駅かと思いましたが、バスターミナルのことでした。



バスホームにはJRバス関東・草軽交通・西武高原バスなどが整列。


 1階には待合所・売店・食堂・観光案内所などがあり



草軽電気鉄道の「デキ12型」機関車が展示されていました。
カブトムシの愛称で親しまれたそうですが、なんとも可愛い模型です。大正4年(1915)から昭和37年(1962)までの47年間、草津温泉と軽井沢間の55.5kmを走り続けた草軽電鉄。走っているのを見たかったです。 


観光案内所で「草津温泉駅」のことをたずねると、駅跡の場所を教えてくれました。


リゾートマンションの建ちならぶ風景の中に小さな公園があり・・・


 公園の片隅に「草津温泉駅跡」の石碑がありました。よーく見ると、石碑の足元にはレールがあります。


  △石碑の裏面


   草津温泉驛は 長野懸輕井澤町と 群馬懸
   草津町を結ぶ草輕電氣鐵道 55粁241
   米の 群馬縣側始發驛として 大正15年
   9月18日に開業し 發展途上にある草津
   温泉の表玄関として多数の 浴客や地域住
   民の乗降を主体とし 硫黄薪炭等地元生産
   物の發送と 各種建築資材食料など 生活
   必需品の到着した懐しい驛でもあったが
   交通事情の変革により 昭和37年1月3
   1日同電鐵の廢線のため 37年間の営業
   を閉じた   
         昭和58年11月吉日

      草輕交通社友會 草津町有志 建立

 ▽浅間台公園

  


Posted by 風子 at 16:30Comments(2)*おすすめスポット

2016年10月14日

あんなか祭り2016♪


 市役所前の通りのお祭りモードにはビックリ♪    10/10
 

 お祭り広場では、ふたつのステージで踊りや演奏などがあり・・・


 以前から気になっていた「小俣獅子舞」をじっくり見ることができました。350年の伝統を守る獅子舞を、安中小学校の4・5年生が演じました。


 毎年、こころを込めて制作する山車飾りも見事です。


 屋根で走るのは赤備えの真田幸村さん?


 夕暮れ時、明かりが点った山車もきれいicon12
 

 6台の山車が入場して、式典準備完了です。
 

 △拡大します


 式典でのお祝いのことばに、観衆からも応援の声が飛び交います。
 「あんなか祭り」は、あったかくて素敵なお祭りでした^^。

▽小俣獅子舞(編集してあります)


▽お囃子の共演


▽安中市合併10周年記念事業・花火大会(部分です)

  


Posted by 風子 at 15:39Comments(5)*祭・イベント

2016年10月08日

志賀高原の秋♪


志賀草津高原ルート(国道292号線)の最高地点から少し下ったこのあたりには、アマチュアカメラマンが大勢いました。


 白樺の黄葉ははじまっていました。。。


 蓮池周辺の紅葉は色づきはじめ・・・
 

 以前 訪れたとき、見事な紅葉を見られたことを思い出しました。


 気温が高いので、紅葉もおくれているようでした。 10/4
  


Posted by 風子 at 16:26Comments(2)ミニ旅行

2016年10月02日

第16回鼻高展望花の丘コスモス祭りin16 ♪


 青空が待ちきれない人々の車が途切れることがありません。9/30


 今年は姿のよいヒマワリとコスモスが並ぶ畑が見られました。


 早咲きのコスモスは咲き終わっていましたが


 これから次々と咲きそうな感じ・・・
 

 コスモス祭りは10月16日まで開催されています。
  


Posted by 風子 at 17:25Comments(2)* 花の名所

2016年09月26日

やっと晴れ♪


 久しぶりの晴天icon12  9/25


 秋らしい雲に誘われて公園を歩くと・・・
 

 浅間山の右側に、小さな虹のような彩雲が見えました。


 散歩道のコスモスでも・・・和みます。。。
  


Posted by 風子 at 16:54Comments(2)日記

2016年09月19日

チャツボミゴケと太子線 ♪

 草津温泉の帰りにチャツボミゴケ公園を訪れました。 9/1


 遊歩道のすぐ脇に褐鉄鉱がむき出しになっていて、びっくりです。


 △褐鉄鉱の案内板

 かつてここは群馬鉄山と呼ばれ、国内第2位の生産量を誇る露店掘り鉱山で、最盛期には2,000人以上が従事し、昭和19年(1944)の操業開始から昭和41年(1965)の閉山までに約300万トンの鉄鉱石を産出しました。


 △当時の露店掘り風景(リーフレットより)借用)
 

 鉄鉱石は群馬鉄山から太子(おおし)駅までは索道(空中ケーブル)で運搬され、長野原~太子間には鉄道が敷設されていました。


 
その後、露天掘りの跡地はチャツボミゴケ公園となりました。
 チャツボミゴケは世界中のコケ類約18,000種の中でも最も耐酸性の強い特異な苔ですが、ここでは東アジア最大級のチャツボミゴケの群生が見られ、その環境や生態系が評価され、周辺の自然遺産(芳ケ原湿地群)とともに、平成27年5月、ラムサール条約に登録されました。


   以前はなかった、しっかりした木道が設置されています。
 

 チャツボミゴケが群生している穴地獄には、PH2.8の強酸性の鉱泉が湧出しています。


 この地には鉄鉱石でっできた底が見えないほどの深い穴があり、その中へ山の動物が落ちて死んだことから、穴地獄と呼ばれました。


  12月1日より翌年4月下旬までは冬季閉鎖となります。

 2012年のチャツボミゴケ公園はこちら
  


Posted by 風子 at 16:05Comments(2)*おすすめスポット